予約なしで食べられる『予約でいっぱいの店のFormaggio』シリーズ新発売! 上質なチーズが存分に味わえる3種類が登場!

 

美味しいって聞いたけど、予約がいっぱいで食べられない……。そういう経験をしたことがある人も多いのではないだろうか。そんなあなたのために、予約が取りにくいイタリアンで有名な「ラ・ベットラ」の味を家庭で楽しめるパスタソースがエスビー食品より新発売される。その名も『予約でいっぱいの店のFormaggio』シリーズだ。

 

イタリア料理の先駆者落合務シェフ監修のパスタソース。ワンランク上の味わいを家庭でも!

美味しいお店は数あれど、有名になると予約でいっぱいになり味わえなくなることは少なくない。“予約がとりにくいイタリアン”で有名な「ラ・ベットラ」もそのひとつ。

 

「ラ・ベットラ」は、イタリア料理の先駆者と呼ばれる落合務シェフが手がけるイタリア料理店。落合務シェフは、17歳からコックとして修業を重ね、約3年間イタリアで料理を修行。その後、東京赤坂のイタリア料理店で料理長を務め、1997年に銀座で「ラ・ベットラ」をオープンした。

今回、エスビー食品より発売された『予約でいっぱいの店のFormaggio』シリーズは、落合務シェフ監修のもと作られたパスタソース。消費税増で内食が増えることもあり、家庭でもワンランク上の美味しいパスタを食べてもらいたいという思いから販売された。

 

発売されるのは、次の3種類。

  • 「角切り牛肉の赤ワインソース」(130.1g・希望小売価格 税抜380円・2019年8月12日発売)
  • 「トリュフときのこのクリームソース」(150g・希望小売価格 税抜380円・2019年8月12日発売)
  • 「サーモンのバジルソース」(115g・希望小売価格 税抜380円・2019年8月12日発売)

今回は、「角切り牛肉の赤ワインソース」を実食してレポートしよう。

 

角切り牛肉の赤ワインソース

「角切り牛肉の赤ワインソース」は、店舗のコースでも使われる牛肉と赤ワインソースの組み合わせをベースにしたもの。ボルドー産の赤ワインでじっくりと柔らかくなるまで煮込んだ角切り牛肉に、香味野菜とトマトを加えたソースだ。

1食あたりのエネルギーは198kcal、糖質は約13.8g

あと掛けには、イタリア原産のハードタイプチーズであるパルミジャーノ・レッジャーノが添付されている。

作り方は一般的なパスタソースと同じ。パウチのままで熱湯に入れて3~5分沸騰させ、茹でたてパスタ(100g)にかけてよく混ぜる。

レンジの場合は、500Wの場合約1分、600Wの場合約50秒で完成。深めの容器に移して、ラップをかけて温めよう

最後にトッピングのパルミジャーノ・レッジャーノをかければ完成だ。

それではいただきます。

スプーンに巻きつけひと口。トマトの旨味とほのかな赤ワインの香りが心地よい上品な味わい。確かにこれは旨いと言わざるを得ない。

トッピングのパルミジャーノ・レッジャーノを絡めると、一層コクとまろやかさのある味わいとなる。ブラックペッパーの香りと刺激もあって、全く別の味わいで楽しめるのが面白い。

もちろん赤ワインで煮込んだ角切り牛肉は文句なし。ホロっと柔らかく、それでいて食べ応えのあるボリューミーな大きさ。

噛むたびに、赤ワインの芳醇な旨味が染み出してくる。1つ食べるだけでも満足なのに、それが5、6個入っているから心行くまで楽しめるから幸せだ。

 

予約なしでおいしいパスタを自宅でいつでも!

≪サーモンのバジルソース≫ 1食あたりのエネルギーは192kcal、糖質は約8.2g

角切りのアトランティックサーモンの旨みを活かした濃厚かつ爽やかな味わいのソース。国産バジルで作ったバジルソースを合わせて、深みを演出した一品。

≪トリュフときのこのクリームソース≫1食あたりのエネルギーは226kcal、糖質は約10.5g

マッシュルームがたっぷりとはいったきのこのクリームソース。トリュフとゴルゴンゾーラで香りづけをした嗅覚でも楽しめる。

予約でいっぱいなお店として有名な「ラ・ベットラ」。しかし、『予約でいっぱいの店のFormaggio』シリーズなら予約なしでいつでも食べることができる。家庭での贅沢な食事にぜひ。

 

全国のスーパー、オンラインショップで発売中。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

森脇 学

森脇 学

20代男性。工学系出身ライター。食品・工学・アニメ・漫画と幅広い知識を活かして執筆中。関東住まい。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック