驚きの甘さはお芋好きさん必見『<クールフーズHANA>冷凍焼き芋 2本入り×4パック』で紅はるかの蜜の味わいを堪能しよう

おうちで上質な天然スイーツを味わおう!

 

焼き芋にすると糖度が50度以上になる紅はるか。その焼き芋を独自の技術で冷凍した『<クールフーズHANA>冷凍焼き芋 2本入り×4パック』をご紹介。しっとりとしたなめらかさと、溢れ出すその蜜のおいしさにきっと驚くはず。

 

Northmall(ノース・モール)でお買い物

ノース・モール(東京都)は、北欧の暮らしをヒントに、多彩なラインアップでライフスタイルへの提案をするオンラインショップ「Northmall(ノース・モール)」を運営している。日本や海外のブランドから、雑貨、ファッションアイテム、食品、日用品、食器、アウトドア用品など、常時1万アイテム以上の商品を取り扱う。そんな通販サイト「Northmall(ノース・モール)」より、今回ご紹介するのはおいしい冷凍焼き芋。

『<クールフーズHANA>冷凍焼き芋 2本入り×4パック』(希望小売価格 税込3,491円・発売中)

箱を手にするとずっしりとした重さ。独自の「焼き」と「冷凍」ノウハウで焼き芋のおいしさを閉じ込めているのだとか。

 

焼き芋のおいしさを瞬間冷凍

電子レンジ専用商品。オーブン、トースター、湯煎での加熱は不可。

中には2本ずつ真空パックされた焼き芋が4袋入っている。大きさには少しバラつきがあるが、基本的には2本入り。

焼き芋が小ぶりの場合は、1袋に3本入っている場合もある。

冷凍庫から出したら、電子レンジで温めるだけ。袋には蒸気口があるので、こちら側を上にして加熱しよう。

 

大きさや太さにより加熱時間は変えてみて

蒸気口がある方を上にして電子レンジへ。

大きさがそれぞれ違うからか、加熱時間の目安やワット数の記載はない。冷凍庫から取り出すとカチカチに凍っているので、太さにより加熱時間を調節していこう。まずは600wで5分加熱してみる。加熱中は袋が膨らみ、ポンと蒸気の抜ける音がして自然に蒸気が抜けていく。

今回加熱した袋には、大きく太さのあるものと小さめで細いものが入っていた。5分加熱してみると、小さめのものはしっかり熱々に、大きいものはまだ冷たさが残っていた。そこで一旦袋を開け、小さめのものを取り出し、大きいものだけで追加加熱することにした。

 

600wでさらに3分ほど加熱してみると、熱々の状態になった。袋の中に入っている大きさや形、使っている電子レンジの機種にもよるので、このあたりは自分で加熱時間を調節していこう。

 

糖度50度以上! 大分県産紅はるかの焼き芋は絶品

しっかりと温まると、部屋中が焼き芋の甘い香りに包まれる。さつまいもは、大分県産の紅はるかを使用。紅はるかは、まさに天然のスイーツとも呼べる品種で色も形も美しい。収穫後はまだ糖度が低いが、温度管理をした貯蔵庫で2~3週間寝かせることでさつまいもの甘みが増す。

 

あふれ出す甘い蜜

お皿に取り出した時点で蜜がかなり手についたのだが、カットしてみてさらにびっくり。蜜がじゅわっとあふれ出し、お皿に流れだしている。

蜜が手に付くとかなりベタベタしてしまうので、持つ時はペーパーやアルミホイルで包んで食べるのがおすすめ。

スプーンですくいながら頂いてみよう。力を入れなくても、スッとスプーンが入っていく。紅はるかは水分を多く含むのでしっとりなめらか。

 

天然の甘さに驚きを隠せない!

 舌で潰せてしまうくらいやわらかくなめらかで、まるで和菓子のようなとろける甘さ。さつま芋だけでこんなに甘いなんてとさらに驚く。しっとり、ねっとり、クリームのような食感。繊維感も少なめで食べやすい。このままで芋ようかんのような、そんなおいしさだ。

電子レンジで加熱するだけで、上質な天然スイーツ。冷凍だからこそできるこのおいしさはお芋好きさん必見。蜜の甘さとなめらかさをぜひ堪能してみて。

購入はノース・モール公式サイトより。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載なども多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭 よう子

トラックバック