薄めるだけでお店クオリティーのコーヒーが作れるラテベに期間限定の『ボスラテベース ティラミスショコラ』。バレンタインにも役立つ、その理由とは?

牛乳の代わりに豆乳やアーモンドミルクを使ってもいい希釈タイプ

牛乳と割るだけでお店クオリティのラテが簡単に作れるとして大人気の希釈コーヒー「ボスラテベース」。それに期間限定で『ボスラテベース ティラミスショコラ』が追加となった。自宅をカフェ化したい派の人ならテンションが上がるはず。またバレンタインのスイーツ作りにも役立つんだとか。

サントリーがお菓子の名門ロッテと共同開発して生まれたスペシャルなスイーツドリンク!

「ラテベース」は4倍濃縮タイプの希釈コーヒー。牛乳と割るだけでお店のようなラテが作れる手軽さで人気。また、「コーヒーの味がしっかりして美味しい」「1本で10杯分もつくれてお得!」などコスパの良さなども注目を浴びている。新作フレーバーは、ロッテと共同開発した『ボス ラテベース ティラミスショコラ』(490ml・希望小売価格 税抜278円・2018年1月23日発売)。「ガーナチョコレート」と一緒にバレンタインスイーツにも使えるフレーバーだ。

キャップには「4倍濃縮」の文字。単純に1本で2L近くのドリンクができる。

 

濃縮コーヒーならではのしっかりとコクのあるコーヒーの濃さはそのままに、ティラミスのようなチーズの豊かな香りを加えてある。まろやかなチーズの風味がコーヒーとカカオの苦味を引き立てる贅沢な味わい。

ラテベース、基本の作り方

基本の作り方はラテベース1:牛乳3。

パッケージに1杯あたりの目盛りつき。一杯分200mlとした場合、ラテベースは約50ml。もちろん、お好みでミルク多め、ラテベース多めなど調節出来るのも良いところ。

深煎りアラビカ豆100%使用で、しっかりとしたコーヒーの味わいも楽しめる。

100mlあたり57kcal。糖類10.5g

ティラミスショコラの風味は香料によるだが、ほのかなティラミス感があり、牛乳と割ることでさらにクリーミィーな味わいに。疲れている時にホッと出来る甘さで美味しい。

 

冬はホットで!フォームミルクを加えれば、カフェモカ風の仕上がり!

寒い季節はホットがおススメ。基本はラテベースと牛乳を合わせたものを電子レンジで加熱すればOKだが、今回はもう少しリッチにフォームミルク(泡立てたミルク)で作ってみよう。ラテベースのみをあらかじめ電子レンジで加熱。そこにフォームミルクを加え、最後にココアパウダーをたっぷりと加える。

ふわふわのフォームミルクとたっぷりのココアパウダーで更にカフェ風に。

フォームミルクにすることで、口当たりの柔らかさだけでなくまろやかな風味が楽しめる。またココアパウダーを加えることで更にショコラ感がアップ。カフェで頂くカフェモカのような味わいに。

おうちで簡単カフェ気分♪ 濃縮コーヒーだから楽しめるアレンジレシピでバレンタインデーも華やかに!

レシピは記者オリジナル。

ラテベースを使ったアレンジレシピも。今回はおうちで簡単にちょこっとパフェを。チョコ風味のシリアルにバニラアイスと苺をトッピング。ラテベースを原液のままかけて出来上がり!

濃い味のコーヒーが美味しさを引き立てる!

ラテベースは濃縮コーヒーなので、そのまま使えばエスプレッソのような濃い味を楽しめる。バニラアイスと混ざり合うことでコーヒーの苦味が際立ち、キリッと味がしまる。シリアルの食感や苺のフレッシュ感のバランスもよい。食後のデザートやちょっとしたおもてなしにも。簡単にコーヒーフレーバーを加えられるので、お菓子作りにもおススメだ。

定番商品として、他に「無糖」「甘さ控えめ」「焦がしキャラメル」がある。全国で発売中。

 

ラテベース×ロッテ ウィンターキャンペーン実施中!

また、現在「BRUNO コンパクトホットプレート」当たる!キャンペーンを実施中。対象商品は「ボス ラテベース」各種、「ロッテ ガーナチョコレート」ガーナミルク、ガーナブラック、ガーナホワイト、ガーナローストミルクの4品。対象商品いずれかを含む税抜800円以上のお買い上げレシートを専用ハガキまたは郵便ハガキに貼付して応募出来る。期間は3月23日(金)まで。※当日消印有効 キャンペーンサイトはこちら

ロッテガーナチョコレートとのコラボレシピも公開中!

「ボス ラテベース」ホームページ
「BOSS」ホームページ
「ロッテ ガーナチョコレート」ホームページ

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック