【芳香消臭剤】ほのかに香る『ハーバリウムフレグランスビーズ』全5種比較

コスパも良い!

 

お家をおしゃれに演出するインテリア「ハーバリウム」と、空間を快適にする消臭芳香剤がひとつになった!? 『ハーバリウムフレグランスビーズ』の気になる香りと見た目を全5種取りそろえたので、おためししてみたい。

 

「ハーバリウム」のようなお部屋の消臭芳香剤

「ハーバリウム」は、プリザーブドフラワーなどをガラスの容器に入れ、オイル漬けにした人気のインテリア雑貨。そんな見た目のお部屋の空間芳香剤が、KOKUBO/小久保工業所(和歌山県)『ハーバリウムフレグランスビーズ』(200g/5×16.3cm・参考価格  税込各214円・2021年11月1日発売)だ。

 

一見おしゃれなハーバリウムの見た目ながら、実は芳香消臭剤という機能的な日用雑貨。フローラル柄のフィルムをあしらい、円柱形のプラスチックボトルに、透明とカラーが混ざった香り付き消臭ビーズを詰め込んでいる。

 

透明感があってきれい

同商品は直径約5cmのスリムボトルで、手に取ると軽く、狭いスペースや小さな棚に置いてもさりげない。また、窓辺など明るい場所に置くと、透明感があってきれいだ。

 

使い方は、フタをはずしてアルミシールをはがし、再びフタを閉めて安定した好きな場所に置くだけ。ラインアップは全部で5種類。試していこう。

 

『ハーバリウムフレグランスビーズ ローズ・ボヌール』

気持ちが華やぐ香りと色

香りの名前は、花の香り+イメージのフランス語などを混ぜて名付けたそうで「ローズ+ボヌール=幸せ」を意味する。

 

赤い花をベースに薔薇のデザインに、赤と紫のビーズ入り。よく見ると粒がわかるが、パッと見はジェルやオイルのように見え、芳香消臭剤とは気が付きにくい。

 

ローズのゴージャスで優雅な香り…! 邪魔にならないサイズなので、小スペースに雑貨として置いてもおしゃれ。香りもきつすぎないので、不快感がない。香水を好まない人でも使いやすそう。

 

『ハーバリウムフレグランスビーズ ラベンダー・レーヴ』

香りの名前は「夢」

幻想的な気分になれる香りと色。

 

紫の花をベースにラベンダーのがあしらわれていて、紫と水色のビーズ入り。名前の通り、夢のような幻想的な雰囲気。

 

ラベンダーのハーブが混ざったような爽やかで、すっと引き締まるような香り。それでいて柔らかくフローラルなので、玄関などをスッキリ消臭してくれそう。

 

『ハーバリウムフレグランスビーズ ブーケ・コンシアンス』

香りの名前は「良心」

やさしい気持ちになれる香りと色。

 

ピンクや白、オレンジの花を入り混ぜたブーケ調のデザインで、ピンクとオレンジのビーズ入りだ。柔らかいカラーで、可愛らしい。

 

甘くロマンティックな香り!まるで本物のブーケのよう。廊下などの小さなスペースに、さりげなく飾れば華やかな香りに癒される。

 

『ハーバリウムフレグランスビーズ シトラス・プレジール』

香りの名前は「歓喜」

ハッピーになれる香りと色。

黄色の花や柑橘を盛り込んだデザインに、濃い橙色と黄色のビーズ入り。明るくて、見ているだけで元気になるカラー!

 

柑橘のスッキリする香り。オレンジを搾ったようなフレッシュな香りは、かぐだけで元気になる。洗面台など、朝晩使う場所に置けばリフレッシュにもなるのでおすすめ。

 

『ハーバリウムフレグランスビーズ アクア・レゾン』

香りの名前は「理性」

シャキッとする香りと色。

 

桔梗など青い花がベースのデザインに、水色とブルーのビーズ入り。ビーズが水滴か空気の球にも見え、まるで水中に咲いた花畑のよう。

 

水の清涼感を感じる、瓜のようなスッキリとした香り。トイレなど水回りに置くと、浄化してくれそうな清潔感がある。

 

いづれの5種もおしゃれな見た目と個性ある香りで、好みに合うものが見つかりそう。効果は約2~3カ月で、玄関やリビング、階段、洗面所やデスクなど、置き場所は自由。そう考えると、かなりコスパも良い。インテリアにこだわる人や、ハーバリウムに興味がある人にも良さそう。

 

KOKUBOオンラインショップや量販店などで販売中。

 

あわせて読みたい:もう訪問客が眉をしかめない! 『ファブリーズ W消臭 玄関用消臭剤』の実力は?

あわせて読みたい:【2021年最新版】現在人気の置き型『消臭・芳香剤』4種を徹底比較レビュー!

公式サイトはこちら

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック