エスビー食品『フォン・ド・ボー ディナー シリーズ』がさらに美味しく! 最高品質のコクとスパイスの余韻を味わおう

家庭で贅沢な味わいを!

 

エスビー食品『フォン・ド・ボー ディナーシリーズ』がリニューアル! プロの技法による質・味わいを参考に、「ディナー」の神髄である「フォン・ド・ボー」を大幅に刷新。濃厚なコクとキレ・余韻を楽しめる味わいになったという。今回は、ビーフシチュー、ハッシュドビーフ、クリームシチューをチェックしてみた。

 

もっと美味しくリニューアル!

エスビー食品(東京都中央区)が展開する高級カレーの代名詞「ディナーカレー」。その姉妹品として、幅広い年代に親しまれているのが、「ハッシュドビーフ」「ビーフシチュー」「クリームシチュー」。これらの商品が2019年8月12日リニューアルして登場。

ブランドの魅力がより伝わるパッケージデザインで、金箔加工された箱は高級感を醸し出している。最高品質のコクとスパイスの余韻を楽しめるこのシリーズの美味しさの秘密は、こだわり抜いた「フォン・ド・ボー」「ソテー・ド・オニオン」「バター」にある。

「フォン・ド・ボー」とは、フランス料理で、煮込み料理やソースをつくる時のベースとなるだし汁「フォン」の一種。焼いた仔牛の骨やすね肉に、炒めた香味野菜を加えて、水から煮て作るもの。ゼラチン質を多く含み、肉と骨の旨みが強く出た、深い味わいがあり、肉料理のソースのベースとしてよく用いられている。全てのシリーズにこの「フォン・ド・ボー」が生み出すコクが加えられており、家庭で贅沢な味わいを楽しめる。

 

今夜はビーフシチューにしよう!

今回は、『フォン・ド・ボー ディナービーフシチュー』(97g・希望小売価格 税別308円・2019年8月12日発売)を作ってみよう。

準備する食材は、牛肉、玉ねぎ、にんじん、じゃがいも。

クローブ、ローレル、ナツメッグなどのスパイスが使われており、牛肉の旨みを引き立たせてくれる。

内容量は5皿分。ルウは5つに割ることが出来るので、作りたい分量によって調節も可能。1人暮らしでも安心して食べきれる量なのがうれしい。

まずは厚手の鍋で、牛肉、玉ねぎ、にんじんを油でじっくりと炒めていく。

沸騰したらアクを取り、じゃがいもを加えてさらに煮込む。ルウを溶かす時は、いったん火を止めるのがポイント。

時々かき混ぜながら弱火で煮込み、とろみがついたら出来上がり!

濃厚な旨みたっぷりのビーフシチューの完成。芳醇な香りと上品なコクと味わいはまるでレストランのよう。素材からも旨みが溶け出して、甘みが増している。大人も、子供も、大好きな味わい。ワインやパンと一緒に大人なディナーを楽しみたい時にもおすすめだ。

 

手軽に贅沢な味わいを楽しめる

『フォン・ド・ボー ディナーハッシュドビーフ』(97g・希望小売価格 税別308円・2019年8月12日発売)。隠し味にオールスパイス、ローレルを使用。「フォン・ド・ボー」の奥深いコクと旨みを一層引き立てる。

フォン・ド・ボー ディナークリームシチュー』(97g・希望小売価格 税別308円・2019年8月12日発売)。乳製品と相性の良い「ソテー・ド・オニオン」に変更したことで、より一層クリーム感が際立つ味わいに。

ルウにすべての美味しさが詰まっているから、シンプルに作るだけ。この上品な味わいと香りは食を満たしてくれること間違いなし。今夜のメニューに迷ったら、家庭で贅沢な味わいを楽しめるディナーシリーズをぜひ選んでみて。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。アートワークや写真、料理が得意。文具やアート、デザインの分野にてインストラクター経験もある。千葉県出身。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック