ブラックは苦い、ラテは甘いというわがまま需要に応えたちびだら飲料『ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖』!

ドリンクイヤイヤ期の大人に捧ぐ!

 

そもそもちびだら飲み用ペットボトルコーヒーは、そんなに苦く仕上げているわけではないけれど、「ブラックは苦い!」という人がいる。いっぽうラテはラテで「甘すぎる!」という人がいて、本当に人の好みはさまざま。そんな苦くなくてちょっとだけ甘い派のための一品が『ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖』だ。どのくらいのちょうどよさなのか、試してみたい。

 

ふんわりとした甘さでコクがあっても苦くない。職人の「これでどうだ」感炸裂!

ちびだら飲みはゆっくり飲むので、苦味が少し強いだけでもだんだん感覚が蓄積して苦味が強く感じてしまう部分はある。甘味も同様。温度がゆっくりとぬるまっていくという変化もあり、なかなかずっとすっきりというのは難しそうなものだが、このコカ・コーラシステム『ジョージア ジャパン クラフトマン 微糖』(500ml PET・希望小売価格 税抜149円・2019年6月17日発売)はその領域にチャレンジした製品だ。

大きめボトルを軽く振って、キャップをひねって香りをかぐ。香料は入っているが、さほど強くなく、嫌なニオイではない自然なコーヒーの香り。一口飲むと、甘さはふんわりと舌の側面を撫でていくが、真ん中は甘くない気がする。

中央部分はミルクの通り道といった感覚で、すっきりとしつつ、牛乳ならではのコクが駆け抜ける。飲み込むとスッとした透明感だけが残る。なるほど、確かに甘すぎないし、苦味もほぼない。なんとも中庸な味に仕上げたものだと思う。

悪く言えば個性がないのだが、へんな酸味もないのでゆったり飲める。飽きにくい味は個性のない味というが、確かにその通り。仕事や勉強の合間にサクッと喉を潤して気分を2cmくらいリフレッシュするこの感覚は実に絶妙だ。

スパイス役となっているのが水出しコーヒー(5%だが)というのも、このすっきりさを高めている原因だと思う。しかも粗挽き豆を使用して、深煎り・中煎りの二層抽出を行なっているところがクラフトマン(職人)のこだわりか。

糖類は45%オフで、100mlあたり23kcal、糖類3.7g、炭水化物4.4gなので、1本あたり115kcal、糖類18.5g、炭水化物22gなので、炭水化物量とイコールの糖質量は全部のむと22g。時間をかけて飲むならダイエット実践者的にも悪くない数値だ。

ダラダラ飲んでも太りにくくて、甘さにうんざりすることもない。ちょうどいい、実にちょうどいい軽快な飲み口のコーヒードリンクだと思った。

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック