【1箱500円時代突入】タバコ代激減デバイス「ヴェポライザー」、専門店が選んだおすすめ3機種を検証!

経済的問題で禁煙せざるを得ないかもしれない人へ朗報

 

最近タバコ価格が毎年10月に上がり続けているのは5段階増税の真っ最中だから。2022年に向けて今年10月から毎年上がっていくことは決定済みだ。普通に考えて「もうついていけない!」となるのは当たり前。そして周囲への副流煙で風あたりの強い紙巻きたばこのみならずアイコスグロープルーム・テックという加熱式たばこのカートリッジも対象。そんな中、タバコ代が1/4以下になるという嘘のようなデバイス「ヴェポライザー」が脚光を浴びている!

 

全ての銘柄の紙巻きタバコを分割してアイコス、グロー、プルーム・テックのような加熱式タバコとして味わうことのできる「ヴェポライザー」とは?

かつてタバコは庶民の娯楽・嗜好品だったが、近年の相次ぐ値上げによって次第に贅沢品の地位に昇りつめようとしている。今年10月の値上げでは、昭和の庶民定番・セブンスターが衝撃の500円となるし、アイコス、グロー、プルーム・テックという加熱式タバコのカートリッジもアイコス500円を筆頭に、プルーム・テック490円グロー460円/490円と引き上げ。

ヴェポライザーはこのように通常のたばこ(マールボロ使用)を4分割したサイズが1回分。しかもそれぞれ2回吸える。一番下はその一つを専用スペーサーに入れたところ

 

今後も上がり続けることを考えると、もはや吸い続けることが難しいと判断している人も多いのでは? そんな中、熱い注目を浴び、Amazonのたばこデバイスランキングでもほぼ独走の1位をマークしているのが「WEECKE C-VAPOR3」という製品。これはヴェポライザー というジャンルの製品の一つで、全ての銘柄の紙巻きたばこをアイコス、グローのような加熱式たばこに変えてしまうという魔法のデバイスである。しかも1本のたばこを4〜5分割して吸うことができるので、事実上コストは1/4〜1/5。そんな夢のような話があるのだろうか。

 

 

ヴェポライザーの仕組み〜原理はアイコス、グローなどと同じ。蒸気成分が入ってないだけ

サイズ感はアイコス(写真左端)と大きくは変わらない

 

アイコス、グローは専用のグリセリンなどの白い蒸気を生み出す液体を染み込ませたたばこスティックを使用する。プルーム・テックは本体でグリセリン類の蒸気を出して、たばこカプセルというたばこ葉を細かく粉砕した粉を入れたものを通して、気化したニコチンを吸う。

 

 

ところがたばこ葉というものは、本来多少湿っており、加熱すればほんの少しの蒸気とともにニコチンが気化し、それを吸い込めばたばことして成立するのである。もちろん燃やさないので、タールはほぼ発生しないのはアイコス、グローと同じ。プルーム・テックは30℃クラスの低温なので、それには負けるが、アイコス、グローのような300℃クラスの高温に比べると、大方の機種が160〜230℃程度なので、勝つ(タール量が少ない)。

 

 

欧米ではそもそも医療用に開発され、医療用大麻を気化させて火を使わずにお年寄りから子供まで吸いやすいように作られたものが原型。それがたばこ葉加熱に転用されたものがヴェポライザーとして普及したので、その歴史はそこそこ古い。もちろん20歳以上でたばこ葉を使用するのは100%合法なので、ご心配なく。

エアーを通す網目が底にある「WEECKE FENIX」のチャンバー

 

もちろん今、日本に入ってきているものはたばこ葉を吸うのが大前提。本体内部にチャンバーと呼ばれる炉があり、そこに紙巻きたばこをちぎったものや、手巻きたばこ用の葉を詰めて、加熱して吸う。アイコスはブレードというスティックの芯にさして加熱する方式だが、周囲から温めるグローは機構的にはヴェポライザーである。ただ通常のタバコは穴が細くて入らないし、そういう前提で作られていないので使うのは難しい。

 

 

ヴェポライザーでタバコ代が1/4、1/5に激減すると言われる理由、たばことしての満足度は?

ヴェポライザーを使うのに、一番手軽なのは、好きな紙巻きたばこを買ってきて、一本取り出して、1/4、1/5にちぎって、ヴェポライザーのチャンバー(炉)に詰めて、加熱すればいい。これがたばこ代激減の根拠だ。しかもそのひとかけらは通常、多少味が薄くなってももう一度吸える。アイコスのスティックも葉の部分だけ切って入れれば吸えるが、それだとコスト削減にはならない。

 

 

実際に試してみると、たばこ葉が十分に温まるまで味は控えめだが、1〜2分でかなり強力にニコチンのキックが出てきて、びっくりするはずだ。

 

たばこの香り、自分は感じるが周囲にはほぼわからない

 

それでいてアイコスなどのように蒸気が出るかというと、ほぼ出ない。寒い日の吐息程度の白いものが申し訳程度に出る程度。しかもアイコス、グローなどよりもニオイが少ない。ほぼ煙がないのにたばこ感がしっかりある。記者も最初に体験した時は、狐につままれたように感じたものだ。さらにニオイ、締め切った室内で次から次へと機種を試していたのだが、同室の妻はほぼ気づかなかったレベル。

 

 

味わいは紙巻きたばことは違うし、アイコス、グロー、プルーム・テックともまた違うが、これが実に美味しく感じる。なんというか、たばこ葉の味わいを濃くしてピュアにしたような味わい。焦がさない分、本来の自然の味わいを感じられる。かつて「マールボロ」愛用者がアイコスヒートスティックの「マールボロ」を吸った瞬間に「全然違う」とがっくりと膝を折ったと思うが、紙巻きバージョンとは同じと言わないまでもマールボロ感を感じることができるのがヴェポライザーなのだ。

結構ガツンと来て、びっくり。ほぼ蒸気は見えないのに。ピリピリくるのはニコチンの辛さ。乾燥すればするほど、辛くなる。葉に湿度があったほうが美味しく楽しめる

 

スロートキック(喉への圧)は、アイコスなどと同じようにしっかりある。より強く感じる場合もあるくらい。「なんだ、煙はなくていいんだ」というのが記者のファーストインプレッション。喉にしっかりクル感じがあり、次々吸い込むといわゆるクラっとくる”ニコクラ”も味わうことになる。これはしっかり過ぎるほどたばこである。

 

ただ1回の喫煙時間が短いのが短めなのが玉にきず。およそ正味で3〜4分。それでも連続稼働できる機種もあるので、もう一度起動すればその倍の時間、吸うことができる。

 

 

ヴェポライザーの加熱方式は2種類

ヴェポライザーの加熱方式はおよそ以下の2種類。

 

  1. コンダクション方式……チャンバー(炉)自体を加熱して葉を温める(グローと同じ)。味は少し燻した感じ。機種価格が比較的安価。VAPE的にいうと、口に一旦蒸気をためて吸い込むMTL(マウス・トゥ・ラング/口吸い)向き。
  2. コンベクション方式……熱い空気を通して温める空気対流方式。細かくいうと、空気で加熱しつつ炉自体も熱を持たせるのはセミコンベクション、空気のみで加熱するのはフルコンベクション。フルコンベクションは特に、VAPE爆煙派におなじみの深呼吸のように直接肺に吸い込むDL(ダイレクト・ラング/肺吸い)に向いている。

 

※両方の加熱方式を採用したものもあり、それはハイブリッドと呼ばれる。

 

 

それでは実際に機種を試しながら、その使い心地を検証して行こう。

 

 

初心者にも使いやすいお手頃おすすめ機種を3つ紹介!

今回は日本ではまだ数少ないヴェポライザー専門ショッピングサイト「VAPONAVI/ヴェポナビ」に、売れ筋であり初心者にも向いている3機種を教えてもらったので、順に紹介していこう。ヴェポライザーは奥が深く、高級機種も多数存在するが、まずはここから始めるという入門用にも最適で、しかも実力もある機種ばかりである。

 

WEECKE『C-VAPOR3.0』(ウィーキー シーベイパー3)

スターターキット・50.5×26×118mm/126g・実勢価格 税込約7,980円・発売中・バッテリー容量2300mAh・セラミックチャンバー・コンダクション方式・エアフロー調整可能・160〜230℃・起動20秒・オートシャットオフ4分(連続吸い可能)・液晶表示・カウントダウン機能・付属品 たばこフィルターを差して使えるシリコンマウスピース、クリーニングブラシ、ヒーティングチューブスペーサー、予備メッシュスクリーン×4、日本語説明書

 

目下大ヒットとなっているのがこのWEECKE『C-VAPOR3.0』。日本語説明書もついている、使いやすい機種。その最大の特徴は、連続使用が可能なこと。自動的に4分使用で電源が落ちるが、すかさずもう一度起動して、倍の時間楽しめる(2回以上連続は不可)。

エルゴノミクスデザイン的なフォルムが持ちやすく、上部を外すとチャンバーが見える。レギュラーたばこサイズのヒーティングチューブスペーサーが付いており、そこに紙巻きたばこを差し込んでちぎり、チャンバーに入れて、蓋をして使用できるのが、なんとも手軽。

スペーサーに合わせて、たばこをブチっ

チャンバー内部にスポッと入れる

こんな感じに収まる

チャンバー(炉)を直接加熱するコンダクション方式ならではの、軽くスモーキーな味わいがたばこ感を高める。一度起動してもう一度起動という連続技をメーカーが認めているのが珍しい。1セッション4分×2=8分は、十分な長さ。その後も本体を軽く冷ますことでまた起動できる。

上部パーツをはめ直す

電源ボタンを5回クリックすると起動、ボタン長押しで温度調整、温度が到達すると本体バイブが震える。しばらくするとこのように吸える残り時間のカウントダウンが表示される

堪能。うまい

 

使用後は上部を開けて(使用後は熱いので冷ましてから)、中の葉をスペーサーごとコロッと出す。

出してすぐに触らないように。熱いです

中のたばこを灰皿に捨てればいい。もちろん火はついていないので、安全

このスペーサーは専用のものが別売されているので、それを購入すると、あらかじめタバコをカットして入れておくことができる。

 

 

喫味は、高温にすればするほどキックは強くなるが、キツくなりすぎるかも。通常200℃あたりでニコチンは気化をするので、その辺りで調整する。低いほうがたばこ本来の葉の味わいを感じやすい。

 

 

キツい場合は、吸い口(マウスピース/ドリップチップ)を付属のシリコンマウスピースに交換して、タバコのフィルターを装着することも可能だ。喫味が弱くなるのであまり勧められないが。ちなみにこのドリップチップ口径はVAPEで一般的な510規格なので、VAPE用も流用できる。また、吸うときに気をつけたほうがいいのは、一発目の蒸気が激アツなので、火傷しないようにゆっくり吸うこと。いわゆるクールスモーキング。

 

 

使用していると本体が上部中心に熱くなるが、携帯カイロレベルなので持てないほどではない。

販売ページ

 

 

WEECKE『Fenix』(ウィーキー フェニックス)

スターターキット・111.3mm×56.9mm×28.4mm/134g・実勢価格 税込約9,800円・発売中・バッテリー容量2200mAh・セミコンベクション方式・温度調整4段階(170/180/190/210℃)各ソフトモード/エンハンス(強力)モード切替・LED表示・オートシャットオフ5分・短絡・過充電防止保護回路付・付属品 マウスピース、充電用USBコード、メッシュスクリーン、クリーニングブラシ、ピンセット、日本語取扱説明書ほか

 

カリフォルニアデザインによる、往年のAppleの幻のデザイナブル携帯端末製品(Newton)を彷彿とさせる佇まいの『Fenix』。ヴェポライザー界のもう一つの人気機種。最大の特徴はその大きさ。しかし携帯に不便かというと、実は軽いのでかさばる程度。

マウスピース(写真左端)がクセのある形状。上部ふた(写真中央)と本体(写真右)がマグネットでくっつくようになっているのが使いやすい

 

ムラなく香りと成分を熱風を通す事で抽出できるコンベクション方式(正確にはセミコンベクション)で、チャンバー内が焦げ付かず、クリアな香りを楽しめる。通常たばこもカットして使えるが、一番おすすめなのがコストを爆安にできる手巻きタバコ用の葉(シャグ)の使用だ。

 

 

では今度はシャグを使用して、吸ってみたい。

これが手巻きたばこ用刻みたばことして大きめのたばこ店やドン・キホーテに置いてある「シャグ」。中に大量に刻まれた葉が入っている。写真左から、「チェ メンソール」(25g・550円)、ヴェポライザーに最も合うシャグとして人気の「コルツ グリーンティー」(40g・税込880円)。10月タイミングで同様に値上げされると思うが、20〜60円程度なので、まだまだ安い

 

先ほどは紙巻きたばこをカットして使用したが、今度はシャグの袋を開け、中から葉をちぎるようにひとつまみ。それを本体のチャンバー内に詰め込んでいく。軽く弾力がある程度で、熱い空気が通るように固くなるまで詰め過ぎないのがポイント。

葉をひとかたまりつまんで、小指で押し込む。慣れれば簡単。多少こぼれるけど…

360度回転するマウスピース(吸い口部分/ドリップチップ)が潰れたストロー状なのに驚く。最初は吸いにくいだろう。しかしなれると口内全体に蒸気を満たすことができるので、悪くない。別売のアダプターを使えば、通常の510規格のドリップチップを装着できるようになる。

シャグを詰めたところ

これはコンベクション方式なのでDLに向いているようだが、正確にはチャンバーも同時に温まるセミコンベクションなので、どちらかというとMTL向け。クールスモーキングでゆったり吸うことによって、タバコ葉の本来持つ香りとともにキック感も充分に堪能できる。実に美味しい。たばこの概念が変わるレベル。最初は味が薄いと感じる人もいるかもしれないが、LEDが常時点灯になってもマウスピースの先からフワッと蒸気が出るくらいまで待てば、最初からキック感を感じることができる。

 

ちなみにたばこ葉というものは、乾燥すればするほど辛くなるのが基本。そして早く吸っても辛くなる。いわゆるおじいさんたばこと呼ばれる「わかば」や「エコー」、「ゴールデンバット」などを吸って、その辛さにびっくりした人もいると思うが、そうした老人を観察すると、ゆっくりと吸い込んでいることがわかる。まさに”くゆらす”という感じ。それによっておじいさんたばこも美味しく辛くなく吸えるものなのだ。

 

ヴェポライザーも同じで、急いで吸うと辛くなるし、味は薄くなるしでいい事はない。シャグもまた乾燥したものは辛くて吸いにくい。最初から程よく湿っている「チェ」および「コルツ」シリーズの人気の一因もそうしたところにある。

ダブルクリックでLEDの色が変化。これで温度調整

今まで紙巻きたばこやアイコス、グロー、プルーム・テックしか知らない人は、ヴェポライザーでシャグを吸うと、結構感動するはず。今回紹介した他機種に比べて1分だけ作動時間が長いのも魅力(結構これが大きい)。一度使用したら本体が軽く冷めるまで待てば、もう一度繰り返して味わうことができる。温度が低ければ低いほどたばこ葉の自然の香りを感じることができ、高いとキックが強くなる(強すぎてむせる)。またシャグの詰め方でもキツさや喫味が変わってくるのが面白いところ。

 

 

紙巻きたばこをカットして使用することももちろんできるが、シャグを使うとより様々な銘柄を選べて美味しいし、楽しい。特にこの『Fenix』、慣れるとシャグの袋を持ち歩いてひとつまみを本体チャンバーにセット、吸い終わった後は逆さにして灰皿めがけて振れば、簡単に吸い殻を出せるというスマート喫煙が可能だ。

これが気持ちいい。煙管をコンっとして灰を落とす感覚

その点で記者は喫茶店/カフェなどではこちらの方が扱いやすいと感じている。吸い殻が出にくい機種だと、付属の耳かき状の棒でかき出さなければならない場合があるので、記者はそっちの方が悪目立ちしそうで抵抗がある。実際にカフェでやってみたが、変な目で見られる(気づかれる)ことはなかった。

吸い殻となるのはこうした蒸らされた葉のみなので、自然分解されなくて問題になっているフィルターがない分、地球に優しいか

 

 

販売ページ

 

 

WEECKE『Fenix mini』(ウィーキー フェニックスミニ)

スターターキット・80mm×54mm×25mm/133g・実勢価格 税込約9,800円・発売中・バッテリー容量1600mAh・コンベクション方式・温度調整160-220℃・LED表示カウントダウン付・オートシャットオフ4分・短絡・過充電防止保護回路付・付属品 マウスピース、充電用USBコード、メッシュスクリーン、クリーニングブラシ、ピンセット、取扱説明書(英語)ほか

 

『Fenix mini』は『Fenix』のミニサイズ携帯版という位置付けの名称だが、そのキャラクターは結構違う。最大の相違はマウスピース(吸い口)部分。さながら爆煙タイプのVAPE機種のように大きくがま口状に開口しているのだ。つまり一気に蒸気を大量に吸い込めるということ。タイプとしてはコンベクションタイプ(空気対流式)。フレーバーをより楽しみやすい特徴がある。

吸える状態になるとLEDの色が変わる

とはいえヴェポライザー なので、あまりスピーディーに吸い込むと蒸気が薄くなってしまうのに注意。MTLよりもごく自然にDL(肺吸い)ができるが、むせないように控えめにしよう。日本でのVAPEとは違い、こちらはしっかりニコチンが入っているのだ。

上段が目標温度、下段が到達温度

その中間点として、喉奥に空間を開けて、そこに蒸気をためて、外気と一緒に吸い込むというのもおすすめだ。『Fenix』とほぼ同じ重量なのに、コンパクトサイズな分、ズシッと重く感じる。本体の開け閉めは、マウスピース部分を引く感じで外すとスムーズ。

 

 

喫味は広がりのある味わいで、ヴェポライザーの良いところをしっかり感じることができるが、コンパクトすぎて底部の吸気口を指で塞いでしまいがちなので注意。記者的なマイナス点は名前が同じ『Fenix』なのに、『Fenix mini』は使用後に吸い殻をポンっと取り出すことができにくいところ。最後の最後に爽快感がないのが惜しい。

 

 

販売ページ

 

 

ヴェポライザーあるある〜使用時の注意点

・いきなり勢いよく吸い込んで舌を軽く火傷する

アイコスやグローより低めとはいえ、200℃近い加熱を行うヴェポライザー 。コンダクションタイプは特に、最初のひと吸いが非常に熱い。大火傷はしないけれど、程よくピリピリする。なので一口目はそーっと吸うのが鉄則だ。

・そこら中にたばこ葉のクズが散らばってしまう

慣れないうちはちぎった紙巻きたばこから、手巻きタバコ用のシャグを詰めるときなど、細かい葉っぱがテーブルの上に散らばりがち。何かしら紙を敷いて作業するか、シャグの袋の開けた部分の上で作業がおすすめ。

 

 

・一生懸命スパスパしても味が薄い

これはヴェポライザー ならではの特性で、葉を温める速度の問題。紙巻きたばこに火をつけたときよりも、蒸気を発生させる方が少し遅い。アイコスなども同様だが、加熱式は加熱されるまで待ってからの吸引が基本。10秒間隔がおおよその目安。

 

 

・バッテリーがすぐなくなる

これはもう内蔵しているリチウムイオン電池の問題なので、仕方がない。今回紹介したどの機種も、使用温度や吸いかたに左右されるが、通常は10回行かない程度と考えた方がいい。外で何度も使用するなら、モバイルバッテリーを持ち歩くという手がある。また基本的に急速充電や使用しながらの充電に対応していない。アダプターは5W1Aという非力なもので充電する必要がある。

 

 

アイコスのACアダプターは2Aなので使えないが、プルーム・テックのアダプターは使える。ただ旧規格なので100円ショップでも手に入る。もし現状持っていないなら、モバイルバッテリーやACアダプター(USBハブ)でも、機器によって最適な電圧を選択してくれるものが安心だ。

 

 

・お手入れが面倒くさい

アイコス用クリーニングスティック、もしくは無水エタノールを含ませた綿棒での拭き取りは必要になるが、入り組んだ構造のアイコスよりは掃除しやすい。グローよりはパーツを外したりするぶん、面倒かも。ただアイコス掃除が結構好きという人や、煙管やパイプの手入れ感覚で行うと、これはこれで結構楽しい。

 

 

タバコ代激減策としては現状最強のヴェポライザー 。手巻きタバコ用葉(刻みたばこ/シャグ)を活用すれば、銘柄選び放題、コスパも加速!

ヴェポライザーの入り口として手軽なのは、紙巻きたばこをカットして吸う方法。アイコス・グロー、プルーム・テック移行者なら、まず蒸気不足が違和感だろうが、この場合はカットした紙巻きたばこやシャグを入れるときに、一滴だけVAPE用のリキッドを垂らせば、それなりに蒸気は増える。

ただせっかくヴェポライザーを楽しむなら、手巻きタバコ用葉(刻みたばこ/シャグ)を活用したい。というのも日本に流通しているシャグは、およそ130種類あると言われており、その中では「アメリカンスピリット」や「チェ」、「ブラックデビル」など、紙巻きたばことしても見かける銘柄が数多く存在する。ワクワクしてくるではないか。

 

 

そうしたシャグは25gで550円(約80回分※紙巻きたばこ4箱相当)、「ナチュラルアメリカンスピリットオーガニックブレンド・ターコイズ」でも40gで1,180円程度で手に入る(約130回分※紙巻きたばこ7箱相当。シャグは大きめのたばこ店や、ドン.キホーテなどで入手可能)。40gサイズ平均800円程度を4袋で月額3〜4000円程度で済んでしまう計算だ。ヴェポライザーは、一度詰めて二回吸う人も多いので(味は薄くなる)、その場合はさらにコストは半減する(※シャグも20〜60円程度値上がりすると思うが)。

 

1日1箱の人だと500円×30日=15,000円だとして、機種代が12,000円以内ならひと月でペイしてしまう計算となる。ただいろいろなシャグが試したくなって、結局元の木阿弥にならないよう注意したい。たばこ代を激減し、10月の値上げを気にせずに吸い続けられるスモーカーの強い味方・ヴェポライザー。ぜひこれで楽しい喫煙生活を続けて欲しい。

 

※この記事は非喫煙者に喫煙を推奨するものではありません。さらにたばこなので、タールなどの有害物質は減っていても無害ではなく、体にいいわけではありません。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック