スマートに整理整頓『1冊でも倒れないブックスタンド』があればあのプチストレスから解放される

 

本を取り出す時に隣の本がパタッと倒れてきてしまう…デスク周りや本棚で起こるあのちょっとした悩み。『1冊でも倒れないブックスタンド』はこの悩みを解決してくれる今までにない画期的なアイテム。収納するだけでなく、スマートな整理整頓術にも役に立つので早速チェックしてみよう。

 

ありそうでなかった! 画期的なアイテム登場

本や教科書、DVD、CD、ゲームソフト。きちんと収納はしているけれど、取り出す時にパタッと隣にあるものが倒れてきて、手で押さえて空間バランスを整えたり、別の本を差し込んで倒れないように工夫したり。誰もがそんな経験をしたことがあるのではないだろうか。

 

このプチストレスを解消してくれるのが、ファイルやデスク周り用品などを手がけているLIHIT LAB.(大阪府)のアイデアが詰まった新商品、『1冊でも倒れないブックスタンド』(希望小売価格 税込1,100円・発売中)だ。

隣のモノがパタッと倒れてこないだけでなく、1冊だけでも倒れない。スッと取り出せて、スッと元の場所に戻せるので、本を取り出す時の動作がとにかくスムーズになる。

真横から見たところ。

カラーはインテリアに馴染みやすいオフホワイト。サイズは、幅203×奥行120×高さ122mm。

ストッパー上昇時:最大高さ143mm

1冊でも倒れない秘密は、ブックスタンド本体に付属している23個のストッパー。ストッパーがそれぞれ個別に動く仕組みになっており、これが本の厚みに合わせて上下する。

 

1冊の本もパタッと倒れない

上から見るとこんな感じ。本を差し込む時は、本体の手前側から。いつも本を収納する時のような軽い力で大丈夫。

ストッパーの厚み(8.6mm)より薄いものなど、立てかけるモノの厚みによっては直立しない場合もある。

差し込んだ部分だけのストッパーが上がり、両サイドのストッパーが差し込んだものを倒れないようにする役割をしてくれる。

このままスッと手を離しても、本は倒れない。

底面には滑り止めの足ゴムが4か所ついているので、本を収納する時などの差し込む動作で本体がズズッと動いてしまうのを防いでくれる。

 

取り出しやすくて、戻しやすい

本を保持するために、両端のストッパーは残して使用しよう。

数冊の中から1冊だけを抜き取っても、この部分のストッパーだけが下がるので、隣にある本が倒れてきたり、斜めにズレてしまったりから解放される。このちょっとしたスマートさ、使ってみるととても快適!

本体そのものも軽くて、簡単に移動できる大きさ。本棚やキャビネットの収納にはもちろんのこと、一時的な保管場所として勉強机など小さいスペースでも使いやすいサイズなのもポイント。

 

推奨対応サイズ

  • 文庫サイズ:約105×148mm
  • 新書サイズ:約103×182mm
  • A5(ハードカバー)サイズ:約148×210mm

 

一時的な保管スペースとしても便利

最小対応高さ:120mm(120mm以下はストッパーが十分に当たらないためスタンドできない)

例えば、受験勉強などに。勉強したい科目の教科書や参考書、ファイルなど、その時に必要なものを『1冊でも倒れないブックスタンド』にセッティング。そうすれば机を広く使えるだけでなく、目の前から必要なものをすぐに取り出してチェックできる。

 

参考書などが積み上がらないので、下から引っ張り出してバサッと他のものが落下してしまうようなことも起こらない。

両サイドにジョイントがあるので連結も可能。スペースに合わせて、活用してみて。

 

ハマるこの使いやすさ

今、読んでいる本を並べてみたり、観たいDVDや聴きたいCDを一時的に並べてみたり、ゲームソフトの収納などにも。リビングやダイニング、キッチンカウンターなど、様々なシーンでも役に立つアイテム。

 

『1冊でも倒れないブックスタンド』はAMAZONや文具店などで発売中。

 

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック