業界初の低脂肪グラノラ『フルーツグラノラ ハーフ』

朝食用のシリアルの中でも、最近、息の長い人気を持続しているグラノラ。グラノラとは、とうもろこし、小麦、米、大麦等の穀類に、植物油や蜂蜜、黒砂糖を混ぜて焼き、さらにドライフルーツやナッツなどをミックスしたもの。他のシリアルに比べ、美味しく食べやすいために人気を集めていますが、「ちょっとカロリーが気になる」という女性の声も少なくないのです。

package1

そこで登場したのが、日本ケロッグの『フルーツグラノラ ハーフ』。水溶性食物繊維が多く含まれる大麦を主原料に、配合する油脂をできる限りカットすることで、一食分の40gあたりの脂肪は1.1gに抑えました。これは消費者庁が定める低脂肪食品の基準をも下回っていて、一般小売り用のグラノラでは、唯一、低脂肪と呼べる商品なのです。

package2

もちろん、この『フルーツグラノラ ハーフ』には、その名の通り、フルーツもたっぷり配合されています。彩りの美しいレーズン、いちご、パパイヤ、クランベリー、パイナップル。それにアーモンドナッツを加え、6種類のビタミンと鉄分、食物繊維が摂れるヘルシーなシリアルとなりました。実際に皿に盛ってみると、フルーツが贅沢に入っていることがよくわかります。

close-up

グラノラはもともと、ケロッグ社の創設者の1人であるジョン・ハーヴェイ・ケロッグが特許を取得したもの。昨今の自然食や健康食品のブームに乗って、今、人気が高まっています。味を落とさずに、カロリーだけを落とした、この『フルーツグラノラ ハーフ』。2013年3月7日より、全国で発売開始。内容量215gで、参考小売価格357円(税込)。これでカロリーを気にせず、健康的な1日をスタートできそうです!

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。月刊誌のデスク・編集長等を経て著作家。主に経済系の著書多数。ファイナンシャルプランナー。一橋大学法学部卒。八ヶ岳山麓に移住して20年。趣味で家庭教師も行う。山と海と焚き火を愛する。

この記者の記事一覧

トラックバック