マスクがこすれてもメイクが落ちない!?『ビューティヴェール メイクキープスプレー』のキープ力を徹底検証!

乾燥や摩擦による「冬のメイク崩れ」を防げるという

 

冬のメイクをきれいにキープするのは難しい。乾燥した空気によってどんなに保湿をしても時間が経つとファンデーションやアイシャドウが粉っぽくなってしまうからだ。肌をいたわりながら時間がたってもつややかな肌をキープするという『ビューティヴェール メイクキープスプレー』で冬の化粧持ちは変わるのだろうか? 早速検証していこう!

 

北風、エアコン、マスクにマフラー…メイクの天敵に勝てるのか?

メイク後の使用で、ファンデーション・眉毛・アイメイクのもちがよくなるという

冬、肌は過酷な状況にさらされる。空気が乾燥するうえに、マスクやマフラーによって肌に摩擦が加わる頻度が増えるからだ。「マスクにファンデーションがべったり」という経験をした方も少なくないだろう。

株式会社ときわ商会(東京都墨田区)の『ビューティヴェール メイクキープスプレー』(60g・希望小売価格・税抜1300円)は、冬のメイクにうるおいとツヤ感を加えながら崩れにくくなるという。

舞台用のプロメイクからデイリーメイクまで幅広い用途に使うことができ、マスクなどの摩擦によるメイクくずれを防げるそう。

実際に肌にシューッと2秒間スプレーしてみる。

メイク後の肌に2秒間スプレーするだけ

霧のようなミストが肌にやさしく密着。ミストの質はとても重要で、スプレーした瞬間にファンデーションがヨレてしまうなんてこともなく、『ビューティヴェール メイクキープスプレー』のミストは超微細ですぐに肌に密着した。そして、メイクキープ力は、前評判通りで、夕方になってもテカらず、カサつかないという点は優秀。

スキンケア効果のある超微細なミストが肌に密着

コスメマニアの記者は、夏にメイク崩れを防ぐスプレーを2本購入した。いずれも皮脂吸収の効果は高いが、はっきり言って秋冬のツヤ感キープは難しいと感じていた。しかし、『ビューティヴェール メイクキープスプレー』は、この種のスプレーの中ではうるおいとツヤのキープ力が特に優れていた。

 

マスクとの摩擦でもメイクをキープ!

続いて、マスクを用いた検証実験をしてみた。

マフラーやマスクとの摩擦で崩れやすいメイクはスプレー使用でどうなる?

まずは、スプレーなしの場合。マスクを装着して1時間。取り外すと、やはりファンデーションがベッタリ。メイクをする女性にとっては、よくある冬のワンシーンだが、メイクは崩れているし、マスクは汚れているしで一日マスクが外せないなんてことも…。

「スプレーなし」の状態だと、マスクにファンデーションが付着

そして、崩れた部分のメイクを直して、「ビューティヴェール メイクキープスプレー」を使って乾いたら、新しいマスクに変えて再び装着。

「スプレーあり」の場合。ファンデーションの付着量が激減

1時間後、マスクを見たら付着したファンデーションの量が激減!メイクの上に密着したメイクキープヴェールにより、摩擦からメイクを守ってくれるようだ。

 

「ビューティヴェール メイクキープスプレー」は、メイクキープ力が高いので、ケミカル系の成分やポリマーがたっぷり含まれているのかと思いきや、リッチな化粧水のような組成。成分をチェックしたら、温泉水がベースとなり、保湿成分の真珠エキス(加水分解コンキオリン)、皮脂コントロール・肌引き締めの成分(ノイバラ果実エキス)などが配合されている。

温泉水ベースで、スキンケア成分がたっぷり

ファンデーションを塗って、ルースパウダーをはたいたあとのマットな肌にスプレーすると、自然なツヤ感が出て、しかもそのツヤがキープできた。ファンデーションを保湿力の高いクリームタイプに切り替えようと思っていたが、今手持ちのファンデーションとこの商品を合わせることで、冬は余裕で乗り切れるような気がしてきた。

粉っぽさを防ぎ、自然なツヤをキープできる点は優秀

ちなみに、細かいミストのスプレーは、どうしても吹き出し口が詰まりやすいというデメリットがあるのだが、ボタンが詰まった時のために便利な替えボタン2個付きで、とても安心。

『ビューティヴェール メイクキープスプレー』は1本あたり参考価格1300円(税抜)。バラエティショップやドラッグストア、インターネット通販などで販売中。

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック