『hakuraの筆ペン』本物の筆を使っているかのように錯覚させる筆ペンを超えたスマホ/タブレット用タッチペン

自由自在に気分は画伯!~デジタル・イラスト編~

もちろん、イラストを描く時にもオススメ。なめらかなタッチと筆圧、またアプリに用意されているブラシを使えば、イメージに近い質感が表現出来る。
記者が使用したアプリは「SketchBook Express」
ダウンロードはこちら→ ipad(iTunes Store) / Android(Google Play)

 

47-13

この筆ペンとタブレット・スマートフォンがあれば、紙とペンは不要。アイデアが閃いたその場で、ササッと描くことが出来る。アプリ上で毛筆を再現するのはペイントソフトなどで普通のことだが、タッチペンがすでに筆というのは何とも新鮮な感覚だ。

47-14

例えば、カフェで食べた美味しいスィーツをメモ代わりにササッと一筆描き風イラストにして、それをSNSやブログで共有できたら小粋ではないか。

 

記者はタブレットではなくスマートフォンを使った検証であったが、いつも持ち歩くスマートフォンにこの筆ペンを加えるだけで、ササッとアイデアを書き留める機会が格段に増えた。ただし、保護フィルムを貼ったままでの検証なので、もしかしたら細かな部分など検知していないのかもしれない。

 

それでもタッチペンとしての反応の鈍さはほとんど感じなかった。これは保護フィルムの厚みによっても変わってくるとのこと。この筆ペンのもつ特殊な導電繊維はタッチパネルとの相性が良いので習字や絵を描くだけでなく、普通の操作やゲームなどにももちろん使える。スマホやタブレットを筆で使うというのはなかなかにシュールではあるけれど…。

 

47-17

欲を言えば、筆ペンの反対側に通常の細いタッチペンとしての機能が欲しい。もちろん筆ペンの滑らかな描き心地は良いのだが、イラストなどを描いている途中で細い線や文字を描きたくなったりもする。その場合はやはり通常のタッチペンの形状の方が描きやすい。

 

実際に、記者は使っている途中で無意識に反対側を使おうとしていた。反対側はタッチペンではないので、画面にタッチしても反応はしない。筆ペンと細いタッチペンが一緒になっていたら、さらに操作性をを増し「これ1本あれば」という商品になりそうな気がするのだが…。

 

47-1

直感的に描きたかったり、アイデアをまとめたかったりする時にオススメ。筆ペンの適度なしなりで思うように描くことが出来る。もちろん、本物の筆とは違うので、多少はこの筆ペンの感覚に慣れることは必要。

 

タブレットであれば画面も大きいので、キャンパスに見立ててよりリアルな描き心地を体感できるだろう。子供達がタブレットを使って、お絵かきを楽しむのにも良いはずだ。

47-6

手を動かすのが好きな人、イラストなどを描くのが好きな人、アイデアを書き留めたりする機会が多い人におススメできるアクセサリーだ。たくさんの紙と色ペンがなくても、アプリを使い、手を動かして、アイデアを形する。『hakuraの筆ペン』があれば、いつでもどこでも自分の思うままに楽しむことが出来る。

 

価格は2.950円(税込)
全国の家電量販店、雑貨文具店、インターネット通販などで購入できる。

公式オンラインショップはこちら

 



 

 

 

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

蘭 よう子

30代女性。地方都市のマンション住まい。商品開発などの経験あり。女性ならではの視点で本当に使えるアイテムを吟味する。千葉県出身。

この記者の記事一覧

トラックバック