コロンビア『SAPLANDシリーズ』発売! 滑りにくく温かいウィンターシューズで冬の雪道も安心!

 

アウトドアブランドコロンビア(Columbia)は今年の秋冬向けに、抜群の機能性を誇るウィンターブーツSAPLAND(サップランド)シリーズ4スタイルを投入する。積雪した路面でも滑りにくく保温性にも優れていて、それでいてアウトドアアイテムらしからぬ高いデザイン性が、まさに「冬の街歩き」にピッタリ! さらに発売を記念して、“北海道の翼”として広く認識されている航空会社・エアドゥ(AIRDO)とのコラボキャンペーンも決定。この冬のマストアイテムとして1足手に入れたい逸品だ!

 

姉妹都市「札幌」「ポートランド」を冠に命名されたウィンターブーツ

専用開発 ヴィブラム「アークティックグリップ」を採用したコロンビア「サップランドアークウォータープルーフオムニヒート」(左)と「サップランドアークチャッカウォータープルーフオムニヒート」(右)

1938年の創業以来、そのオリジナリティやイノベーティブの高さで常にアウトドアブランドのトップを走り続ける株式会社コロンビアスポーツウェアジャパン(東京都新宿区)。2019年秋冬アイテムとして、このほど発売されたのがウィンターブーツ『サップランドシリーズ』だ。雪上、氷上でもしっかりとしたグリップ力を発揮してくれるヴィブラム社オリジナルソール ヴィブラムアークティックグリップ」搭載(上位2アイテム)で、その機能性・保温性の高さに早くも“今冬のマストアイテム”として大きな注目が集まっている。

冬の札幌は雪景色。「さっぽろ雪まつり」の時期こそ「SAPLANDシリーズ」で快適に歩き回りたい

コロンビア本社は米・オレゴン州ポートランドにあり、北海道札幌市と姉妹都市の関係にある。ほぼ同緯度で、冬になると雪が積もって路面が凍結する似通った環境。

そんな「サッポロ(SAPPORO)」と「ポートランド(PORTLAND)」の両都市名を組み合わせた名付けられた「サップランド」というウィンターブーツ。見た目こそアウトドアアイテムらしからぬ、オシャレでデザイン性が高いカジュアルなブーツだが、実は非常に機能性が高く、先端テクノロジーが詰まったアイテムなのだ。

 

それでは、実際に最上位モデルの「サップランドアークウォータープルーフオムニヒート」を試し履きしながら、そのテクノロジーをチェックしていきたい。

 

滑りにくい! 温かい! オシャレ! の3拍子が嬉しい

ハイカットタイプの「サップランドアークウォータープルーフオムニヒート」

コロンビア『サップランドアークウォータープルーフオムニヒート』(23~29cm・希望小売価格 税抜17,000円・発売中)は、アウトソールにヴィブラム社が「サップランド」のために開発したヴィブラム「アークティックグリップ」搭載オリジナルソールを採用している。

ヴィブラム「アークティックグリップ」は従来よりも低温、凍結、積雪に特化して開発された

この ヴィブラム「アークティックグリップ」はマイナス20℃の環境でも硬度が変わらず、しかも濡れた氷上にも対応して転びにくい設計。さらに都市生活を送る上で重要な高い耐久性能も有している。実際、いかにも滑りそうな濡れたマンホールなど履いて歩いてみたが、普通の靴では滑りやすい場面でも、しっかりとグリップして滑ることはほとんどなかった。

 

しかも、コロンビア独自の「オムニヒート」という保温テクノロジーを採用しているため、この時期(10月中旬)の東京では暑いほど。

コロンビアが誇る保温テクノロジー「オムニヒート」

もちろん、真冬にはこの保温性が威力を発揮する。このあたりは、さすが「アウトドアブランドの雄」とも呼ぶべきコロンビアのシューズだ。

インソールにはクッション性のある「オーソライト」を採用。起毛タイプで温かく、しかもホールド性が高い

インソールには「オーソライト」を採用しており、表面が起毛タイプなので保温性はさらに高い。ヒール部分はカップ形状になっており、かかとをしっかりホールドし、快適な歩行をサポートしてくれる。

手袋をつけたままでも簡単にホールドが調整できる

冬の時期に意外と重要なのが、靴紐をいかに簡単に締められるか。この「サップランドアークウォータープルーフオムニヒート」は、スピードレースを採用しており、手袋をつけたままでも用意にホールド調整が可能。これは本当にストレスなくキュッと靴紐が締められて便利な機能だ。また、ジッパーも付いているのでブーツなのに脱ぎ履きがしやすいのも嬉しい。

アッパーにはコーデュラファブリックを採用

シューズのアッパー素材には、防水フィルムを搭載し防水性に優れたおり、さらに撥水性と耐久性を備えた「コーデュラファブリック」を採用しているので、少々の雨なら水滴を寄せ付けない!

ローカットタイプの「サップランドアークチャッカウォータープルーフオムニヒート」

なお、丈が短い『サップランドアークチャッカウォータープルーフオムニヒート』(23~29cm・希望小売価格 税抜15,000円・発売中)にも同様のテクノロジーが惜しみなく投入されている。よりカジュアルなデザインなので、気分によって使い分けることをおすすめする。

 

“北海道の翼”エアドゥとのビッグなコラボ開催!

なお、このウィンターブーツ『サップランドシリーズ』の発売を記念して、北海道札幌市に本社があり“北海道の翼”として親しまれているエアドゥとのコラボキャンペーン「AIRDO×Columbia SAPLAND コラボキャンペーン2019」を開催中(11月30日まで)。

 

同キャンペーンでは「AIRDOに乗ってコロンビア SAPLANDが当たる部門」と、「SAPLANDを買ってAIRDO航空券が当たる部門」を用意。SAPLANDを対象店舗で購入して、キャンペーンサイトから応募すれば、抽選でAIRDO往復航空券が2名に、「AIRDO×Columbiaコラボ アルミボトル」が30名に当たる! 応募詳細はキャンペーン公式サイトをチェックしよう!

アウトドアに便利な「AIRDO×Columbiaコラボ アルミボトル」がもらえるチャンス!

今冬にコロンビア『サップランドシリーズ』を手に入れて、来年2月にエアドゥで「さっぽろ雪まつり」に行くというプランも楽しいに違いない。もちろん、足には『サップランドシリーズ』を履いていきたいところだ。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タック二階堂

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である取材ライターの傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック