人気スポーツサポーター『ZAMST(ザムスト)』が何度でも試せる!? 「満足保証トライアルキャンペーン」実施中!

スポーツサポーター売上金額シェアNo.1を誇る『ZAMST(ザムスト)』が、2017年6月30日(金)まで実施している「満足保証トライアルキャンペーン」。店頭で商品を購入してから2週間以内であれば返品が可能なので、自分に一番ピッタリ合うサポーターが見つかるまで、思う存分試すことができるのだ。

 

幅広い部位に対応し、あらゆる体形にもフィットする豊富なサイズ設計

医療メーカーとして整形外科向け製品を40年以上にわたり開発・製造する日本シグマックス株式会社(東京都新宿区)が、1993年に設立したスポーツ向けサポート・ケア製品のブランド『ZAMST(ザムスト)』。野球やサッカー、ゴルフなどスポーツをかじった人ならきっと、その名前を耳にしたことがあるだろう。大抵のスポーツ用品店には、最高峰のサポーターとして『ザムスト』が置いてある。まさにスポーツサポーターのトップブランドなのだ。

 

『ザムスト』はスポーツドクターやトレーナーといった、ケガや障害に関する専門家からの知識やアドバイスを製品の設計に反映し、さらには、各種競技者の生の声も取り入れることで、ケガの予防や再発の予防および、スポーツする際のパフォーマンスを最大限発揮するための手助けとなる製品を生み出している。

 

肩やヒジ、手首、腰、太もも、ヒザ、ふくらはぎ、足首など、幅広い部位に対応するのはもちろん、あらゆる体形にフィットする緻密なサイズ設計が特徴で、同じ部位でも素材、強度、動きのサポート方法などが異なる様々な商品がラインアップされており、その品質や機能性は、トップアスリートをはじめ、スポーツ愛好家から絶大な支持を得ている。

 

普段なかなか手を出しにくかった商品も、満足いくまで何度でもお試しできる!

まずは、スポーツ用品店や専門店などで、欲しかった『ザムスト』を探すところから始めよう。たとえば、腰の痛みが気になる人なら、最近リニューアルされた『ぺルヴィロックダイヤルタイプ』(税抜5,900円)を試してみてはいかがだろうか。ゴルファーには馴染みのあるBoaクロージャーシステムが搭載されており、ダイヤルを回して骨盤をしっかりと固定すれば、前屈・回旋といった動きも思いのままだ。

そのほか、各部位ごとに、ケガの原因や対処方法、サポーターの役割、機能を説明した冊子も用意されているので、そちらを参考にするのもよいだろう。サポート力や付け心地、かさばり具合など、気になるポイントを一つ一つチェックしてみてほしい。

 

今回の「満足保証トライアルキャンペーン」中、もし商品購入後に満足ができなければ、店頭での商品購入日から2週間以内であれば、全額返金の申し込みが可能。つまり最終的に気に入った製品以外の代金は不要というわけだ。「欲しいな…」「でも使ってみたらイメージと違うかな…」なんて迷ってたサポーターを試す、絶好のチャンスなのだ。ただし、インターネットなどの通販で購入した場合はキャンペーンの対象外となるのでご注意を!

 

『ZAMST(ザムスト)』はなぜ、こんなに人気なのか?

記者の知人にもザムスト・ユーザーが居るのだが、彼に言わせると「ザムストは安い」という。他のサポーターに比べて若干高めの価格設定ではあるが、サポート力は最高。洗濯しても伸びたりすることなく、頻繁に使っても2~3年は余裕で持つのだそう。つまり“コスパに優れる”ということだ。たとえば3,500円のサポーターを月2回のゴルフで3年間使ったとしたら、1回あたりのコストは50円以下。トッププロと同じサポーターが、その価格で手に入るのだ。

製品に満足した人に、オリジナルグッズがあたるチャンス!

試してみて、ザムスト商品に満足できたなら、もちろんそれがベスト。今回のキャンペーンでは、満足した人にも、グッズがあたるチャンスが用意されている。twitterなどでザムストの公式アカウントをフォローし、「#ザムストマンゾク」を付けて画像を投稿すれば、抽選でザムストポータブルチェアが50名にプレゼントされるのだ。詳しくはキャンペーン公式ページを参照してほしい。

 

春は新しいスポーツを始めるのに絶好のシーズン。普段なかなか手が出せない商品も、実際に使用してみればその効果が実感できるに違いない。ぜひこの機会に気になる『ZAMST(ザムスト)』を試してみることをおすすめする。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

おためし新商品ナビ

おためし新商品ナビ

2013年4月オープン。商品を実際に使ってみて、写真も撮り下ろすことを基本としています。情報提供はrelease@(アットマーク)shin-shouhin.com まで。

この記者の記事一覧

トラックバック