辛党さん必見『ブルーダイヤモンド アーモンド』缶シリーズに『カイエンペッパー』味が新登場!

やみつきになる辛さをおうち飲みに

 

おうち飲みのお供においしいアーモンドはいかが? 人気の『ブルーダイヤモンド アーモンド』缶シリーズに、辛口の『カイエンペッパー』味が仲間入り。その刺激的な辛さと香ばしいアーモンドの旨みを、ビールと一緒に味わってみた。

 

アメリカ発のおいしいアーモンドをおうち飲みに

エヌアイエスフーズサービス(東京都)は、「高品質で美味しい食品を世界中から調達し日本の食卓にお届けすること」を理念に掲げ、世界の様々な輸入食品や菓子など、多数の商品を販売している。

 

今回ご紹介する「ブルーダイヤモンド グロワーズ」は、アメリカに本社を置く世界最大のアーモンド加工・販売会社。アーモンドの様々なおいしさを引き出すような、多くのフレーバーを展開している。

手軽に食べられる袋入りもあるが、缶入りタイプは大容量なのでたっぷり食べたい人におすすめだ。定番の「塩味」「燻製風味」「わさび醤油味」「ハニー味」といったラインアップの中に、新たに仲間入りしたのが「カイエンペッパー」。まずはこちらのフレーバーをチェックしてみよう。

 

ハバネロ&チリをブレンドした刺激的な辛さがたまらない

HOTレベルは2!

『ブルーダイヤモンド カイエンペッパーアーモンド』(170g・希望小売価格 税込648円・発売中)

カイエンペッパーは、赤く熟した唐辛子の実を乾燥させたもので強い辛味が特長。さらに辛味だけではなく旨味を感じられるハバネロとチリをブレンドした激辛フレーバーとなっている。

フタを取ると、アルミ箔で封がしてある。プルタブ式のものとは違い、簡単に開封ができてゴミも小さく捨てやすい。

見るからに辛そうな真っ赤なアーモンド! 香りにはそこまで辛味は感じず、アーモンドの華やかな香りの方が強い。

 

やみつきになる辛さにしびれる

早速、一粒を口の中へ…。か、辛い! カリッと香ばしいアーモンドと、刺激的な辛さが口に広がる。アーモンドの旨みと後味に残るこの辛味は、病みつきになるおいしさ。辛いモノが好きな人にとっては、このピリッとした辛さはたまらないはず。濃い味つけなので、旨みと辛味をガツンと味わえる。「辛いものが食べたい!」そんな時にもおすすめできるおいしさ。

 

定番の燻製風味はやさしい味わい

『ブルーダイヤモンド 燻製風味アーモンド』(150g・希望小売価格 税込594円・発売中)

アーモンドのおいしさを引き立てるまろやかな燻製の風味は、おつまみにぴったりの味わい。お酒のお供だけでなく、ちょっと小腹が空いた時のおやつにもぴったりだ。

 

おうち飲みにおいしいアーモンドを

キリッとのどごしの良いビールの味わいと、ピリッと辛さのきいたアーモンド。特に「カイエンペッパー」の刺激的な辛さには、強めの炭酸が合うのでハイボールやスピリッツと合わせるのもおすすめだ。辛さが強いので、チーズと一緒に味わえば辛味をマイルドに包み込んでくれてクセになる味わいだ。燻製風味と一緒に味比べをしても楽しいかも!

その他のフレーバーは

    • 『ブルーダイヤモンド ハニー味ローストアーモンド』
    • 『ブルーダイヤモンド わさび醤油味アーモンド』
    • 『ブルーダイヤモンド 塩味ローストアーモンド』

ほんのりと甘じょっぱい味わいが楽しめるのはハニー味ロースト。わさび醤油味はまさに日本人好みのおいしさ。定番の塩味ローストアーモンドもシンプルな塩味が味わえておいしい。

数種類のフレーバーで味比べを楽しんだり、チーズやサラミなどと一緒におつまみの盛り合わせを楽しんだり。おうち飲みにおいしいアーモンドを添えてみよう。

お酒との相性が抜群なアーモンドにはビタミンE、食物繊維、亜鉛などが豊富で栄養価が高く、手軽に摂取できるのも嬉しい。おうち飲みを楽しみたい人、おやつ感覚で栄養を摂取したい人にももちろんおすすめだ。

『ブルーダイヤモンド アーモンド』缶シリーズは、輸入食材店などで発売中。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック