今年も発売開始。ガーナチョコレートの冬季限定版!洋酒が効いて大人っぽい味のロッテ『ガーナ 生チョコレート』

はチョコレートの季節。気温が低くなることで、チョコレートで最も気をつかう温度管理が楽なのである。もっと簡単に言うと、柔らかいチョコを作っても溶けにくいのが冬。だからメーカー各社は、冬限定で、柔らかいチョコレートをいろいろと出してくるわけだ。

今日ご紹介のロッテ『ガーナ 生チョコレート』も、まさにそうした冬限定の商品。通常のガーナチョコレートの冬季限定版で、今年も11月26日に発売になった。

1

いうまでもないが、生チョコレートというのは、チョコレートに、生クリームや洋酒などを混ぜて柔らかく仕上げたチョコレート加工品である。口当たりが柔らかく、コク深い、まろやかな味わいになるため、生チョコのファンは多く、冬季限定のチョコは人気が出る。

2

この『ガーナ 生チョコレート』は、そんな生チョコレートを普通のチョコレートでコートしたタイプで、ひと箱に9粒入っている。口に入れると、外側のチョコが溶けて、中からソフトな生チョコが溶け出し、口の中に美味しさが広がる。しかもこの生チョコ、意外と洋酒が効いていて、さりげなく大人っぽい仕立てになっている。

3

パッケージもシンプルで、情熱的なレッドを基調にしたデザイン。大人女性ターゲットの商品だろう。9粒入りひと箱標準価格220円。冬の夜、コーヒーでもいれて、ゆっくりといただく。そんな情景が似合いそうなチョコレートだ。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック