スマホで撮って、どこにいても、その場ですぐに写真印刷!   ポケットに入れてラクラク携帯『LGポケットフォト』

マートフォンの普及と高性能化で、子供の誕生会とかホームパーティー、親しい人との楽しい集まりなど、日常の様々なシーンを、スマホで撮影する人がとても増えている。そんなとき、この1台があれば、場の雰囲気はさらに盛り上がること間違いない。『LGポケットフォト』。撮ったらその場ですぐにプリント。面倒なケーブルなども不要。みんなの驚き喜ぶ顔が、今から目に見えるようだ。

5

「ポケットフォト」という名前に偽りはない。実際、スマホよりちょっと厚いだけで、サイズはむしろ小さいくらいなので、ポケットに入れて運ぶことも問題ない。本体表面のテクスチャは、小さなハートマークが並ぶおしゃれなもの。

4

付属の充電用セットで約1時間半充電すれば、バッテリーはフル充電される。本体には電源のスイッチが1つあるだけのシンプルな操作。電源スイッチをONにして、ボタンが白く光れば、もうそれで準備は完了だ。写真の加工や、色合いの設定などは、すべてスマホの無料専用アプリから行う。

3

印刷に使う紙は、専用の「ポケットフォトペーパー(ZINKフォトペーパー)。「ZINK」とは、ZERO INK(ゼロ インク)の略で、熱転写方式でフルカラー印刷を可能にしているためインクが要らないのである。紙のセットは、横蓋を開けて差し入れるだけ。

2

iPhoneでも、Androidでも使用でき、どちらも無料の専用アプリをダウンロードすれば設定は簡単。プリンターとスマホのデータ転送には、Bluetoothを使うので、ケーブル接続も不要。スマホで、「プリントしますか?」に「はい」とタッチすれば、あっという間に、プリンターからフルカラーの写真が流れ出てくる。その時間は約45秒である。

6

また専用のポケットフォトペーパーでプリントした写真は、インクを使用していないので乾かす必要もなく、すぐに配ることができる。万が一、写真に水をこぼしても、インクを使わないのでにじまない。実際、プリントした写真に水道水をザーザーと5秒ほどかけてみたが、画像は全くにじまなかった。写真には、発色の調整や、文字入れ、さらにQRコードを入れるなど、楽しい加工もアプリから設定できる。

7

この『LGポケットフォト』は、6月4日の発売だが、本体サイドの色をピンクにした、色違いバージョンも8月8日に発売された。どちらも希望小売価格1万5800円。専用のポケットフォトペーパーは30枚入りで税込1580円だ。

今回、「おためし新商品ナビ」では、この『LGポケットフォト』の新品(シルバー)に、専用のポケットフォトペーパー1箱を付けて、読者1名様にプレゼント!応募は下記から。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

プレゼント画像 『LGポケットフォト』新品(シルバー)+『専用のポケットフォトペーパー1箱』を1名様にプレゼント。 Twitterでのご応募が可能です。 通常のご応募は下記のフォームからどうぞ!

【応募受付は終了しました。】

トラックバック