糖質制限中も甘いものを楽しめる!? matsukiyo LABのサステナブルロカボラインにラスクとチョコレート2種が新登場!

食物繊維がおなかの調子もサポート

 

美味しく楽しく低糖質ライフをサポートしてくれる、matsukiyo LABのサステナブルロカボライン。このたび『糖質6.4g ラスク シュガーバター』『糖質 5.4g コーヒーチョコ/糖質 7.1g 抹茶チョコ』が新登場だ。これなら糖質制限中でパンやチョコレートを控えている記者でも罪悪感なく食べられそう! 気になる味をさっそくレビューしていこう。

 

新カテゴリーのラスクなどが登場

マツキヨココカラ&カンパニー(東京都)が展開する「matsukiyo LAB(マツキヨラボ)」は、美と健康をサポートするオリジナルヘルスケアブランド。なかでも低糖質×美味しいを両立する「サステナブルロカボライン」が大人気だ。

さっそく2022年9月に追加された待望の新商品をご紹介!

一袋に食物繊維8g以上

『matsukiyo LAB 糖質 6.4g ラスク シュガーバター』(30g・価格 税込162円・発売中)。一般的には糖質の高いパンの、低糖質を実現。小さめサイズ&優しい甘さで、小腹が空いたときにぴったりの一品。

一袋に食物繊維11g以上

チョコレートには2種が追加。ブラックチョコ×コーヒーの『matsukiyo LAB 糖質 5.4g コーヒーチョコ』(36g・価格 税込192円・発売中)と、風味豊かな抹茶の『matsukiyo LAB 糖質 7.1g 抹茶チョコ』(36g・価格 税込192円・発売中)。どちらも低糖質ながら濃厚な味わいが楽しめる。

 

これで本当に低糖質? 美味しくって満足感も◎

さっそくラスクからおためししてみよう! 香ばしいシュガーとバターの香りで、見た目も一般的なラスクと変わらない。

女性ならふた口でちょうどいいサイズ

サクサクッ。この程よい甘さの正体は…クリームチーズのコク! 砂糖がたっぷりまぶされたわけではないのに、噛めば噛むほどにしっかり甘い。こんなに満足感があって、一般的なラスクと比べても(※1)糖質はなんと1/3以下。こりゃすごい。

(※1)1枚(約15g)あたり糖質7.49gで比較

続いてはチョコレートをおためし! サステナブルロカボラインには既存の「ミルクチョコ」があり、今回新フレーバー2つが加わった形だ。

こちらはコーヒーチョコ。同ラインのチョコレートは、低糖質なうえ「イヌリン」という水溶性食物繊維が多く含まれている。美味しくお腹の調子もサポートしてくれるわけだ。

んん…? この味で本当に低糖質なの!?  なめらかな口どけ、ビターでコク深いチョコ、後味まで香る豊かなコーヒーの風味。ただただ美味しいコーヒーチョコだ。

お次は抹茶チョコ。袋を開けただけで贅沢な抹茶の香りがただよう。

ほろ苦さと甘さがちょうど良いバランスでふわり。ねっとりクリーミーな口どけに、思わず目をつむる。この至福の味わいを楽しめるなら、糖質制限も何ら苦ではないかも!

もちろん、既存のミルクチョコも文句なしに美味しい。ロカボチョコなんて言われても分からないほどだ。シンプルなチョコレートが好きな人は、この味からためしてみてもいいかも?

 

美味しく続けられる低糖質ライフを

味に違和感があったり食べごたえが物足りなかったりすると、ロカボスナックも続かないもの。matsukiyo LABのサステナブルロカボラインは、低糖質なのに普通のお菓子と同じように楽しめるのが魅力だ。

 

ダイエット中や糖質制限中でストレスが溜まっている人は、ぜひ気軽に手に取ってみて!

 

商品はマツモトキヨシ、ココカラファインの店舗、または公式オンラインストアで購入できる。

 

公式サイトはこちら

記者

Mugi

ライフスタイル・食・美容・子育てなど、あらゆるジャンルで年間300本以上のレビュー記事やコラムを執筆するフリーライター。薬事法管理者。プライベートでは3人の子育てに奮闘中。

この記者の記事一覧

photo by 尹哲郎

トラックバック