【北斗晶プロデュース】サボテンエキス配合時短ファンデ『nopa(ノパ)』をおためし!

商品名「ノパ」の由来はサボテンの「ノパール」から

 

サボテンの優れた生命力・保水力に着目したファンデーション『nopa』。しっかりカバーし、ツヤと潤いを保つ、北斗晶さんプロデュースのこだわりの化粧品ブランドだ。できたての色を作り出す「生感覚ファンデ」とはどんなものなのか、体験してみよう。

 

つけたその場で発色する、できたて「生」感覚の時短ファンデーション

コスメ商品の企画販売などを行う素数(東京都)の全面協力で誕生した『nopa』は、強い日差しや乾燥にも耐え抜くサボテンエキスを配合したコスメ。19種類の美容成分を贅沢に配合し、潤いを保つファンデーションなのだとか。

 

美容液や日焼け止め、化粧下地などは一切不要。塗るだけの手軽さで、シミ・シワをカバーし、わずか30秒の速さでベースメイクまで完了。パラベンや香料などを使わない無添加で、毎日使っても肌に負担が少ない多機能性をもつ。

 

実は30年前にメキシコで生活していた時の、リアルな悩みから誕生したらしい。北斗晶さんのオフィシャルブログでは、開発秘話なども紹介されていて、誕生までにかかった時間は10年なのだとか。

 

わずかな時間でキズまでカバー『nopa マイベストカラーファンデーション』

『nopa マイベストカラーファンデーション』(40g・メーカー小売希望価格 税込4,600円・2021年7月13日発売)は、塗った瞬間カラーカプセルがはじけて、肌色を作り出す。ウォータープルーフとSPF50+PA++++の高機能で、夏の暑さや汗から肌を守ってくれるリキッドタイプ。

 

ファンデーションと呼ぶには白すぎる、みずみずしさのある真っ白なクリーム状のテクスチャー。この白色のクリームの中には赤・黄・黒のカラーカプセルが絶妙なバランスで調合されいて、馴染ませるとカプセルがはじけ肌色に変化するという。

よく見ると、粒があるような…?

 

香りはローズマリーだが、香料は不使用。使いやすい控えめな香り。

 

のばすと肌を覆う白いクリームが…

自然な色に…!

やや濃い記者の肌だが、馴染んでやや明るいトーンに。本当にできたての色…!

 

傷やシミのある肌にのせてみる。

しっかり伸ばすと、赤茶色のシミが見えなくなった。しかも、ものの数秒という速さで馴染む!べったりとした不快感も少ない。

 

手で触っても色落ちした様子がない。半信半疑でティッシュで擦ってみる。強く擦っても、やや色付いただけで落ちにくい。

さらに水で流してみるが、バシバシと弾く。本当にウォータープルーフ!汗にも強そうだ。

 

さらっとマットなツヤ肌『nopa ルースパウダー』

『nopa ルースパウダー』(8g・メーカー小売希望価格 税込4,600円・2021年7月13日発売)は、汗や皮脂をしっかり吸着し、光拡散効果で毛穴やシワなどの凸凹をぼかす。ほんのり紫色のパウダーが透明感と血色をプラスして、ワントーン明るい陶器肌に!

 

潤いを与えてくれる薄紫のパウダーは、サラサラとしていて気持ちが良い。

肌にのせると、粉砂糖のよう。

触れると滑らかで、つけていないかのような軽さだ。

 

ファンデーションをつけた傷やシミのある肌の上にのせると…

肌が明るくなって、より傷の凸凹が目立たなくなった気がする!

 

コンシーラー代わりにもなるファンデーションは、厚塗りしなくてはならないことも多いが、薄付きなのが良い。また、本当に塗るだけなので、テクニック不要。簡単なので、メイクが苦手な人にもおすすめだ。

 

 

あわせて読みたい:
これ1本でお手入れ完了! 引き上げながら保湿も出来る、かっさ型固形美容液『サーメージ トーンアップリフティングバーム』がすごい

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 玉恵

トラックバック