『サクラスリング』カメラが驚くほど軽く感じられ、そのまま大切なカメラを包み込む画期的ストラップ!

Instagramの流行で爆発的に増えているカメラ女子。スマホで撮っているうちはいいけれど、だんだんこだわりが出てきてデジタル一眼レフなどを手に入れたとしても、重くて持ち運ぶ気がしなくて…という人も多いはず。そんな時に重量分散で軽く感じて、ファッショナブルなこの布製カメラストラップ『サクラスリング』が役に立つはず。

ずっしり重かったはずのカメラがふわっとやさしい重さに変わったのに驚く!

株式会社Sakura Sling project(東京都港区)の『サクラスリング(ウォーターカラー/エメラルド)』(約105〜120cm/耐荷重約2.5kg・希望小売価格 税抜15,984円・発売中)はカメラストラップ。ともするとカメラメーカーのロゴがガツンと入り、革製などでしっかり落下を防いでくれるのはいいけれど、女子にとってはゴツイし肩に食い込むしで、あまり良いイメージがないのでは?


そんな人がこの『サクラスリング(ウォーターカラー/エメラルド)』を使ってみると、きっとびっくりするはず。ストラップ部分はふわっと広がるポリエステル100%の布製。ほとんどのデジタル一眼レフでも十分な約2.5kgの耐荷重を備え、カメラとの接合部は職人手仕上げの日本製真鍮二重リングという落下対策も万全ながら、この『サクラスリング』を取り付けると、カメラが嘘のように軽くなるのだ。


その秘密は、少しでもお母さんの負担を軽くするように開発された抱っこひもに着想を得た構造。確かに落としてはいけないというところでは機能は共通するのかも。ストール風生地を幅広く裁断することにより、カメラの重さを肩の一部から全体へと分散。結果として重さを感じにくいという仕組みだ。また布製なので、汚れたら選択可能なのもいい。


それでは実際に使用して検証してみよう。

 

がっちり取り付けの真鍮リングは安心感を高めるが、着脱はたいへん


布の端はリングを通して折り畳んで縫いつけられ、長さ調節を可能にしている。カメラへの取り付けは、『サクラスリング』に取り付けられた真鍮二重リングを使用する。カメラのストラップ用金具にはめ込むのだが、リングにがっちりはめるタイプで、一旦取り付けると取り外しがしにくい。


グッドデザイン賞など数々の賞を受賞し、ファッション性の高い目立つデザインが多いのが『サクラスリング』なのだが、その日の服装に合わせて付け替えるという使用方法は想定していない模様。


さらに利便性を高めるのが、ポケット。カメラのレンズキャップは失くしやすいし、撮影時には邪魔になるものだが、そうした小物をスッと収められるファスナーポケットが備わっているのは地味に便利。


そして撮影後は、肩から外した『サクラスリング』をカメラにくるくると巻きつけて、カバーの役目まで果たしてしまう。革製ハードケースほどの耐衝撃性はないものの、カバンなどに入れる際なら十分だし、コンパクトに収められて、これは便利。


体型的には華奢で重いものは苦手だが、本格的なデジタル一眼レフカメラを持ち歩きたいという女子ならば、『サクラスリング』は非常に魅力的な製品だと思う。ちなみに記者も男性だが、重いものを持つのは嫌いなので、ぜひ男性に向いたデザインのものもラインナップに加えて欲しいと思った。入手はカメラ量販店や、公式オンラインショップなどで可能。

 

■2017年2月2日追記

と思っていたら、以下の商品の情報が入ってきた。

何と男性用。その名も「CAPAオリジナルストラップ2016 SAKURAカメラスリング – 山岸伸スペシャル -」(税別16,800円※送料無料)。そう、人気カメラ雑誌「CAPA」(学研)による、アイドル写真集などでおなじみの人気カメラマン・山岸伸による一品。なので男性も違和感なく使える。入手は学研公式オンラインショップにて可能だ。

 

オススメ度:(買っても損はない)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

トラックバック