リンレイ『ウルトラハードクリーナー 油汚れ用』ガンコなコンロまわりの油汚れはプロ仕様の強力洗剤でピカピカに!

 

年末が近づくにつれて、ご家庭ではそろそろ大掃除をしないと…と思う方も多いのでは。この時期こそ、ふだんは手が回らない箇所をキレイにしたいと思っても、そういう場所は汚れが溜まって落としにくいというジレンマがある。特にキッチンのコンロまわりはガンコな油汚れがベットリ……。そんなときこそ、リンレイ『ウルトラハードクリーナー 油汚れ用』がおすすめ。あの“プロが認めた”「ウルトラハードクリーナー」シリーズで、諦めていた油汚れも徹底除去できる!

 

プロの現場で培った業務用ノウハウと技術の結集!

レンジまわりは日々の油汚れが落ちにくい…

年末の大掃除では、ふだん掃除が行き届かない場所をキレイにしたいという奥様も多い。しかし掃除の頻度が低い場所は、ふだん使っている洗剤では落とせないガンコな汚れが溜まっている。特にキッチンのコンロまわりや換気扇、グリルなどは蓄積したベトベトの油汚れがベッタリと付いているということも少なくないはず。

リンレイ『ウルトラハードクリーナー 油汚れ用』なら、これ1本でコンロまわりがピカピカになる!

そんなコンロまわりの油汚れをしっかり落とせるのが、株式会社リンレイ(東京都中央区)の『ウルトラハードクリーナー 油汚れ用』(700ml・オープン価格・発売中)。このコーナーでも何度か紹介してきた“プロ仕様”の住宅用強力洗剤「ウルトラハードクリーナー」シリーズだ。

あわせて読みたい:プロも認めた洗浄力! リンレイ『ウルトラハードクリーナー バス用』あきらめていた強烈なお風呂汚れを徹底分解してピカピカに!

あわせて読みたい:リンレイ『ウルトラハードクリーナー トイレ用』あのプロ仕様の強力洗剤からトイレ用が新発売!

あわせて読みたい:70年のノウハウを結集!ケタ外れの洗浄力『ウルトラハードクリーナー ウロコ・水アカ用』を使ってお掃除検証!

 気づいたときには蓄積し、固まって普通の洗剤では落とせなくなってしまうのがコンロまわりの油汚れ。力任せにゴシゴシこすったり、金属タワシなどを使ったりすると、素材を痛めてしまう要因になってしまう。

そんな困った油汚れは、ビルメンテナンスの厳しい現場で70年かけて培われた業務用ノウハウと技術が結集した「ウルトラハードクリーナー 油汚れ用」に徹底除去してもらおう。

この「ウルトラハードクリーナー 油汚れ用」は水酸化ナトリウムと水酸化カリウムという“超強力”なアルカリ剤をダブルで配合。諦めていたドロドロ、ギトギト、カチカチの固着・堆積したガンコな油汚れだけでなく、コゲまで徹底的に除去してくれる。

では、さっそく実際に油汚れを落として実力をチェックしてみたいと思う。

 

スプレーしたそばから油汚れがみるみる落ちていく

魚焼きグリルは使ったあと掃除をしても油汚れやコゲは落としきれない

今回は、魚焼きグリルの油汚れ落としを試してみよう。使用頻度が高く、使ったあとにすぐ掃除をしても、油汚れやコゲが溜まっていき、普通の洗剤では汚れをキレイに落としにくい場所だ。

使い方は簡単。油汚れにシュッと直接スプレーしたら、あとは布かキッチンペーパーなどで拭き取って、じゅうぶん水洗いか水拭きをすればOK。

スプレーした直後には、もう油汚れが落ち始めている

なんと! 魚焼きグリルに「ウルトラハードクリーナー 油汚れ用」をスプレーしたとたん、早くも汚れが落ち始めているのが確認できた。なんという強力さ。

水洗いをすると驚くほどピカピカに

布で拭き取ったあと、水洗いをしたらビックリするほど油汚れが落ちている。実際にビフォー・アフターで比較したら、一目瞭然!

まるで新品のように輝きを取り戻した魚焼きグリル

なお、この「ウルトラハードクリーナー 油汚れ用」は、こんなに強力な洗剤なのに低臭タイプで、しかも除菌まで可能という。だから魚焼きグリルのような、直接口にするものを調理する場所でも安心して使うことができる。このほか、油汚れが気になる換気扇やガスコンロ、シンク、フライヤーなど、これ1本でキッチンまわりの油汚れはすべて落とせるのだ。

 

年末の大掃除はこれ1本で大満足!

リンレイ「ウルトラハードクリーナー 油汚れ用」は、今まで諦めていたガンコなキッチンまわりの油汚れを簡単に落としてくれるスグレモノ。これで年末の大掃除も満足いくものになるに違いない。

 

購入にはリンレイ公式直販サイトやホームセンター、量販店などをチェック!

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

大前田みゆ

大前田みゆ

30代主婦。美容グッズと生活雑貨に興味アリ。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック