「まじめにおいしいおやつ」シリーズから第4弾! ティータイムや子どものおやつにおすすめ『ごほうびかりんとう』が登場!

こどもにも食べさせたい安心なおやつ

 

家庭で安心して食べることができるおやつを求めている人に。「まじめにおいしいおやつ 」シリーズからポリポリと軽い食感がおいしい『ごほうびかりんとう』をご紹介。厳選した原材料で作られたこだわりの味わいを今日のおやつに取り入れてみよう。

 

食にこだわる、おやつにこだわる

純正食品マルシマ(広島県)は、自然食品やオーガニック食品を取り扱うメーカー。同社の商品基準(食品添加物不使用、 遺伝子組換え原料不使用など)に基づいて製造した「まじめにおいしいおやつ」シリーズは、安心な国産素材を生かしたおいしさを楽しめる。

『ごほうびかりんとう』の温かみのある素朴で親しみやすいパッケージデザインの背景には、日本の伝統文様の「麻の葉」が描かれている。六角形の幾何学文様で表されている「麻の葉」は子どもの健やかな成長への願いが込められたもの。

 

現在までに発売されている「まじめにおいしいおやつ」シリーズは、

  • 第1弾「米粉せんべい きな粉・生姜」
  • 第2弾「国産オーガニック大豆の大豆チョコ/大豆クランチチョコ」(冬季限定)
  • 第3弾「ひねくれきなこ」

そして今回、第4弾として『ごほうびかりんとう』が仲間入りした。

 

食品添加物、保存料、膨張剤などは使っていない

まじめにおいしいおやつ『ごほうびかりんとう』(全3種・希望小売価格 税込378円・発売中)。味わいは「きな粉」「生姜」「しょうゆ」の3種類。チャック付きのパッケージなので、一度に食べきらなくても大丈夫。酸化や劣化がしにくいアルミ包材が使用されているので、おいしさを保ってくれるんだとか。

国産米粉、鹿児島県産粗糖、高知県産糖蜜「ぼか」、国産米油など厳選の原材料を使用。

 

特に高知知県産糖蜜「ぼか」は生産量が少なく、地元でしか出回らない希少な逸品。さとうきびは高知県四万十川の流域で栽培期間中農薬を使用せずに育てられたもの。昔ながらの製法で煮詰め、やさしい甘みの黒蜜糖に仕上がっているらしい。

 

3種の味わいをそれぞれチェック

きな粉

原材料:米粉(米:高知県産)、小麦粉(小麦:国産)、粗糖、卵、米油、有機きな粉、糖蜜

 

1袋(45g)あたり、212kcal。たんぱく質4.5g、脂質6.1g、炭水化物33.9g、食塩相当量0.03g。

甘さ控えめできな粉のやさしい風味を感じる。尾道のきなこ工房で皮ごとまるごとじっくり焙煎した「北海道産有機大豆のきなこ」を使用。

 

細長く短い形が、子どもにも食べやすい。生地は国産米粉と国産小麦粉をブレンド。そして吸油率の低い米油で一度揚げしたあと、オーブンでさらに焼いている。こうすることで余計な油分が飛ぶので、さっくりと軽やかな食感に。

生姜

原材料:米粉(米:高知県産)、小麦粉(小麦:国産)、卵、粗糖、米油、生姜粉末、糖蜜

 

1袋あたり(45g)、熱量208kcal、たんぱく質3.3g、脂質6.3g、炭水化物32.9g、食塩相当量0.03g

生産量全国1位の高知県産しょうがを使用。生姜の香りとピリッとした風味が口に広がる。香り高くしょうがをしっかりと感じる一品。

しょうゆ

原材料:米粉(米:高知県産)、小麦粉(小麦:国産)、卵、醤油、粗糖、米油、糖蜜

 

1袋(45g)あたり、熱量198kcal、たんぱく質3.6g、脂質6.3g、炭水化物29.9g、食塩相当量0.72g

昔ながらの杉桶仕込みの天然醸造醤油を使用。まろやかで甘めのしょうゆの味わいが後を引く。

 

ポリポリ、おいしい!

3種とも、やや硬めでポリポリとした食感。噛みしめるたびに、素材なおいしさが口に広がる。全体的に甘さは控えめで、人工的な甘ったるさがないのがいいところ。

 

「まじめにおいしい」おやつを取り入れよう

こだわりの素材で作られているので、子どもたちのおやつやお茶請けにぴったり。やや硬めな食感は、スナック感覚でお酒のおつまみにもおすすめだ。原材料を見れば、とてもシンプルな素材のみで作られているのが分かる。まじめにおいしいおやつ『 ごほうびかりんとう』は公式オンラインショップや自然食品取扱店などで発売中。

 

あわせて読みたい:オーガニック素材にこだわった素朴なおやつ『ひねくれきなこ』をおうちカフェに

あわせて読みたい:おやつもオーガニックにこだわりたい『国産オーガニック大豆の大豆チョコ/大豆クランチチョコ』は冬季限定の味わい

あわせて読みたい:マルシマの「まじめにおいしい」おやつシリーズ第1弾! 選りすぐりの原材料を使用した『米粉せんべい きな粉・生姜』が仲良くそろって新登場!

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック