『サントリーチューハイ -196℃ 春いちご』はスイーツ好き女子のアルコール初入門にぴったりな甘酸っぱさ!

結果実を粉砕して浸漬する独自製法が特徴の「-196℃」の毎年恒例の限定フレイバー『サントリーチューハイ -196℃ 春いちご』(350ml・希望小売価格 税抜141円・2015年2月24日発売)が今年も春の訪れとともにサントリーから発売となった。『サントリーチューハイ -196℃ 桜さくらんぼ』と同時発売となる。

 

プルタブを開けてグラスに注ぐと広がるのはまさに乙女の大好きな甘酸っぱいストロベリー風味。いちご以外の何物でもないスイートな芳香はかなりのインパクトがある。この手の香りが好きな人ならググっと深呼吸したくなるほどだ。

IMG_8772

グラスの水色はほのかなクリアピンク。ふんわりとした香りに包まれながら口に含んでみると程よい炭酸とともに、またしても広がるいちごフレイバー。
この質の良いいちごの香りは、栃木県「和田農園」で育てられ、スーパーマーケットでも存在感の大きい人気品種「とちおとめ」を使用。確かにその売場周辺の香りとそっくりだ。

IMG_8788

これはやはり甘さを楽しむタイプのアルコール飲料。酒好きというよりは初心者や酒に強くない女子のために作られたスイートで低アルコール(4%)のお酒っぽくないお酒として君臨するタイプのチューハイである。

ただそうしたチューハイ関連は時に甘すぎたり、香りが弱かったりするものだけれど、さすが同社の人気ブランド「ストロングゼロ」シリーズでも取り入れられているマイナス196度製法。とちおとめをまるごと瞬間凍結してパウダー状被粉砕、お酒に漬け込む(浸漬)するという製法は、香りを最大限に出し、自然な甘酸っぱさを生み出すのに大きく貢献している。

IMG_8795

お酒が初めての人のための入門用、お酒は強くないけど飲み会やパーティーの雰囲気は大好きという女子にぴったりのアルコール飲料だと思った。男子がこれを好きというのは少々勇気がいるほど、乙女なフィーリングに溢れるチューハイである。

IMG_8761

 

オススメ度:(良い商品です)
公式サイト:サントリーチューハイ -196℃ 春いちご

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

清水 りょういち

40代男性。得意ジャンルは雑貨、文具、カップ麺。日常生活をちょっと豊かにしてくれるグッズを愛する。東京都杉並区在住。

この記者の記事一覧

トラックバック