シャワーアイテム第2弾!『シャワーもっとこっち向いて!』は、ヘッドを360度曲げるためのお助けグッズ!

ャワータイムをもっと快適にするためのアイテム第2弾! クリタック株式会社『シャワーもっとこっち向いて!』は、可動域の狭いシャワーヘッドを自分の好きなように自由に曲げられる便利なアイテムである。

シャワーもっとこっち向いてIMG_6487

シャワーで自由自在に曲げられるのはホース部分だけ、ヘッドの角度は決まっているから仕方ない、この『シャワーもっとこっち向いて!』を知るまではそう思いこんでいた。が、ホースとヘッドの間にこのアイテムを挟むだけで、上下左右に自由自在にヘッドを動かせるようになるという!

シャワーもっとこっち向いてIMG_6496

使い方は第1弾でご紹介した「シャワーここにくっついて!」とまったく同じで、とても簡単。シャワーのホースとヘッドをくるくる回して取り外し、このアイテムをジョイントとして接続するのみ。

シャワーもっとこっち向いてIMG_6500

ボルトのようになっている方は、ホースに取り付ける。

シャワーもっとこっち向いてIMG_6498

もう一方のくるくる回る方を、ヘッドに取り付ける。ヘッドの大きさなのか、固くて少し手間取ったが1~2分で簡単に取り付けられた。取り付けOKのメーカーは次の通り。TOTO、LIXIL(INAX)、SAN-EI、MIZSEI、KAKUDAI、YUKOの一部製品、ミズタニの一部製品ということ。他のメーカーのものだと、別途市販のアダプターを購入する必要がある。

シャワーもっとこっち向いてIMG_6546

ジョイントを取り付けると、あとは入浴するのみ。シャワーをフックにセッティングしてみると、確かにヘッドが上下左右に360度を動かせる!

シャワーもっとこっち向いてIMG_6552

曲げられる状態は、「ぐりんぐりんまわせる」というわけではなく、「向けたい向きにぐいっと曲げる」というイメージ。最初は動かすのにかなりの力が必要だった。何度も使っているうちにやや柔らかくなり、曲げやすくなってきた。とはいえ、手が濡れた状態や泡がついた状態ではすべって上手に動かせない。オールマイティに活躍というわけではないようだ。シャワーの水圧を考えると固くないとだめなのだろうが、正直なところ動かしにくさを感じた。改良されることに期待。

シャワーもっとこっち向いてIMG_6553

それにしても、360度上下左右にシャワーヘッドが動くのは快適! 今までは”灯台もと暗し状態”だったシャワーヘッドの真下もお湯が流せるし、これなら自分のサジ加減でどんな角度でもシャワーを浴びられる! ひとり暮らしでバス・トイレがセパレートでない人には特にオススメ。シャワーカーテンを使用していると、なるべくお湯が外にこぼれないようにシャワーヘッドはやや壁側に向けて固定したいので、このアイテムを使って気がねせずバスタイムを満喫したい。また、お掃除での湯流しにも便利で、すみずみまで流しやすいと感じた。

シャワーもっとこっち向いてIMG_6555

これは1つあればすごく便利! ただし見た目はどうしてもシャワーと別パーツであることが目立ってしまうので、おうちのシャワーに合わせて素材やカラーが選べれば良かったなと思う。
『シャワーもっとこっち向いて!』はオープン価格だが1つ1000円前後で発売中。全国のホームセンター、雑貨ショップ、オンラインショッピングなどで購入可能。


次回はシャワーアイテム第3弾『シャワーちょっと止まって!』をご紹介!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック