【おうちでくさウマ】『松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル』を本家と食べ比べ!

とてつもなく臭いけどおいしい!

 

濃厚なたっぷりチーズに鶏肉とさつまいも、そして強烈なにんにく! 2020年1月より期間限定発売したあの味が松屋に帰ってきたとほぼ同時に、『松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル』が登場!

 

「第2回松屋復刻メニュー総選挙」第1位! にんにくとチーズとゴロゴロ鶏肉が織りなすすごい味「シュクメルリ鍋」

牛丼・定食チェーン大手・松屋にて、2020年1月より期間限定発売して、その強烈パンチなにんにく感とドロッとチーズ、ゴロゴロ鶏肉で人気を博した「シュクメルリ鍋」が、2021年1月19日より復刻。


というのも2020年6月末に行われた「第2回松屋復刻メニュー総選挙」にて堂々の第1位を記録したから。そしてその帰還記念に誕生したのが、日清食品『松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル』(100gうち麺70g・希望小売価格 税抜228円・2021年1月18日発売)だ。


その前に、そもそもシュクメルリって何? という人のために説明すると、南コーカサスにあるもともとソビエト連邦に属していた共和制国家・ジョージア(グルジア)の郷土料理である。

 

“世界1にんにくをおいしく食べるための料理”として名高いシュクメルリは、鶏肉をガーリックソースで煮込んだシチューである。そこにたっぷりのチーズをかけて、さらにさつまいもをかけて完成させたのが、松屋の「シュクメルリ鍋」だ。

 

今回は実際に松屋に足を運んで、ベースとなっている「シュクメルリ鍋」を食べてきた。店に入った時にはすでに食べた人がいたようで、普段の松屋とは違う強烈なにんにく臭がする。


そして出てきた「シュクメルリ鍋定食」は、鍋メニューとしてグツグツしながら登場。どろどろのチーズがかなりインパクトあり。地獄のように熱そうだったが、食べてみたら本当に熱い。油断したらやけどするレベルだ。

 

まろやかにとろけたチーズに入っているたっぷりの鶏肉。さつまいもはどうなのかと思っていたが、食べたらおいしかった。ホワイトシチューなのだけれど、にんにくインパクトが強烈すぎて、違う世界を見せてくれる。

 

ご飯と相性ぴったりで、進む。なるほど、これはうまい、クセになるかも。

別皿で提供される増量チーズ

『松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル』の蓋裏にはチーズを増量してくれるQRコードがついている。

 

 

では、いざ『松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル』に挑戦

ホワイトソースをベースにしたとろみのあるスープは、確かにシチュー感があるのだが、やはりにんにくパンチがものすごい。すりおろしにんにくのようなビリビリ感のある強烈なガーリックが目に染みる。


ツルツルの油揚げ麺を、かやくの謎肉系鶏肉(味付鶏ミンチ)がコロコロ、、キャベツ、チーズ風油脂加工品、にんじんとともに食べるとシャープなガーリックシチューヌードルの完成だ。


本家のドロドロには及ばないが、にんにくファンにとっては十分な臭さがあり、旨味たっぷりで、これはこれでとてもおいしい。「シュクメルリ鍋定食」は帰り道のマスク内が猛烈に臭くなったが、この『松屋監修 世界1にんにくをおいしく食べるための料理と話題 シュクメルリ鍋風ヌードル』も同じ。覚悟して食べたい。

パッケージでもおすすめしている食後のスープにご飯投入のリゾット

まあリモートタイミングなので、気兼ねしなくて済む人も多いと思うが。


入手は全国のスーパー、コンビニエンスストアなどで可能だ。

 

 

あわせて読みたい:そばも二郎系!シリーズ第4弾『日清のどん兵衛 背脂風豚ニンニク濃厚ラー油太そば』はちょっぴり上品な意外なお味!

あわせて読みたい:【おいしくなった】元・川崎市民が『元祖ニュータンタンメン本舗監修 タンタンメン』リニューアル版を実食!【カップ麺】

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

清水 りょういち

食レポからタバコ・コーヒーなどの体に悪い系、果てはIT、経済分野までフォローする新しもの好きライター。「わかりにくいをわかりやすく」がモットー。元「月刊歌謡曲/ゲッカヨ」編集長

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎/清水葉子

トラックバック