ワックスとグリースの良いとこどり!『YANAGIYA ヘアグリース ハイブリッドスタイル<ウルトラハード>』

内容量90g・参考小売価格 税抜850円・2017年9月13日発売

ヘアスタイルをセットする相棒に、ワックスを使うかジェルを使うか。男性にとってのこだわりポイントだが、両方の利点を持ったハイブリットなヘアスタイル剤『YANAGIYA ヘアグリース ハイブリッドスタイル <ウルトラハード>』の魅力をご紹介する。実際にどれだけ思い通りのヘアスタイルをセットできるかも実践してみた。

 

伸びやすい・固めない・落としやすい整髪料!

柳屋本店『YANAGIYA ヘアグリース ハイブリッドスタイル <ウルトラハード>』(内容量90g・参考小売価格 税抜850円・2017年9月13日発売)は、ワックスより伸びやすくセット力も強い、なのにジェルみたいに固めない(再整髪できる!)ハイブリッドな整髪料だ。おまけにツヤ感も出て、洗い落ちも良いというから驚きだ。

ワックスでは満足できず、調合してる人も多いはず・・・

昨今、ワックスだけでは思い通りのスタイリングができないために、2種類以上の整髪料を混ぜて使う人が増えているらしい。日本が誇る整髪料メーカーの老舗・柳屋本店が手掛ける『YAHAGIYAヘアグリース』、ウルトラハードの使い心地をさっそく試してみよう。

 

適量を髪全体になじませてから、セット開始!

さっそくフタを開けてみると、フレッシュフルーティの香りが漂ってくる。

適量を手に取って使用していく。目安は500円玉くらいのかたまり。通常のグリースにワックス(セットキープ成分)が配合されており、ヘアスタイルのアレンジ力もアップしている。

グリースのしっかりとした手触りを感じつつ、手のひらにもすぐ馴染んでいく。

ナチュラルな状態の髪形が、どれくらいしっかりとアレンジできるのだろうか。

まずは髪全体に『YANAGIYA ヘアグリース』を染み込ませて、ベースを作っていく。

そこから細かい部分をセットしていくが、髪が固まらないので柔軟に微調整していける。

毛束ごとに立ち上げ・うねりが自在!

立体的なヘアスタイルが簡単に実現できた。毛髪補修成分が配合されているので、髪へのダメージも抑えられている。

 

再整髪も自由自在!

『YANAGIYAヘアグリース<ウルトラハード>』のスゴいのは、これだけセット力が強いにもかかわらず、再整髪ができること。髪を洗うことなく、そのまま別のヘアスタイルにチャレンジしてみよう。

タイトなスタイルには、クラシックな「コーム」が使いやすい

七三分けやオールバックなど、伝統的な髪形が再注目を集めている昨今。コームを使ってタイトにセットしてみる。

 

ポマードでガッチリと決めすぎることなく、ツヤを活かして爽やかな印象を与えられる『YANAGIYA ヘアグリース』の特徴を活かして、サクッとセット完了。

メガネなどのアイテムと組み合わせて、素早くイメージチェンジ。このように一度セットした髪形も簡単に再整髪できるので、TPOに合わせることも。

 

洗い落ちもバッチリ

キープ力、再整髪、ツヤ感と文句なしのアイテムだが、洗い落ちも良好だった。夜、お湯のシャワーで流せばシャンプーをつけなくても落とすことができた。まさにウルトラ。コレ本当に最強かも。

ところで柳屋のヘアグリースはシリーズがいろいろあるので、今回紹介した最新型が欲しい人は、ピンクのキャップを目印に購入すること。

こっちは固さが魅力の<エクストラハード>だ。

黒い容器は昔から今までロカビリーに愛され続けてるクラシックタイプなので、間違えないように!

これ1つで、固めすぎずツヤのある髪形を簡単にセットできる『YANAGIYA ヘアグリース<ウルトラハード>』。これまでの整髪料に満足できていない男性には、ぜひ手に取ってほしい商品だ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

photo by 竹林 省悟

トラックバック