オンラインでも映えるグラスで飲み会を! 『RITZENHOFF(リッツェンホフ) デザイナーズグラス』

 

お家で過ごす時間が多くなり、家での晩酌やオンライン飲み会をする機会も増えて一般的になってきた。そうなってくると、お酒を飲むときに使用するグラスにもこだわってみたくなるもの。ドイツの歴史あるグラスメーカー・RITZENHOFF(リッツェンホフ)は、コレクションにも普段使いにも適したオシャレなデザイナーズグラスを展開。今回はビアグラスを中心にご紹介していこう!

 

家での晩酌やオンライン飲み会に彩りを添えてくれる『RITZENHOFF デザイナーズグラス』

「RITZENHOFF(リッツェンホフ)」は、18世紀からの歴史を持つドイツを代表するグラスメーカー。ドイツ国内では800以上のブルワリーで使用されており、世界100か国以上で発売されているデザイングラスだ。

ビアグラスのほかにも、ウィスキーグラスやシャンパングラスなどを展開しているので、お酒好きなら覚えておきたいブランドとなっている。

シンプルなデザインのパッケージもおしゃれ

今回は数あるラインナップから、ビアグラスをセレクト。

エトランジェディコスタリカが輸入・販売している『リッツェンホフ RITZENHOFF ビアグラス FIRST25 CORADAZ 6015-3220026』(メーカー希望小売価格 税抜3,000円・発売中)は、高級なお酒のボトルのように、1つずつ箱に梱包されている。ビール好きに贈るプレゼントにも最適だろう。

非常にポップでストレートなメッセージのデザインは、イタリアのプロダクトデザイナー、Selli Coradazzi氏によるもの。同じ形のグラスでもデザイナーの趣向によって雰囲気が異なるので、気分で使い分けたりコレクションにもおすすめだ。

ビアグラスと同じデザインをベースにした紙製のコースターも5枚付属されているので、合わせて使用したい。ちなみにコースターの裏面には、作家のサインがプリントされているので、ぜひチェックしてみて。

今回ご紹介する「ビアグラス FIRST25」シリーズは、ワイングラスのように持ち手部分がついているため持ちやすく細長いビアグラス。ビールの温度も上がりにくいため、冷えた状態を少し長く保てるという。

飲み口に向かって優しいカーブを描くエレガントなフォルムが特徴。先端に向かってわずかに細くなっているので、ビールを注いだ時にできる泡を口元でぎゅっと厚くして消えにくくしてくれる。そのため切れ味がありビール独自の苦味を楽しみたい場合にぴったりのグラスと言えるのだ。

ほかにもさまざまなデザインがラインナップされている。

好みのビールに合わせても良し、一目惚れしたデザインのグラスを買っても良しだ!

 

ビールで際立つグラスデザイン

もちろんビール用のグラスなので美味しいビールをいただくためのものだが、黄金に輝くビールを注ぐことで描かれたデザインがさらに引き立つのが特徴。早速少しずつ泡を立てながら注いでいく。

白と黒を基調にして描かれた「BEER HAPPY」という文字が、ビールを背景にしてグッと存在感を増す。ビール好きがこれからお気に入りの一杯を飲む心境を、ストレートに表現してくれているのがわかる。

 

さらに、「DONT WORRY」と描かれた部分はビール色に変わる。ここは飲んでいる時の心境に応じて「まだまだ飲むけど飲み過ぎの心配はいらないよ」や「嫌なことでクヨクヨしてないでビールを飲んでリフレッシュしようぜ!」というように解釈したい。

ビールをたっぷり注いだ後も持ちやすく、手にフィットする感覚。

グラスに描かれたデザイン1つで、いつもの晩酌が楽しくなったり、オンライン飲み会での話題にもなってくれる。これは今までありそうでなかった経験だ。

 

お酒にこだわるなら、グラスにもこだわりを

ちなみに、300mlサイズではあるが、泡がこぼれないように注意しつつ注ぐとグラス1杯分で350mlを注ぎ切ることができる。とはいえ泡も合わせて楽しみたいので、缶ビールを注ぐ場合は小分けにして優雅にいただきたい。

『RITZENHOFF デザイナーズグラス』は、公式オンラインストアで購入できる。

自分にあったデザインやグラスを探す楽しさも味わえるので、ぜひPCやスマホからアクセスしてみてほしい!

 

 
 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

加藤 真大

加藤 真大

神奈川県在住。“何でもためしてみる”が信条。出版社勤務時代から仕事のお供はカップラーメン&コーヒー。ゲーム&アニメにも造詣が深い。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック