ミルキーの炭酸飲料だとっ!? 『ミルキースカッシュ』新発売!ふわっと練乳香るマイルドなジュースだった!

ルキーといえば、不二家の代表的なソフトキャンディ。練乳たっぷりの優しい甘さで、なんと60年以上も日本人を魅了し続けている。そんな愛され上手なミルキーがなんと、爽やかな炭酸ジュース『ミルキースカッシュ』になって新登場! 
販売元はポッカサッポロフード&ビバレッジ株式会社。パッケージにはもちろん人気マスコットキャラクターのペコちゃん。爽やかな白をベースに、ピンクと水色のドットをデザイン。どこか懐かしいレトロな雰囲気を感じる。
ミルキースカッシュIMG_2523

そういえばスカッシュ(Squash)とは何だろう? 単に炭酸飲料だと思っていたが、調べてみると「スカッシュは柑橘系の果汁を甘いソーダ水に入れたジュース」であるとのこと。今回は果汁の代わりにミルキーを使用しているので、厳密にいうと果汁飲料ではないのだろうが、まあ細かいことはいいだろう。単にソーダと言うより、スカッシュの方がミルキーのクラシックな雰囲気にマッチするように思う。

 

ミルキー風味の鍵となる練乳には、北海道産の練乳を使用。さて、ミルキーの濃厚な甘さがスカッシュになるなんて、一体どんな味なのか楽しみだ!

ミルキースカッシュIMG_2527

キャップを開けると、いきなり甘い香りがふんわり。これはまさにミルキー! グラスに注ぐと、真っ白ではない乳白色のドリンクだった。細かい泡がシュワシュワ音を立ててはじけている。おいしそう!

ミルキースカッシュIMG_2530

ひと口いただいてみると、練乳の甘さがまろやか。炭酸のシュワシュワはそれほど強くなく、子供でもゴクゴク飲めるくらい。一般的な乳酸菌飲料よりは甘さが強めだが、炭酸が後味をすっきりさせてくれている。

ミルキースカッシュIMG_2537

冷やして飲んだ方がすっきり感と甘さのバランスがよく、常温で飲むと甘さがすごく押してくる。ポテトチップスなど塩系のお菓子と食べると、『ミルキースカッシュ』の甘さが引き立ってうまい! もちろんそのまま飲んでも美味しいが、大人はカクテルにしたり、焼酎で割ってもおいしいのでオススメ(実証済)。気になるカロリーはというと、1本あたり140kcal。メジャーな炭酸飲料やミルクコーヒーなどに比べると7割くらいのカロリーなので、意外に低めなことが意外だった。

ミルキースカッシュIMG_2534

『ミルキースカッシュ』は参考小売価格140円(税込151円)。10月27日から全国のスーパーやコンビニなどで発売中。ちなみに、炭酸の入っていないバージョン「ミルキードリンク」(200ml紙パック)も昨年から発売されている。炭酸飲料が苦手な方にはそちらがオススメだ。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

椿 景子

椿 景子

30代女性。年間1000点以上の菓子・ドリンク類を試食するスペシャリスト。兵庫県出身、マンション暮らし。

この記者の記事一覧

トラックバック