低速ジューサーの最新機種『ヘルシオジュースプレッソ EJ-CF10A』で、どんなライフスタイルが手に入る?

豆乳やスープも楽しめる!

ジュース、フローズンの他に作れるものとして、スープ、豆乳、豆腐、おしるこ、おろししょうが、大根おろし、すりごまなどがある。その中より、豆乳をご紹介しよう。
50-20

大豆の水煮と水を合わせて、投入口より入れていく。大豆の絞りかすと、豆乳が出てくる。市販の調整豆乳などとは違い、濃厚でシンプルな味わいの豆乳を作ることが出来た。水と一緒に絞っているため、水分はやや多くなってしまうが絞りかすはおからとして使うことが出来る。

大豆の水煮と水をお玉を使い、小さな投入口から入れていかなければいけないのがやや手間だろうか。
これはスープ作りにも言えるのだが、普段スープ作りにハンディブレンダーを使っている人にとっては、この作業がやや面倒に感じるかもしれない。お鍋の中で食材を潰してスープにしてしまえるハンディブレンダー。一方で、一度煮込んだ食材を、鍋からジュースプレッソに移し変えて、少しずつ投入していかなければいけない作業は、作業工程が多く感じてしまう。
ただし、食材を潰し、繊維と分離してくれるのでとても滑らかな舌触りのスープにはなるだろう。

 

『ヘルシオジュースプレッソ』公式サイトには食材の組み合わせ方やレシピが充実しているので、ぜひそちらも参考にして頂きたい。

ヘルシー&おいしいレシピ

 

また、すべての工程やジュースプレッソの使い方を紹介した動画も公開されている。食材の入れ方やお手入れの仕方、パーツの組み立て方など、ぜひ動画で確認してほしい。

動画でわかる!ヘルシオ ジュースプレッソ
50-23
今回ご紹介した、フローズンも作れる新機種『EJ-CF10A』のカラー展開は、レッド、オレンジ、グリーンの3色。本体のカラーはラメ感があり、発色も綺麗。キッチンやカウンターに置いておいても、スタイリッシュな印象を受ける。
50-23_edited-1
また、ヘルシオジュースプレッソの新製品として『EJ-ST1』シリーズも同時期に発売されている。こちらは、フローズンアタッチメントがついていないモデル。スクリューとフィルターが分離型なのは同じ。カラー展開はブルーとイエロー。ジュースを絞ることだけを目的としたい場合は、こちらを選んでも良い。

参考価格はフローズンが作れる「EJ-CF10A」が3万7000円前後、ジュースのみ絞れる「EJ-ST1」は3万3000円前後(税別)になる見込み。

購入の際にはやはり店頭などで実機を確認して、大きさや重さ、置いた時のサイズ感、パーツ類などをチェックしながら、自分のライフスタイルと照らし合わせてみると良いだろう。家電量販店をはじめ、インターネット通販などで購入出来る。

オススメ度:(良い商品です)
公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

トラックバック