たこの旨みをバリバリ堪能『仙台名物 三陸たこせん』がリニューアル! 躍動感あふれる新パッケージに刮目せよ!!

 

三陸産のたこをたっぷりと練り込んだ『仙台名物 三陸たこせん』が、リニューアルして新発売。新しくなったパッケージデザインだけでなく、表面に塗られた甘辛タレとたこ本来の旨みがマッチする、こだわりの味を徹底レポートしていこう!

 

新たなパッケージは“せんべい職人・八郎の唄”にご注目!?

1970年の創業以来、いかせんべい・たこせんべい・えびせんべいの製造販売を行うスギ製菓株式会社(愛知県碧南市)を親会社にもつ、海鮮せんべい塩竈(宮城県塩竈市)の「三陸たこせんべい」が、より親しみやすい『仙台名物 三陸たこせん』(2枚×6袋入・税込み594円・発売中)へとリニューアル! 新しくなったパッケージデザインは、今にも踊り出しそうな躍動感たっぷりのたこが印象的だ。

ちなみに、パッケージに書かれた“せんべい職人・八郎の唄”は、スギ製菓の会長をイメージして社員が創作したそう。それだけで、アットホームな同社の雰囲気と、「たこせんを楽しく食べてほしい」というあたたかな願いが伝わってくる。

三陸産のたこを細かく刻んで生地に練り込んだ『仙台名物 三陸たこせん』は、焼いた後に揚げることで、さらにコクが感じられる仕上がりに!

また、昆布と椎茸も加えることで、出汁のような旨味をプラス。塩竈の藻塩を使い、海産物の美味しさを引き立てているという。

 

たっぷりのたこ×秘伝の甘辛タレ! おいしくないワケがない!!

パッケージの中には個包装が6袋入っており、たこせんが各2枚入り。

1枚取り出してみると、刻んだたこがびっしりと練り込まれているのがよくわかる。

パリッといただくと、本当にどこを噛んでもたこ、たこ、たこ…!! それゆえ、噛めば噛むほどたこ本来の旨みが感じられる。これは美味い!

厚みがあるので、サクサクというよりは、バリバリ食べる感覚で、豪快にどんどん食べ進めてしまう。

 

表面の照りは、親会社の創業当時からおよそ50年以上も変わらない秘伝の甘辛タレ。口に入れた瞬間に広がる甘さと、たこの風味、そこにピリッとした辛みがアクセントになって、ひと口食べたら抜け出せない。

ちなみに我が家では、子どもたちが『仙台名物 三陸たこせん』にドハマリ。記者が試す前にすべて食べられてしまいそうになり、慌てて阻止したという裏話も…。

とはいえ、子どものお菓子専用ということは全くなく、もちろん大人のおやつやおつまみにも最適!

老若男女クセになる『仙台名物 三陸たこせん』は、「海鮮せんべい塩竈」の直営店やオンラインショップ、東北地方のおみやげ店などで発売中。たこせん好きの方には、是非とも一度味わってみてほしい。

なお2021年3月には、8月8日「三陸たこせんの日」として一般社団法人日本記念日協会にて記念日認定。「記念日に向けてイベントも企画中」とのことなので、そちらもお楽しみに!

商品は海鮮せんべい塩竈のオンラインショップでも購入できる。

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

中村あさか

小学生と幼稚園の息子を持つ30代。埼玉県の戸建て住まい。編集&ライター歴7年。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック