用意するのはたまご3個だけ!? 理研ビタミン『わかめときくらげの玉子炒めの素』でパパっと一品!

ヘルシーな海藻料理をもっとおいしく!

 

 毎日献立を考えるのが大変、簡単にパパっと一品作りたい、そんな人におすすめなのがたまごが3個あればすぐに作れる『わかめときくらげの 玉子炒めの素』! 海藻を使ったメニューがワンパターンになりがちな人や、あともう一品欲しい時にもぴったり。本当にたまご3個で作れるのか、実際に作って食べてみた!

 

海藻を使ったメニューをもっと食べたい!

わかめの炒め物ってちょっと意外かも!

栄養豊富で低カロリーな海藻。毎日の健康や美容に、もっと海藻をとり入れたいと思いながらも、メニューになかなかバリエーションが思いつかなったり…そんな時の海藻メニューにおすすめしたいのが、理研ビタミン株式会社(東京都新宿区)が手がける海藻料理セット「きょうの海藻」シリーズ。

『わかめときくらげの 玉子炒めの素 』(乾燥具材5.6g/炒め調味料22g・希望小売価格 税抜210円・発売中)は、たまごを3個用意するだけ。

身近な食材を加えるだけで簡単に一品が作れるので、あともう一品欲しい時などにもおすすめだ。

サラダなどで食べることが多いわかめやきくらげを炒めて調理することで、ごはんがすすむヘルシーな玉子炒めになる。

中に入っているのは、乾燥具材とうま塩味の炒め調味料。

乾燥具材には、わかめ、茎わかめ、きくらげ、にんじんの4種類の食材が使われている。

炒め調味料には、なたね油やごま油が使われており、にんにくがきかせてある。

 

本当に簡単に作れるの? さっそく作ってみよう

作り方もたった4ステップと、とっても簡単!

まずは乾燥具材を水でもどそう。たっぷりの水で約10分。

10分経ったらざるにあけて、ギュっと水気を絞っておく。

熱したフライパンに大さじ1の油を入れて、溶いた玉子を中火でかき混ぜながら炒め、半熟になったら一旦火を止めよう。

ここでいよいよ、水で戻した具材と炒め調味料を加える。

あとは再び火で軽く炒めるだけ!

あっという間に一品完成。玉子と海藻の彩りも鮮やかで美味しそう! 

にんにくのきいたうま塩味が食をそそる。玉子のまろやかな甘みがあるので、大人も子供も好きな味。

水で戻した具材やふわふわ玉子の食感も楽しく、簡単なのに満足感があるのは嬉しい!

このまま温かいごはんの上にのせて、丼物にすればボリュームのある一品にもなる。ヘルシーですぐに作れるので、夜食などにもぴったり。

食物繊維、カルシウム、鉄分豊富な海藻をおいしくヘルシーに食卓へ。出来上がりの分量は2~3人分。

1袋使い切りで、味付けに迷うこともないので時短調理にもおすすめだ。

 

『わかめときくらげの 玉子炒めの素 』は、全国のスーパーなどで発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや料理が得意。文具やアート、デザインの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック