治療の決め手のない「ザーザー」「キーン」とわずらわしい悩み解消に古くから役立てられていたのは、伝統食材「蜂の子」でした!

見た目が怖い伝統食材も、粉末・カプセル化で大丈夫!

ジージー、ザーザー、キーンなど古いラジオのノイズのように耳の中でうるさく騒ぎ立てる困った悩み。人によってはセミの鳴き声にも例えられるほどやかましく、不眠の原因になることも。そんな悩みを解決するのに、伝統的に「蜂の子」が使用されてきたのを、ご存知だろうか。

治療の決め手のない「ザーザー」「キーン」わずらわしい悩み

当人にとっては「うるさくて、うるさくて、どうにかなってしまいそうだ」と感じる悩みだが、病院で検査をしても原因が特定されず、「うまく付き合っていきましょう」などと提案され苛立ちを感じた経験はないだろうか。

 

病院が頼りにならないなら自宅でどうにかしたい。解決が難しいといわれているのは、そもそもはっきりとした原因が不明の場合が多いから。そんな時には質の良い蜂の子の力が役に立つ

東洋では古来から、身体に良いとして「蜂の子」を食べていた。和漢の一つに「蜂子」と呼ばれるものがあるが、それが蜂の子である。昔から元気で健康な毎日を過ごしやすくするための”万能食品”として、蜂の子は愛され、わずらわしい悩みには蜂の子というのが定着していった。後年その効果は、科学的な実験によっても証明されることになる。歴史の中で生まれた先人の知恵は、やはり正しかったのだ。

「蜂の子」が頼りになる理由

実は「ザーザー」「キーン」とわずらわしい悩みの原因は、バランスの乱れが多い。その解決のカギをにぎるのはリフレッシュ作用。蜂の子は科学的な研究でも、身体のバランスを整えてくれるリフレッシュ作用があることが知られている。

蜂の子には、体内で作ることのできない必須アミノ酸はもちろん、アルギニン、ヒスチジンなどのアミノ酸、ビタミン・ミネラル各種と、すべての栄養素が最初から含まれているのである。それらを単独のサプリメントで補うという手もあるが、1日何十粒も飲むのは現実的でない。栄養を丸ごと補ってくれる蜂の子が身体に良いというのも頷ける話。

そのまま食べられる人は少数派?

記者は山間部出身の家内の実家で出されて以来トラウマになってしまっている

とはいえ、蜂の子をそのまま食べられるという人は、あまり多くないと思う。見た目も食感も、よほど慣れている人でないと、口に入れる勇気が出ないだろう。何しろ蜂の子はその名の通り、蜂の幼虫。人体に必要な栄養素をふんだんに含んでいるが、人間が食べるのに適した姿とは、およそ言い難い。

 

蜂の子を摂るならサプリが最適、その中でもオススメは

そこで紹介したいのが、『花菜の厳選蜂の子』。食べにくい蜂の子を、飲みやすい粉末にして、カプセルに閉じ込めた製品だ。

原料となる蜂の子も、100年以上の歴史を持つ国内養蜂家が技術指導し、複数回の理化学試験と品質基準をクリアしたものだけを使用している。

さらには1日分に蜂の子が750mg配合と他社製品と比べても蜂の子の含有量がトップレベルである。

 

しかも栄養素が一番豊富な生後21日のオスの蜂のみを使用するという徹底ぶり。

そこにさらに、クアンソウ(くつろぎサポート成分)、イチョウ葉(還元作用、リフレッシュ成分)、ナギイカダエキス(体のリズムサポート)など和漢の知恵ともいうべき成分に加え、同様の悩みを持つ人によく飲まれている「ビタミンB12」も配合。

 

数ある蜂の子サプリの中でも、ここまで成分にこだわったものは滅多にない。にも関わらず初回2,980円と手頃な価格設定。蜂の子サプリなら通販限定の『花菜の厳選蜂の子』で間違いないだろう。

高品質で低価格な「蜂の子」を手軽に飲めるカプセルで! 今なら『花菜の厳選蜂の子』が初回限定で2,980円(送料無料)で手に入る!

今なら『花菜の厳選蜂の子』が、初回限定で2,980円(送料無料/月1個定期コース)となるキャンペーンを実施中だ。何も気にすることなく楽しい会話を続けたい、ゆったりくつろぎたい、平穏な1日を送りたいという人は、一度試してみてほしい。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック