『ポテトチップス濃い味 サワークリーム&ハラペーニョ風味』爽やかな酸味と程よい辛味の万人向けテイスト

世の中にコンビニ文化が蔓延して、日本人の舌は変わった。よりインパクトのある味わいを追求して生まれた”濃い味付け”。それはもはやラーメン店などでも主流になる程定着済みだ。そんな中、カルビーが生み出したシリーズ最新作が『ポテトチップス濃い味 サワークリーム&ハラペーニョ風味』。今時の濃い目の味わいを検証してみよう。

ガツンとした濃い味が来るかと思いきや、結構爽やかな…

輸入品店の棚でもポテトチップスのサワークリーム&オニオン味はかなりの定番(本品にもオニオンは入っている)。程よい酸味と香ばしい油のハーモニーはポテトチップスの中でも素晴らしい組み合わせ。そんな中の『ポテトチップス濃い味 サワークリーム&ハラペーニョ風味』(70g・実勢価格 税込約150円・2016年5月16日発売)なので、期待は膨らむ。さらに記者が最近瓶詰め品を購入するくらいハマっているハラペーニョが合体しているんだから期待値は高い。

CR7_4587
封を切ると爽やかな酸味と、ハラペーニョ独特の酸味を含んだ辛い香りがうまい具合に混じり合って良い香り。チップスを一枚取り出して観察してみるが、外見的には異常なし。カルビーならではの焦がさないタイプのチップスだ。

CR7_4595
それでは食べてみよう。ふわっとした香ばしい揚げ油の香りとともに薄手に仕上げられたジャガイモの味がして、そこにサワークリームのほんのりとした酸味が来て、遠くにハラペーニョの酸っぱ辛い香りがほのかにする。

CR7_4604
……おや!? これは”濃い味”だったよね、とパッケージを二度見。確かに薄味ではないけれど、ずいぶんと爽やかな。ひょっとして上からとったのが悪いのでは? と思い、下の方から抽出してもう一口。気持ち味が濃くなったような…。

CR7_4608
どちらにしても、それほど濃い味とは思えなかった。世間の濃い味ブームに舌が毒されてしまったのか、程よい味わいと感じてしまった。まあ美味しいので、何ら困ることはないのだけれど。

CR7_4586
辛さに関しては生粋のハラペーニョ・ファンとしては物足りないほんのりピリ辛クラス。普通のポテチ・ファンにとってはこの程度でも良いのかもしれないが、商品名にハラペーニョと銘打つならばもう少し存在感を増して欲しかったか。

 

ビール、コーラ、サイダーなど、爽やかな炭酸飲料にはもちろん合う。辛さにそんなに強くない人でも大丈夫なはずだ。期間限定なので気になる人はお早めに。

 

オススメ度:(面白い)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック