ホクホク甘い『じゃがコロ』は新感覚の連続! 常識を覆す味&食感に衝撃が止まらない

 

新感覚のホクホク食感が楽しめる、じゃがいものお菓子『じゃがコロ』が新発売。食感はもちろん、「うま塩味」でありながら“ほんのりあまじょっぱい”とは、一体どんな味なのだろう? 期待と不安に胸をふくらませ、さっそく食べてみた!

 

じゃがいもの旨みたっぷり! キューブ型のコロコロお菓子

クラシエフーズ株式会社(東京都港区)の『じゃがコロ』(25g・希望小売価格 税抜120円・2020年9月7日発売)は、じゃがいも本来の甘味と旨みを閉じ込め、ほんのりあまじょっぱく仕上げたお菓子。

同社独自のノンクッキング製法で、普通のスナック菓子とは一味違う新感覚のホクホク食感が実現したという。

パッケージは、手のひらサイズでコンパクト。湯気が立っているアツアツ、ホクホクのじゃがいもがデザインされ、見た目から食欲を刺激される。

袋をあけると、じゃがいもを角切りにしたお菓子を想像していたが、潰したじゃがいもをギュッギュッギューッと四角に成形したような印象である。

鼻を近づけると、他社のじゃがいもスナックでは感じたことのない甘い香り。何から何まで想像していたものとは違っていて、どんな味なんだろうと俄然気になってくる。

 

嘘でしょ!? じゃがいも菓子のイメージを打破する新感覚!

さっそく、実食。パクッと一口で食べてみると、えっ…しっとり。そして、甘~いっ!!

パッケージには“ほんのり”あまじょっぱいと書かれていたため、意外と甘味を強く感じた。これまでに食べてきたじゃがいもスナックとはかけ離れていて、食感も甘さもクッキーのような焼き菓子に近い。

新感覚とはいうものの、これだけたくさんの商品が出ている中で「どっかで食べたことあるヤツ」に辿り着くかと思いきや、味も食感も、本当に新感覚!

ポテチのように次々手が伸びるというよりは、ひとつひとつをしっかり噛んで食べるタイプのお菓子という感じ。最初に内容量を見た時には「物足りないかも?」と思ったが、実際には少しずつ味わって食べるので、量に対して満足度も高い。

考えてみれば『じゃがコロ』は、食感や味のみならず、香りも新しかった。

袋を開けた時に感じたのは、スナック菓子の強い香りでなく、ほんのり甘い優しい香り。さらに噛んでも音がしないので、匂い&音で「誰かお菓子食べてるな」と周囲に気づかれることもない。保存に便利なチャック付きパウチだから、会社や学校で小腹対策にちょこちょこつまむのにもちょうど良さそうだ。

 

食べたときの驚きをぜひ体験してほしい

今までのじゃがいも菓子のイメージを覆す衝撃の『じゃがコロ』。

購入は、全国のコンビニ、スーパー、ドラッグストアなどで。

 

クラシエ公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック