油そばの雰囲気を“いい感じ”で再現!マルちゃん『あの街この味! 東京系油そば』

当地の味を再現する、マルちゃんのカップ麺「あの街この味!」シリーズ。これまでも、函館系や和歌山系、博多系などで話題を集めてきたが、6月10日に発売となった『東京系 油そば』は、油そばのカップめんとしては、その再現度の高さでなかなかいい評判を聞く。実際のところ、どうなのか、さっそく試食してみた。

1

かやくは、チャーシュー、めんま、ねぎ、なるとの4種。チャーシューは、この税別170円クラスにしては、しっかりと大きく、味付けもよい感じ。食べる直前にふりかける液体スープは、思いのほかサラリとしていて、油そばに肝心の油分が、カップの底に溜まりがちになるので、よくよく混ぜることが、美味しくいただくポイント。

2

麺は、油揚げ麺ながら、モチモチ感いっぱいの太麺。そこにかやくを入れ、お湯を注いで5分でゆっくりともどし、湯を切ってソースをかける。お決まりの手順だが、さきほども書いたとおり、ソースをかけた後に、しっかりと混ぜる!カップの底から、麺をひっくり返すようにして、しっかりとソースと麺を絡み合わせることが、この油そばでは、一番重要なプロセスだ。

3

ゆっくり目に戻した油揚げ麺は、揚げ麺特有の臭いがせず、液体ソースのラー油と絡まって、なかなかいい感じで、油そばの雰囲気を再現している。もちもちで太い麺に、あっさりと香味の効いた醤油味。記者は学生時代から、大学近くの油そば発祥の店といわれる店で、油そばを食べてきたので、ちょっと油そばにはうるさいが、カップ麺で、油そばをここまで再現したことには、正直「なかなか頑張ったな」という感想を持った。いただく際には、何度もいうが、しっかりとかき混ぜることをお忘れなきように!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック