『カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質/同 シーフードヌードル』のおいしさにマッチョもダイエット民も大喜び!【ハイプロテイン謎肉】

プロと言われても…

 

健康意識の高い人々の間でブームを呼んでいる”高たんぱく”食品。その流れにカップ麺人気の絶対王者「カップヌードル」も参戦だ。1食たんぱく質15g、糖質50%カット『カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質/同 シーフードヌードル』は、本当においしさそのままなのか、確認!

 

人間の体はたんぱく質でできている! より健康的な毎日のために食べたい『カップヌードルPRO』

「カップヌードル ライト」「カップヌードル ナイス→コッテリーナイス」と、これまで幾度となく挑戦を続けてきた太りにくい「カップヌードル」、その最新作が日清食品『カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質/同 シーフードヌードル』(74gうち麺60g/78gうち麺60g・希望小売価格 税込227円・2021年4月5日発売)だ。


記者も体重に問題を抱えているので、いつも糖質オフカップ麺は、必ずためすことにしている。今回の「プロ」前段階の「カップヌードル コッテリーナイス」ではかなり味を改善しており、一つの到達点と感じていた。

 

 

ところがここに来て、プロ。何のプロかは不明だが、それだけ力が入っているということだろう。

 

 

『カップヌードルPRO』どれだけ気づかれずに食物繊維を増やすかが勝負だった糖質オフカップ麺界に高たんぱく質で殴り込み!

ちなみに従来の糖質オフカップ麺は、各社、スープや麺に食物繊維を、どれだけ不自然さを感じることなく追加できるかの競争をしていた。糖質は基本的に炭水化物量-食物繊維の公式で求められるので、入れれば入れるほど糖質は少なくなっていくからだ。

 

食物繊維(難消化性デキストリンなど)は、一般的に無味無臭と言われており、糖質オフ系清涼飲料水にも数多く使われている。だが記者は無臭はともかく無味は言い過ぎだと思う。少しいがらっぽい感覚は感じるし、スープに入るとわずかに泡だってとろみが出るからだ。


そこで日清食品がプロ化にあたって投入したのが、肉だ。タンパク源としておなじみの肉は、糖質制限の世界ではほぼノーカウントである。なので肉の割合を増やせば増やすほど、全体の糖質の割合は減っていくのだ。

 

ちなみに近年はカロリー制限よりも糖質制限ダイエットが主流になっているので、カロリーは意識しなくても良いと思う。

 

 

ハイプロテイン謎肉のインパクト大のチャーシュー麺感がすごい!
『カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質』

「コッテリーナイス(濃厚!ポークしょうゆ)」の糖質量は17.8gでたんぱく質量は9.4gだった。『PRO』は糖質量15.3gでたんぱく質量15.2gである。

ちなみにオリジナル(右端)の糖質量(炭水化物)は 44.5g。つまり半分以下!

湯入れ3分を経てできあがると、見た目はかなりオリジナル「カップヌードル」に近い、というかもっと豪勢な印象。

具材がギチギチ

中でもたんぱく質の柱となるハイプロテイン謎肉(味付豚ミンチ)の脂感のしっかりある肉々しさがすごい。


他にもミンチポーク (味付豚肉)、スクランブルエッグ、エビ、ネギと、かなり贅沢だ。「コッテリーナイス」のようにたまご感が強かったりはせず、糖質は24.8gと高いがその分おいしい「カップヌードル ライト」に近い印象だ。


スープはいくぶんあっさりしているがあきらかにオリジナルと同路線のペッパー感のある醤油味。麺はワキワキとした巻きの大きい縮れ方でつるみが少し落ちるが、低糖質三層フライ製法(麺の内側に食物繊維を練り込んで違和感を直接感じにくくする方式)で、違和感をかなり低減している。


実際にスープと麺を合わせて食べると、気がつかない人もいるかもしれないレベル。細かく言えば小麦粉特有の風味が違うが、糖質半減で8割くらいのおいしさに到達しているのはすごいと思う。スープも食物繊維特有のブクブク感を感じなかったのに驚いた。

ちょっと惜しい気もする…
『カップヌードルPRO 高たんぱく&低糖質 シーフードヌードル』

「コッテリーナイス」でもかなりおいしかった「シーフード」。さて『PRO』はどうか。見た目は具材(イカ、カニ風味かまぼこ、スクランブルエッグ、キャベツ、ネギ)がたくさんで、贅沢な印象。海鮮の濃いめのダシが濃厚なスープはおいしいけれど、ちょっとあっさり。オリジナル「シーフード」の絶妙のバランスが少し崩れてしまっている印象だ。


麺に関しては、小麦粉の風味は落ちるが、普通においしい。ただたんぱく質担当がイカ、カニ風味かまぼこということで、少しインパクトは落ちるかも。たんぱく質量は15.2gで、糖質量は18.2g。

どちらも違和感の低減ぶりが半端ない。ジャンルは違うが、試行錯誤を繰り返しながら「コカ・コーラ」よりもある意味すっきり飲みやすいという次元にまで到達した「コカ・コーラ ゼロ」と近い感動があった。

 

入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

あわせて読みたい:糖質半減でもかなり旨い! ナイス進化系『カップヌードル コッテリーナイス 濃厚! ポークしょうゆ/クリーミーシーフード/キムチ豚骨』3種を食べ比べ

あわせて読みたい:定番人気「わかめラーメン」を麺抜きで!? 『わかめラー まさかの麺なし ごま・しょうゆ』で在宅太り解消【糖質制限】

あわせて読みたい: またまた進化した糖質オフカップ麺『明星 ローカーボNOODLES 鶏がら醤油/野菜タンメン』はうまくなった!?【カップ麺ダイエット】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by TAKE

トラックバック