美意識高め女性のオーラルケアに『ブラウン オーラルB ジーニアス10000 (オーキッドパープル)』が最適な理由!

キュキュキュッと音がする白い歯になれる!

 

今までの高機能電動歯ブラシは、どちらかというと意識の高い男性ビジネスパーソン向けの製品が多く、精悍なイメージのものが多かった。しかし今回紹介する『ブラウン オーラルB ジーニアス10000 (オーキッドパープル)』は、最上位機種でありながら大人の女性に向けたエレガントな新デザイン。パワフルに仕事も歯磨きもこなす女性がターゲットである。

 

電動歯ブラシは音波振動式と回転式の2種類に分類され、唯一回転式を採用しているのが「ブラウン オーラルB」シリーズ

電動歯ブラシは今では格安商品も多く出回っているが、グローバルな視点で見ると、高級モデルとして双璧をなすのは「ソニッケアー」(フィリップス)とこの「ブラウン オーラルB」(プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン/P&G Japan)である。他には国産機種の「ドルツ」(パナソニック)「メディクリーン」(オムロン)も存在するが多少路線が異なる。

この丸型ブラシが特徴

ではよく比較される「ソニッケアー」と「ブラウン オーラルB」の違いは何だろうか。それは「ソニッケアー」だけでなく、「ブラウン オーラルB」以外ほとんどの電動歯ブラシが音波振動式を採用しているということだ。「ブラウン オーラルB」のみが独自の技術を背景に丸形ブラシの回転式を採用している。

音波振動式はタテヨコに毛先を動かすことによってブラッシングするが、「ブラウン オーラルB」のみ、その特徴的な丸型回転ブラシが歯を包み込み毛先を回転させて、汚れを弾き飛ばすように動く。もちろん個人の好みに左右され、歯槽膿漏や歯肉炎などのトラブルを抱えていないという前提で考えれば、この動きは実に爽快。比べてみると音波振動式が汚れをこすり落としている感じなのに比べて、「オーラルB」はまさにパワフルに掻き出す印象。

 

 

そこそこ健康な歯ぐき環境の人なら、このダイナミックな磨き心地はかなりクセになる。そこが「ブラウン オーラルB」を使い始めた人が、なかなか他機種に乗り換えられない原因である。そして少数派なのでは? という疑問も感じるかもしれないが、歯科医で歯のクリーニングを行うときはたいてい回転式ブラシを使っていることからも、その方式の優秀さは証明済みと考えられる。

 

 

回転式の底力を感じさせる力強いブラッシングで歯垢・バイオフィルムを除去!

左が「マラケシュ」、右が「オーキッドパープル」

ブラウンの電動歯ブラシブランド「ブラウン オーラルB」シリーズの最上位機種となるのが、『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』(オープン価格・2018年11月9日発売)。2016年に登場していたプレミアムモデルが海外電圧対応となり、大人の女性にうれしいカラーバリエーションを2種追加してのバージョンアップとなる。

 

 

精悍なブラックモデルは明らかに男性向けだが、残り2色「マラケシュ」(※日本限定)「オーキッドパープル」はまさに今までの電動歯ブラシデザインからは考えられない佇まい。今回は「オーキッドパープル」を使用した。

充電器も240Vまでの海外電圧に対応しつつ、実にシンプルなデザインがうれしい。

充電器本体とケーブルが取り外し式なのも地味に便利でスタイリッシュ。そして何より驚いたのは、収納ケース。蘭の花のような上品なオーキッドパープル(赤紫)はこうした製品では初めて見た。

ちなみにこのケース、ちょっと大型なところは荷物をコンパクトにしたい人には向いていないかもしれないが、USBポートが付いているのが特徴。そう、ここにスマホの充電ケーブルを挿して充電が可能なのである(本体充電は不可)。コロッとしたACアダプターを持ち歩かなくていい分は、大きさも納得できる。

使用時の本体は大きめだが軽いので、やろうと思えば歯科医推奨のペン持ちでのブラッシングも可能。ただ個人的な感想としてはパームグリップ(テニスラケットのような持ち方)の方が安定しやすい気がした。

 

 

実際に『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』を使ってみる

使用は難しくない。はじめのうちは本体から飛び出している金属ブラシに差し込む際に少し戸惑ったが、2、3回で慣れた。本体上部に二つのボタンがあり、上がオンオフ、下がモード切り替えというのもわかりやすい。ただ使用の最中にモードを変えたくなった場合、一度口から外して確認しないとどのモードで磨いているのかがわからなくなりがち。

電動歯ブラシで問題になるのは強く押し付けすぎて歯ぐきを傷めてしまうことがあるあるだが、この『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』は強く押し付けるとセンサーが反応、本体の上部がピカピカと光って知らせてくれる。さらに過圧にも反応して自動でパワーダウンするのも非常に安心だ。

 

 

付属ブラシは「やわらか極細毛ブラシ」「マルチアクションブラシ」の2本が付属している。歯ぐきの弱い日本人的におすすめなのは「やわらか極細毛ブラシ」ということで、そちらから試す。ちなみに回転式の性質上、ブラシの上に歯磨き粉をのせたら、口の中に入れて口を閉じてからスイッチを押すこと。でないと歯磨き粉が吹き飛んでしまう。

 

 

記者は普段から液体歯磨き「リステリントータルケア」を使用しているので、そうした心配はない。この『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』とも非常に相性が良いと感じた。そもそも歯磨き粉選びも電動歯ブラシの場合は手磨きとレベルの違う振動数で磨くので、基本的には泡立ちすぎない、研磨剤不使用のものを選ぶのが基本である。

 

 

「やわらか極細毛ブラシ」

歯槽膿漏だったり、虫歯部位があったり、歯肉炎があったり、部分入れ歯があったりという人にとっては、確かにこちらの「やわらか極細毛ブラシ」の方が良いかもしれない。とにかく当たりがマイルド。回転式は刺激が強いという人も多いが、このブラシだと力強いんだけど優しく磨き上げるという職人技のような絶妙な使用感が味わえる。

 

 

様々なモードがあるが、健康な歯茎環境の人はプロクリーンがおすすめ。実にパワフルに歯垢を掻き出してくれるこの感触はクセになる。トラブルを抱えているなら、やわらかクリーンだろうか。どちらにしろ密集した極細毛(毛先0.01mm)が、歯に対して斜め45度に当てることで面白いように汚れを取ってくれる。

写真上が「やわらか極細毛ブラシ」下が「マルチアクションブラシ」

「マルチアクションブラシ」

口内環境にそんなにトラブルを抱えていないなら、ぜひ試してもらいたいのがこの「マルチアクションブラシ」。特許取得済みの16度に傾いたブラシは、初めて使用したら絶対感動するレベルの力強さで、まさに”磨き上げる”快感がある。基本的に歯垢というのはそうは簡単に分解できず、取り去るには歯垢を覆っているバイオフィルムごと除去する必要があるのだが、その時に一番効果的なのは、やはりパワーなのだという。

 

確かにこのグイグイ来る力強さは、その他電動歯ブラシの刺激が物足りなくなってしまうほど強烈。手磨きに比べて歯垢除去力を99.7%高めるという結果を体感として感じることができるのだ。これで磨くと本当に歯の表面が高級な磁器・陶器のようにツルツルになる。指でこするとキュキュキュッという小気味いい音もする。黄ばみ、黒ずみ、ステイン汚れなど、こうすれば落ちるのだなと実感。

 

 

スマホ連動アプリ、スマホ固定ホルダーを使えば磨き残しが激減!

どんなに優秀な電動歯ブラシでも、汚れの場所を磨かなければ宝の持ち腐れ。そう、磨き残しは自分でコントロールしなくてはならないのだ。そう思っていた、これまでは。実はこの『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』には、スマホアプリとのBluetoothによる連動機能が付いている。これが結構面白い。

歯を6パートに分割して、それぞれの磨き時間を計測、磨き残しを防いでくれるという機能だ。そしてしっかり磨くことで該当箇所の色がスマホ画面上で変わり、最後に星になってポンっと弾けるまでがワンターム。ポジション検知機能はゲーム感覚で歯磨き行為を楽しくさせてくれる。

ただ最初に顔認識をするために、付属のホルダーで鏡にスマホを固定するのだが、これはちょっぴり面倒。さらに顔認識をするために画面の中で距離を合わせなければならない。普段の癖で顔を傾けて磨こうとすると認識範囲から外れて画面で警告されてしまう。しっかり正面を向いている必要があるらしい。それでも磨き残しがないかをしっかり確認し、その毎日のログを取れるというのは新しい感覚だ。

アプリダウンロード

 

いろいろあるけど、電動歯ブラシにとってパワーに勝るものはなし!?

今回『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』を2週間あまりしっかり使用して感じたことは、やはりパワーってすごいのではないかということ。しっかり付着してしまったバイオフィルム、歯垢は、やはりこうしたパワフルさこそが必要なんだと再認識した。

慣れたらアプリは使わなくなるかもなと思うが、使わななくてもパワーは変わらない。自分の歯を思う存分磨き上げてきれいにしたい人にこの『ブラウン オーラルB ジーニアス10000(オーキッドパープル)』はおすすめ。もちろんデザイン的には出張などが多く、美意識の高い女性に似合う製品だと思った。

【スペック】
29×241×35mm/138 g(※含ブラシ)
リチウムイオン充電式(充電時間:約12時間)フル充電で約12日間使用可能
本体丸洗い可
最大左右反転数:約10,500回/分 最大上下振動数:約48,000回/分
モード切り替え6種類(クリーン/プロクリーン/やわらかクリーン/ホワイトニング/歯ぐきケア/舌クリーニング)
押し付け防止センサー/過圧コントローラー・ストッパー機能
付属ブラシ2種(やわらか極細毛ブラシ/マルチアクションブラシ)
海外対応電圧:AC100~240V
スマホアプリによるポジション検知機能
スマホ固定ホルダー付
海外充電・スマホ同時充電対応トラベルケース付

 

入手は全国の家電量販店、オンラインショップなどで可能だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 髙水弐徳/Official images

トラックバック