【KF94 規格】高機能マスク『3M ウイルス飛沫対策マスク』はフック式で耳痛知らず!

安心感あり!

 

世界有数の化学企業であり、文具から医療マスクまで幅広い製造実績があるスリーエムから、高機能家庭用マスク『3M ウイルス飛沫対策マスク』が登場。KF94 規格で高いフィルター性能を持つ、自分を守るための家庭用マスクとのことなので、実際に使ってみた。

 

サイエンスカンパニーが放つ、KF94 規格のフィルター性能

世界70カ国で事業展開するスリーエムは、医療・産業分野のマスクの製造に定評のあるメーカーだ。

カラーは白と黒の2色

その技術から製造されたスリーエム ジャパン『3M ウイルス飛沫対策マスク』(200×160mm/1枚入・希望小売価格 税込250円・2021年4月1日発売 白と黒2色展開)は、「自分を守る」家庭用マスク。

特に重要なフィルター性能はKF94 規格高く、高性能静電フィルター技術により、微細な粒子をしっかりカット。よく耳にするであろう「KF94」規格とは、韓国の国家機関MFDS(食品医薬品安全処)が補修効率94% 以上のマスクに設定する規格のことだ。

対象部分を見ると、日々生活する上で、少しでもカットできるものならしたい”風邪・花粉・PM2.5″とある。では実際に着用してみよう。

 

『3M ウイルス飛沫対策マスク』ならメガネだってくもらない!

手に取ると、硬くバリッとした感触

埋め込み式ノーズフィッターで、鼻周りのフィット感を向上させている。使い捨てとは思えないほど、かなりしっかりとした造りだ。

 

高性能フィルター

マスクを押し広げて鼻に合わせて装着する。

顎や頬に隙間なくぴったりとフィットした。

 

 

さらにフィット感を高めるフック付きの耳ひもを、頭の後ろに持っていき

 

フックで固定。

 

鼻の部分をしっかり押さえて形を整える。

 

ものすごいフィット感…!普段眼鏡をかけている記者。マスク着用時には曇って煩わしいことが多い。しかしこのマスクは全く曇らない。息が漏れることなくぴったりと覆っている。

 

口周りには空間があり、息がしやすいばかりか、ムレて湿気ったマスクが張り付く不快感もない!

 

そのまま公共交通機関で、会社へ向かう。通勤ラッシュの電車は、ぎゅうぎゅう詰めで満員だ。この状況で隙間のあるマスクでは不安になるが、鼻や目の下までしっかりと感じるフィット感に安心する。

浮きやすい鼻部分もしっかりフィット

白はこんな感じ

 

そのまま階段の昇降や軽い駆け足をして息が上がっても、しっかりと固定されたマスクはズレもなく、息の漏れもない。しっかり覆われている…!

 

口周りに空間があるので、呼吸をしても楽でムレが少ない。密着している顎や頬の部分はややムレを感じるものの、不快なほどではない。長時間つけていても、いつもより呼吸が苦しくなることが少なかった。

悪目立ちしないブランドマーク

毎日使うにはややお高めだが、仕事などでどうしても人の多い場所へ行かなくてはならない時もある。安心を買うのなら、この高機能は確かに自分を守るマスクとして、取り入れたいアイテムだった!

 

『3M ウイルス飛沫対策マスク』(3枚入り・希望小売価格 税込657円もあり)の購入は、オンラインショップやドラッグストアなどから。

 

あわせて読みたい: 抗ウイルス機能繊維の布マスクは、メイクも付きにくい! 『クレンゼマスク』をおためし

あわせて読みたい: 【除菌ウェット】信頼の定番除菌シート『イータック抗菌化ウエットシート/同 アルコールタイプ』【使い比べ】

あわせて読みたい: 【マスク】感触最高、口元空間確保に高性能フィルターの新『エアリズムマスク』を検証【むれにくい】

あわせて読みたい: 【マスクの種類】『コロナ時代のマスクの選び方』不織布、布、ポリウレタンの3種それぞれの特徴まとめ 新PITTA MASK(ピッタ・マスク)、ひやマスクほか

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

玉恵

造形デザイン・カメラマンを経てライターに転身。ライター歴7年。好奇心旺盛でとにかく食いしん坊。北海道のド田舎出身。

この記者の記事一覧

photo by TAKE/Official images

トラックバック