本から芽が出た!?『Sprout(芽)』という名のしおり

まるで、本の中から小さな二葉の芽が、チョコンと生えてきたかのようです。『Sprout』(スプラウト)。「新芽」とか「芽を出す」という意味の英単語ですが、そんな名前を持つ、本のしおり(bookmark)が、読書好きの間では、密かな話題になっています。

1

『Sprout』は、シリコンラバー製。小さくて軽くて柔らかい。見た目がとても可愛らしいのが魅力です。

2

柔らかいので、本のあいだに、まるごと挟み込むことも、全く問題なしです。本の紙に傷をつけることもありません。

3

すっぽりと挟み込んでしまうと、少しだけ隙間が空いて、しおりとして、どこまで読んだか、ひと目でわかります。

4

色は、黄色の他に、グリーンとレッド。あなたは、どの色の芽を、本から芽吹かせたいですか?本の中に挟んで、ゆっくりとページを開くと、ぴょこんと、ページの間から、芽が生えてきます。

5

『Sprout』は、2個入りで、ネット通販などをみると、税込588円+送料という価格設定が多いようです。インターネットで、「sprout しおり」とか、「sprout bookmark」といったキーワードで検索すれば、通販サイトがズラリと出てきます。この可愛らしくて、目立つしおりを使えば、必ず話題となること間違いなし。読書好きなら、本を開くことが楽しくなります。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック