いつものノートから、いつでも充電!?『バテリオ』7/12新発売

多くの人がスマホを利用するようになりましたが、その最大の不満点は、バッテリーがすぐになくなること。機能が充実して、アプリが増えれば増えるほど、バッテリーへの負荷が大きくなります。そこでいつでもどこでもスマホの充電ができる、スグレモノが、7/12に発売されます。

1

それがバッテリーを内蔵したノートカバー『バテリオ』。株式会社キングジム(東京・千代田区)から7月12日に発売開始です。見た目は、ただのA5サイズのノートカバーです。厚さや重さもそれほど気になりません。

2

三つ折りのカバーを開いてみても、ただのノートカバーにしか見えません。ペンを差し込めるケースも、大きめで、太めの万年筆でも、余裕を持って差し込む事ができました。A5サイズであれば、ダブルリングタイプのノートでも、無理なくセットして使えます。

3

ところが、クッション性のあるシート1枚めくると、そこには3本のコネクタが現れます。1つは、このノートカバーに内蔵されたバッテリーを充電するためのUSBコネクタ(オス)。内蔵バッテリーは、リチウムイオン電池3.7V2400mAhで、約7時間でフル充電できます。残りの2本のコネクタは、出力用で、MicroUSBと通常のUSB(メス)。これらのコネクタを使えば、気になるスマホの充電を、移動中でも、会議中でも、カバンの中でも、いつでも、どこでも行うことが可能になります。

catch

このキングジムの『バテリオ』。色は、ビジネスシーンにクールになじむ、落ち着いたトーンのレッドとブラックの2色。税込6825円で、7/12より、全国で発売開始されます。ちなみに、『バテリオ』とは、「Battery in Organizer」から取った造語。スケジュール管理の手帳を組み合わせて使うなど、ぜひ、ご自分の使い方をカスタマイズしてみてください。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

渡辺 穣

渡辺 穣

50代男性。元日経トレンディ副編集長。アウトドア好きで、八ヶ岳山麓に暮らす。文具、IT、メカもの、サイエンスものが好き。

この記者の記事一覧

トラックバック