【低糖質おつまみ】『濃厚チーズカマンベール/濃厚チーズ(大容量)』のチーズ100%で生み出す軽いんだけど濃厚なしっとりふにゃり感に、もうやみつき!

糖質制限中でもおいしくチーズ生活

 

チーズスナックはおいしいけれど、糖質がなあと悩めるダイエット人も多いと思う。そこで紹介したいのが、チーズ100%のスナック菓子『濃厚チーズカマンベール/濃厚チーズ(大容量)』である。低糖質食材として人気のチーズが、ふにゃっとしながらしっとりしてて、濃厚チーズ味が楽しめるのに軽い食感というやみつき系のスナックとなった。これはクセになる!

 

スナック菓子のように食べられるけれど、スナック菓子ではない『濃厚チーズカマンベール/濃厚チーズ(大容量)』の切り開く低糖質菓子の新たなる可能性

2019年3月に登場した「濃厚チーズ」という不思議なパウチ商品。パッケージ的にはスナック菓子のように見えるが、”スナック菓子ではありません”と言い張る。従来もチーズ率の高いスナック菓子はけっこうあるが、これは何しろチーズ100%。まさにプロセスチーズそのものなのである。

通常スナック菓子は小麦粉やコーンなど、糖質の高い素材が使用されているが、これは低糖質素材として名高いチーズ。チーズ率の高いスナックでもなく、純粋なチーズなのだからダイエット実践者にもうれしいし、チーズ好きにも手を汚さずに食べやすいところが素晴らしい。

 

 

その食感は、独自のヒートパフ製法を採用して、軽い楕円形パフにふくらませ、隙間をたっぷり作りつつ、しっとり感とふにゃり感を両立、濃厚なチーズそのものを、スナックのように食べられる製品「濃厚チーズ」として成立させた。

 

 

そんなおつまみメーカーの老舗・なとりによる知る人ぞ知るやみつきお菓子に新ラインナップ『濃厚チーズカマンベール』(21g・希望小売価格 税抜130円・2020年3月9日発売)が期間限定で追加になり、人気品「濃厚チーズ」のお得なビッグサイズ『濃厚チーズ(大容量)』(50g・希望小売価格 税抜300円・2020年3月9日発売)が加わった。

 

 

それでは食べてみよう。

 

『濃厚チーズ(大容量)』

まずは従来品の大容量サイズ化。従来品が21gだったので、50gは倍以上だ。まあ、価格も倍以上なので、お得かどうかは微妙なところだが、やみつき済みの記者としては、たくさん手に入るのは安心感がある。

 

 

パウチを開けると、たっぷりのコロコロが入っている。形としてはメロンパンのちっちゃい版のようなフォルム。濃いめのチーズの香りはそれほど強くない。しかも手に持ってもくっつかない。

一袋食べても糖質、わずか4.5g!

一つ口に入れると、焦げ目はないが、ピザの端のチーズの固まった部分のような味わいが楽しい。チーズがエアリーにパフ化されているのだけれど、チーズ味はコクたっぷりの濃厚味。柔らかめのエアイン系チョコレートのような食感だけれど、味はチーズという摩訶不思議な体験が味わえる。

 

 

しっとりしているんだけど軽い口あたり、一口で食べるより、かじった方がより食感を楽しめるのでおすすめだ。まあ記者としては毎日食べてるので、おなじみの味だ。

 

 

『濃厚チーズカマンベール』

お次はカマンベールチーズを4%配合した新味で、記者も初体験だ。香りはそれほど違わず、いつものように控えめ。色がちょっとだけ白っぽいような。

食べてみると、少し硬めで少しマイルド、一番違うのは飲み込んだ後の後味だった。ミルキー感が強く、確かにカマンベールならではの白カビ味が少しして、ミルキーな感覚が下に残る。

 

うん、こっちの方が少しだけチーズに近いかもしれない。とはいえ不思議食感なことは変わりないし、クセが強すぎなくて食べやすいのは同じだ。どっちにしてもおいしい。二つの味を交互に食べれば、よりキリがなくなるといった印象だ。

 

もしチーズ好きで、まだ食べたことがないのなら、ぜひ一度この不思議なおいしさを体験してほしい!

 

 

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:【糖質制限】小さくて袋のままでもいけるコロコロパン『ふっくらSOY ひとくちチーズパン風/チョコケーキ』【ダイエット】

あわせて読みたい:『クラフト もちもちきなこ6P -黒みつ仕立て-』クリームチーズ+もち粉で生み出す不思議食感を体験!【もちもちチーズデザート】

あわせて読みたい:【食べ比べ】後味がまるっきりチーズ! 容赦ないパワーアップでくさうま無限大『生チーズのチーザ<チェダーチーズ>/ <カマンベール仕立て>/<4種のチーズ>』

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック