体の中の「ヤセ菌」を増やせる納豆菌のパワーがスゴい!日本のスーパーフード”納豆”をそのまま凝縮した『そのもの納豆』の魅力

日本はもっと誇った方がいい、納豆菌のすごいパワー

昔より食べる量は減っているはずなのに、体重コントロールが難しくなって、いろんなところにお肉がつきやすくなってしまった、加齢に伴って代謝が減ってしまっているから仕方がない、と諦めていないだろうか。これを知れば、もう年齢や家系のせいだと諦めなくてもいいかもしれない。

 

「体質」は遺伝するものだから仕方がない・・・ではない!太りやすい体=溜め込みやすい、太りにくい体=溜め込みにくい。溜め込みにくい体作りの大切なポイントとして、腸内環境が大事と聞いたことがあるだろうか?腸内には様々な菌が棲みついているが、私たちが食事で摂取したものを、エネルギーにして消費してくれる「ヤセ菌」と、溜め込んで脂肪に変えてしまう「デブ菌」が存在しているのだ。「ヤセ菌」「デブ菌」が腸内にどれだけ存在するかは、人によって違う。知らず知らずのうちに、私たちの腸内にいる菌が私たちの体型を支配していると言っても過言ではないのだ。

 

お肉がつきやすくなったり、疲れやすくなったり、気分が滅入ったり、様々な悩みの原因が腸内の「デブ菌」のせいだったとしたら・・・そんなあなたに日本人として、日本生まれのスーパーフードを試してほしい。それは朝食の食卓でおなじみの納豆。そこに含まれる納豆菌こそ、溜め込みがちな人の腸に適した発酵菌。今回はそんな納豆粉末を完全無添加でカプセルに閉じ込めたサプリメントそのもの納豆の紹介だ。

“菌”が体型を左右する?その恐ろしい影響力!

私達のお腹には、約1000種類、1000兆個の菌がいる。この中でも体型に大きな影響がある「デブ菌」「ヤセ菌」。これらは学名「ファーミキューテス(デブ菌)」「バクテロイデス(ヤセ菌)」という、誰もが持っているれっきとした腸内細菌のこと。

人間は食事をすると、栄養や水分など体に必要なものを吸収し、それ以外の不要なものを排泄物として体の外に出している。

しかし、おなかに「デブ菌」が多い人は、要らないモノまで吸収し、溜め込んでしまうのだ。

「あの人と食べてるものは同じなのに、なぜ?」「そんなにたくさん食べてないのに、落ちない」もし、そうであるならば、知らず知らずのうちに腸内に「デブ菌」を蓄えてしまっているのかもしれない。

 

ストレスの多い現代社会は腸内環境を悪化させやすい。スッキリできずに溜め込んでいないだろうか。

「デブ菌」への対抗策は「ヤセ菌」を増やすこと!

「デブ菌」が多く溜め込みがちな人はどうすればいいのだろうか。その対抗策は、「ヤセ菌」を増やすこと。高脂肪・高糖質が大好きな「デブ菌」とは反対に、「ヤセ菌」は高食物繊維・低脂肪・低糖質の食品が大好き。「ヤセ菌」が好む食品を摂れば腸内フローラが改善し、結果、「ヤセ菌」が増えるということになるのだ。

その「ヤセ菌」を増やすということで話題となっている菌がある。もう、おわかりだろうがそれが納豆菌なのだ。

ヤセ菌を増やすなら「納豆」が最適?押さえるべき3つのポイント

日本の伝統食、発酵食品の王様と呼ばれる「納豆」。「納豆」は日本が誇るスーパーフード、善玉菌を増やして腸内フローラの活動力を高めると言われている。実は、納豆には「ヤセ菌」が増える条件が全て揃っているのだ。

 

①「納豆菌でヤセ菌を増やす」

ヤセ菌を増やすためには、腸内環境を良くすることが重要。納豆には、「納豆菌」という微生物がいて、腸内で善玉菌をどんどん増やす働きをしてくれる。

 

②「食物繊維でヤセ菌を増やす」

食物繊維は善玉菌のエサとなり、腸内の善玉菌を増やす働きをしてくれる。納豆の主原料である大豆には「食物繊維」が豊富に含まれている。

 

③「オリゴ糖でヤセ菌を増やす」

オリゴ糖も食物繊維と同じように善玉菌のエサとなる。納豆の主原料の大豆には「大豆オリゴ糖」が含まれている。

 

また、「納豆菌」は一般に体に良いとされる発酵菌の中でも、群を抜いたエリート集団。とても生命力が強く、100℃のお湯で煮沸しても死ぬことはなく、生きたまま腸まで届くどころか排泄物になった段階でもまだ生きているというタフ菌中のタフ菌。食中毒の季節になると、腸管出血性大腸菌O-157が話題に上るが、そのO-157さえやっつけてしまうというからレベルが違う。

「納豆菌」ヤセ菌を増やすための土壌となる、腸内環境を整えてくれる働きが期待できるのだ。

 

そこで、納豆をそのままフリーズドライ粉末化した、そのもの株式会社(福岡市博多区)によるそのもの納豆』(90粒※約1ヶ月分・通常価格 税抜5,400円・発売中)だ。これは原料に納豆そのものを使用しているので、大豆に含まれるタンパク質、イソフラボン、サポニン、ビタミンK2、食物繊維、オリゴ糖の全てが含まれており、納豆菌はもちろん、ナットウキナーゼも含まれているのが特徴である。

 

 

“日本にある体にいい素材を原料そのままで手軽に取れるサプリにしたい”という想いから生まれた自然派サプリメント

左が10日分の「そのもの納豆 お試しセット」、右が約1ヶ月分(90粒)サイズ

ポイントは、社名にもなっている”そのもの”。これは”本当にからだに良いものは、原料そのもの”という、先人の培った知恵と生産者の努力に敬意を持つことで生まれたポリシーだという。確かに自然の食品として日本人に長年愛され続けてきたという実績は非常に安心感があるのではないだろうか。そして同社は「日本にある体にいい素材を原料そのままで手軽に取れるサプリにしたい」というコンセプトで開発したのだという。

納豆のパワーに関する情報が盛りだくさんな小冊子も同梱されている

『そのもの納豆』を実際に飲んでみよう!

フリーズドライした納豆をそのままカプセルに詰め込んだという『そのもの納豆』なので、安心感も高い。なので実際に飲んでみたい。ちなみに1日3粒が摂取目安。それで10パック分の納豆菌が摂れるというから驚きだ。毎日10パックの納豆を食べ続けるのは、ほぼ無理。そう考えるとこうして飲みやすく続けやすいカプセルにしたというのも頷ける。

1日の摂取目安は3粒。これで納豆10パック分の納豆菌が摂れる

 

パウチタイプのパッケージは、開け閉め可能なタイプ。中を覗くと少しだけ茶色味がかった小型のカプセルが入っている。よくよく匂いを嗅ぐと、かすかに納豆の香りがするような、しないような。そのもの株式会社の推奨は、はじめの一粒だけ、カプセルを開けて中の粉を直接舌にのせてみること。なので実際にやってみることに。もちろん納豆が苦手な人にはオススメしないが。

なるほど! これは確かにパックを開けてお醤油をかける前の納豆の味そのもの。記者はあまり醤油をかけすぎるのが嫌なので、結構おなじみの味。確かに納豆独特の匂いはするけれど、同時に大豆由来の安心感のある美味しい発酵ぶりを感じさせる、日本人のDNAに刻まれた味。和食好きな人なら、この素材の美味しさはわかるのではないだろうか。一滴のお醤油が欲しくなる気もしてくるほど、これは納豆そのものの味と香り。

とはいえ、粉を撒き散らしてしまって服についたりすると大変なので、このカプセルはありがたい。日頃から持ち歩けるパウチというのも非常に使い勝手がいい。毎日続けたくてもついつい面倒になりがちな納豆生活も、この『そのもの納豆』なら楽々だ。

 

 

今ならお得なお試しセットキャンペーンを実施中

通常、『そのもの納豆』は90粒(約1ヶ月分)で通常価格 税抜5,400円なのだが、今回は初めての人用に10日分試せる特別なそのもの納豆 お試しセット」(30粒・税込980円)のキャンペーンを実施している。いろいろ試したけれど、スッキリせずに溜め込んでしまっていると悩んでいるのなら、ぜひこの機会に試してみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

塩田和夫

東京都在住、WEBライター。フラットな視点が持ち味。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック