洗濯後の衣類にハンガー跡を残さない!通気性もイイ!『マルチハンガーガード スケルトンカラー』は今こそ欲しい便利グッズ!

せっかく洗濯したのに、衣類の肩口にハンガーの跡がピョコっと・・・そんな経験はもうおしまい! 『マルチハンガーガード スケルトンカラー』があれば、残念なハンガー跡がつきにくくて速乾にも一役買ってくれるという。実際に使ってその便利さを体感してみた!

梅雨&夏こそ欲しい!お洗濯の便利アイテムに注目!

雨の日のお洗濯の悩みは便利グッズでズバッと解決するに限る! というわけで世の中にたくさんあるお洗濯アイテムに注目してみたところ、誰もが一度は体験したことのある「乾かしたらハンガー跡がついてた問題」に着目した人気商品があった。

 

普段お洗濯をしていると、薄手の生地の衣類には「ハンガー跡」がかなりの確率でついてしまう。綿素材や麻素材、ニット系の衣類などは格好の餌食といってもいいくらいだ。肩口をはじめ、強風でハンガーがずれたまま乾いたときなどは背中あたりにピョコっと飛び出た跡がついてしまっていることも。

 

せっかく丁寧に洗濯しても、乾かした後にこんな残念なことになっては手間が増えるだけ。もうこんな悩みはさっさとサヨナラしてしまおう!

 

今回実際に使ってみたのは、主にクリーニング屋さんでもらえるプラスチック製ハンガーや針金ハンガーにカポッとかぶせるだけという「ハンガーのためのカバー」。アーネスト株式会社(新潟県三条市)『マルチハンガーガード スケルトンカラー』(8本セット・希望小売価格 税抜900円)だ。

『マルチハンガーガード スケルトンカラー』は、8本セットと20本セットの2種類あり!

このカバーを手持ちのハンガーにかぶせるだけで、乾かしたときにハンガー跡が残りにくくなるという。

ポップでかわいらしい色合い。気分が明るくなるカラーバリエーションだ。

しかも、衣類の前後がくっつかない幅ができるので、空気の流れが良くなり乾きやすくなるらしい! 室内干しや夜干しが増える今の時期にぴったりのアイテムではないか!

『マルチハンガーガード スケルトンカラー』を実際に使ってみた!

『マルチハンガーガード スケルトンカラー』(以下、マルチハンガーガード)は、8本セット(4色2本ずつ)と20本セット(4色5本ずつ)の2種類がある。淡いパステルカラーはポップな印象で、グリーン、ブルー、ピンク、オレンジの4色がある。

『マルチハンガーガード』が使用できるのは、一般的にクリーニング屋さんでもらえるプレスチック製や針金のハンガー。幅42cm・厚み7mm以下のサイズであれば使用可能だ。

ブーメランのような形をしていて、上部に穴があるのでそこにハンガーの柄の部分通すだけで装着完了! 一瞬で取り付けは終わる。もちろん、取り外しもスポッと抜くだけで簡単。

まずはプラスチック製の黒いハンガーに、『マルチハンガーガード』を装着。内側に溝があるので、相性にもよるがハンガーと『マルチハンガーガード』がずれにくくなる工夫があった。

洗濯直後のTシャツやワイシャツ、ニットなどを『マルチハンガーガード』付きのハンガーにかけていく。『マルチハンガーガード』はポリプロピレンで出来ていて、子供用の割れにくいコップや食器、サプリメントケースなどによくみられる一般的な素材だ。

表面がつるつるとしていて手触りがなめらかなので、ニット系をドライ洗いした後の水分が多い状態でもするっと掛けられた。『マルチハンガーガード』をつけるとその幅のおかげで空気の通りがよくなり、確かに早く乾いた気がする。

室内に干す場合はいろんな場所にかけられるのでこのハンガーは便利。でも跡が残るのは・・・と思っていたが、『マルチハンガーガード』があればその悩みが解決できてとても便利だった!

また、カーディガンやニット類は保存中のハンガー跡も心配。生地が薄い上に伸びやすいこれらの衣類は、『マルチハンガーガード』をつけると、肩口のハンガー跡がつきにくく、しかも型崩れしにくいし、通気性も良さそうだ。

何よりハンガー跡がつくことで発生する「洗い直し」がないのがストレスフリー! 便利グッズというものは、なくても生きてはいけるんだけれど、この快適さは重宝されること間違いなしの優れもの。一度使ったらやめられない便利グッズだと思った。

使用しないときは、重ねてスッキリ収納できるのも魅力。

『マルチハンガーガード スケルトンカラー』は8本セット900円(税抜)、20本セット1,980円(税抜)。公式通販サイト「すまいる雑貨」などで発売中。

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック