ピッカピカのどろだんごができる!『コロピカどろだんご制作キット』

朱肉の要らない印鑑で知られる、あの「シヤチハタネーム」のシヤチハタが5月27日に発売開始したものは、なんと、「ど・ろ・だ・ん・ご」!?一体、こりゃ何だ??

1

商品名は『コロピカどろだんご制作キット』。キットの中身は、ビニールの袋に入った「芯用土(しんようつち)」と「さらこな」。それに「制作のしおり」と「計量スプーン」だけ。これを使えば、ピッカピカでカチンコチンのどろだんごが作れるのだそうです。

2

まずは「芯用土」に水を混ぜ、良くこねて、まん丸のだんごを作ります。キットには、直径47ミリのだんごが2つ作れる分量が入っています。

3

できたまん丸だんごに、今度は、「さらこな」をまんべんなく付けていきます。何度も付けては、乾かし、付けては、乾かすことを繰り返します。

4

「さらこな」を付け終えたら、しばらく放置して乾燥させます。しおりには、「30分程度」と書いてありましたが、もう少し長く放置しないと乾きませんでした。そのときの気温や湿度などにも影響を受けるのでしょう。

5

最後は、平らなボードの上で、ひたすらコロコロコロコロと転がします。すると、あ~ら不思議!だんごの表面が、次第にピカピカになっていくではありませんか。これが『コロピカどろだんご制作キット』です。できたどろだんごは、表面がツルツルに固まっているので、そこにシールを貼ったり、油性マーカーで色を塗ったりもできます。

なかなか自然の泥に触れる機会の少ない都会にあって、「天然鉱物粉末」と「天然粘土粉末」のみを使用した、この“人口泥”の安全な泥遊びは、ちょっと新鮮体験かもしれません。今の季節、夏休みの工作の宿題や、水遊びのお供に、この『コロピカどろだんご制作キット』を利用してみてはいかがでしょうか。税込525円で、全国の文具店、印章店、さらにネットでも発売中。それにしても、どうしてシヤチハタなのでしょうね・・・??

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック