はじける炭酸と上品な後味! コンクール金賞常連ワイナリーがおくる『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』

 

上品さと華やかさを兼ね備えたスパークリングワイン。国内外のコンクールで数多くの受賞経験を誇るシャンモリワイナリーから、4,000本限定でお目見えした『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』は、瑞々しい果実味と日本らしい上品な旨味が特徴だ。早速、実際にいただきつつご紹介していこう!

 

暑い日が増えてきたら、見た目にも爽やかで飲みやすいスパークリングワインで乾杯!

日本のワイン造りの本場・甲州市勝沼にて1973年に設立した盛田甲州ワイナリー(山梨県)より、2021年ヴィンテージとして限定4,000本が発売されている『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』(750ml瓶・価格 税込2,200円・発売中)

限定だけあって、ワイナリーの工場売店と公式オンラインショップのみでの販売となっており、工場から直送された味わいを楽しむことができる。

 

国内外のワインコンクールにて、金賞の常連となっているワイナリーが手がける瓶内二次醗酵のスパークリングワインだ。

その名の通り勝沼町産甲州種の葡萄を使用。泡立ちとともに新鮮なリンゴやはっさくのような果実味と酸味を感じる味わいと、日本産ワインらしい上品な旨味が後味として楽しめるとのこと。

ワイン内に含まれる炭酸ガスは、酵母による醗酵で生成されたもの。保管の際は必ず冷蔵庫でよく冷やしてから、6〜8℃の低温時に開栓しないと泡が吹きこぼれてしまうので要注意。オンラインで購入する際は、要冷蔵の発送となるため工場直送のクール便発送のみに対応している。

 

『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』をいただいてみる!

しっかりと冷蔵庫で冷やした『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』を開栓する。まずは栓をめくりながら剥がしていく。

念のため吹きこぼれに備えて布巾も用意しつつ、ポンッという音とともに開栓。

炭酸によるシュワシュワとして小気味良い音も聞こえるなか、グラスに注いでいく。

見事なシャンパンゴールドの色味と、はじけるスパークリングが見た目にも爽やか。飲む前に、目と耳でも楽しめる。

グラスに注ぎきったら、ワイングラスから立ち上る柑橘系の果実を思わせる香りも確かめて、いよいよテイスティング! 

ひと口飲んだ瞬間に、炭酸の刺激とともに瑞々しい果実味が弾けるように口内に広がってくる。この華やかさと爽やかさがスパークリングワインの魅力だ。炭酸が落ち着くと、後味として上品さのある風味が余韻を作り出してくれる。飲み終わる頃には、心地良い酔いを実感できた。

本格的なスパークリングワインの魅力を味わえる『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』。暑い季節には、爽やかな刺激とともに上品な1杯に酔いしれよう!

 

『シャンモリ 勝沼 甲州 瓶内二次醗酵 スパークリングワイン』は、ワイナリーの工場売店および公式オンラインショップで購入可能。

 

※お酒は20歳になってから楽しもう。

 

公式サイトはこちら

記者

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック