今流行りのバナナジュース専門店「sonna banana(そんなバナナ)」とタッグを組んだ! 超濃厚バナナが楽しめる『あじわいぷっちょ そんなバナナ』

「sonna banana(そんなバナナ)」と驚く超バナナ味

超濃厚バナナジュース専門店「sonna banana(そんなバナナ)」とプチプチグミ入りソフトキャンディの「ぷっちょ」がコラボした『あじわいぷっちょ そんなバナナ』が登場! 同店の味わいの特徴である、バナナ本来の甘みや濃厚さをどこまで再現できているのか、確かめてみよう。

 

ドライバナナも入って、噛めば噛むほど本格バナナの味わいがじゅわー!

タピオカドリンクの次にブームとなりつつあるバナナジュース。巷では続々とバナナジュース専門店がオープンしていて、実際にハマっているなんて人も多いだろう。

なかでも、TVやSNSでも話題の超濃厚バナナジュース専門店「sonna banana(そんなバナナ)」は、選び抜かれた熟成バナナとミルクだけで作られた味わいが人気を集めているが、現在、店舗があるのは関東と沖縄のみ。

それ以外の地域の人でも「sonna banana」の濃厚なバナナテイストを気軽に疑似体験できるUHA味覚糖『あじわいぷっちょ そんなバナナ』(52g(個包装紙込)・実勢価格 税別167円・2020年6月24日発売)は、同店監修のもと作られた濃厚バナナ味。セブンイレブン限定のレアフレーバーだ。

バナナは切った途端にすぐ変色が始まってしまい、新鮮さが命の食材。美味しく飲んでほしいという想いから賞味期限はたった20分(!)と謳っている「sonna banana」のバナナジュースのフレッシュな味わいがどこまで再現されているか気になる。

コラボ限定のパッケージデザインで、バナナカラーが目を惹くので店頭でもすぐ見つけられそう。かわいらしい袋を開けると、香りはもちろん、色や見た目もバナナのような「ぷっちょ」が登場。パウチタイプのパッケージ同様、「sonna banana」のロゴが入った個包装の袋もまたとてもキュートで特別感がある。

横から見ると、すでに黄色いぷちぷちグミが確認できる。ソフトキャンディはふんわり優しいバナナ味で、噛んでいって中のドライバナナ入りバナナシートへ到達すると、より甘みを感じて「超バナナ感!」な味わいに拍車がかかる。

「sonna banana」のジュースは砂糖不使用なのにしっかり甘みを感じるバナナテイストが特徴なので、こちらも甘ったるい感じはなく、ジューシーな甘みで1つ食べるとまた1つ欲しくなるようなテイスト。

 

触りごこちはムニュっとしているが、かなり噛みごたえのあるキャンディと、「ぷっちょ」お馴染みのぷちぷちグミの食感も楽しい。全体で192kcal、1粒あたりでは約19kcalなので、気軽に食べられる。1袋10個入りで飴のように1粒ずつの個包装なので、ちょっとした時に食べやすくシェアしやすいのも嬉しい。

旨みがギュッと凝縮されたドライバナナ入りのシートがかなり「超バナナ」テイストに一役買っていて、ミルキーな感じというよりは、バナナの旨みが全面に出た仕上がりになっていると思う。バナナをそのまま食べているかのような、まさに「そんなバナナ!」と驚いてしまうような濃厚でジューシーな超バナナの「ぷっちょ」だった。

 

全国のセブン-イレブン限定で入手可能。コンビニで手軽に「sonna banana(そんなバナナ)」のバナナテイストが楽しめる絶好のチャンスなので、気になる人はぜひ探してゲットして欲しい。

 

あわせて読みたい:【もちもち食感】「ぷっちょ」でもタピる!? 『ぷっちょスティック 黒糖タピオカミルクティー』!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

高橋 明日香

お菓子とネコ大好きライター。編集プロダクションにて、紙・webともに 編集者兼ライターを経験。北海道出身。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック