【リニューアル】『湖池屋プライドポテト』が威信を賭けた改良へ〜神のり塩/芋まるごと 食塩不使用/衝撃のコンソメ

究極のポテチを求めて…

 

晩酌のおつまみや子どものおやつ、ちょっとしたパーティーで欠かせないのが「ポテトチップス」。スーパーやコンビニなどでは専用の店があるほど人気で商品も多種多様だが、中でもポテチのリーディングカンパニーといえば湖池屋というのは異論がないはず。そんなトップランナーである湖池屋が威信をかけてリニューアルしたのが『湖池屋プライドポテト』シリーズだ。高級感あふれるパッケージと、素材や製法にこだわった“湖池屋の本気”『湖池屋プライドポテト 神のり塩/芋まるごと 食塩不使用/衝撃のコンソメ』を味わってみた。

屈指の老舗ポテチメーカーが放つフラッグシップ商品

リニューアルされた「湖池屋プライドポテト」シリーズ

株式会社湖池屋(東京都板橋区)が2017年2月に発売した「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズは、素材や製法に妥協せず、ポテチのリーディングカンパニーとしてのプライドをかけた高品質・高付加価値型の新商品として、発売されるとさまざまなメディアやSNSなどで大きな話題を集めた。

あわせて読みたい:『KOIKEYA PRIDE POTATO 秘伝濃厚のり塩/松茸香る極みだし塩/魅惑の炙り和牛』売れすぎ販売停止続出! 日本が誇るポテトチップスメーカーの威信をかけた究極味!

あわせて読みたい:まさに“手揚げ”風の食感が心地良い!『KOIKEYA PRIDE POTATO 手揚食感 長崎平釜の塩/柚子香るぶどう山椒』誕生!

初年度の売り上げが約40億円というヒット商品の「KOIKEYA PRIDE POTATO」シリーズを、このほど全面的にリニューアル。新たに開発された同社独自の“新プライドポテト製法”によって、理想のポテチを実現した商品『湖池屋プライドポテト』シリーズ(4種・実勢価格 税込120円・2020年2月10日発売)に生まれ変わった。

 

このリニューアルに合わせ、2月8日よりラグビーの田村 優選手、モデルの汐谷友希さんによるテレビCMが放送されているので、すでにご覧になった方も多いだろう。

パッケージにも「湖池屋のプライドをかけた一品。」と言い切っている!

パッケージには「湖池屋のプライドをかけた一品。」と書かれており、創業当時の想いを込めて、まるで料理を作るように「新プライド製法」で、また一歩、理想の美味しさに近づけたという。厳選された旨味の濃い日本産じゃがいものみを選定。温度を変えながら揚げることで、じゃがいも本来の旨味や甘みを閉じ込め、さらに揚げ温度を見極めながら旨味の「衣」をまとわせ、軽快な食感を生み出すことに成功している。そして、二段階の味付けを施すことで、より一層の深い味わいに仕上がっているという。

 

それでは、4種類の「湖池屋プライドポテト」シリーズそれぞれを実際に食べて、その実力を味わってみたいと思う。

 

湖池屋プライドポテト 神のり塩

青のり・あおさ・焼きのりの3種類を「プライドポテト」史上最高にたっぷりと使った贅沢な味わい

軽快な食感と絶妙な味付けにビールがすすむ

まずは「湖池屋プライドポテト 神のり塩」を試食。青のり・あおさ・焼きのりという3種類ののりを、「プライドポテト」シリーズ史上最高にたっぷりと使っている、まさに“神ってる”のりの美味しさが際立つ。そこに唐辛子とごま油が良い塩梅にアクセントとなって、これは最強のビールのおつまみだと言えそうだ。

 

湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用

北海道産昆布の旨味だけで仕上げた、じゃがいも本来の美味しさを実感できる“芋味”のポテチ

じゃがいも感がハンパない!

続いて「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用」を試食してみた。食塩不使用とのことで、薄味なのではという懸念があったが、ひとくち食べて衝撃を受けた。ハンパない“じゃがいも感”(語彙力)なのだ。ポテチというのは、本来はこういうものなのかと思い知らされた贅沢な一品。これは酒のおつまみにするのはもったいないという印象を受けた。

 

湖池屋プライドポテト 感激うす塩味

焼塩・藻塩・平釜炊きの塩という3種の塩に日高産昆布と国産まぐろ節の味わいを重ねた

じゃがいもの味と和食の出汁のような味付けが絶品!

次は「湖池屋プライドポテト 感激うす塩味」。3種類の塩(焼塩・藻塩・平釜炊きの塩)に、日高産昆布と国産まぐろ節の味わいを重ねて仕上げられている。じゃがいもの素材本来の味を引き出すように、まるで日本料理の出汁みたいな塩味が、シンプルながら飽きの来ない上品な味わいのポテチとなっている。これは、あえて日本酒に合わせて食べたい!

 

湖池屋プライドポテト 衝撃のコンソメ

国産和牛と豚のジューシーな旨味に加え、オニオンとガーリックがブレンドされたハイカラさが魅力

まるでフレンチのような高級感

最後は「湖池屋プライドポテト 衝撃のコンソメ」。商品名で衝撃と謳っているように、ひと口食べて衝撃が走った。もともとポテチはコンソメ味が好みの記者だが、こんなコンソメチップスは食べたことがなかった。たとえるなら、フレンチのフォン(スープのベースとなる出汁のようなもの)で上品に仕上げられた料理のよう。濃厚で奥が深い、クセになる味わいのポテチだ。

 

さすがポテチを熟知した老舗メーカー・湖池屋がプライドを商品名に冠した「湖池屋プライドポテト」シリーズ。期待を大きく超えていく上質な味わいに、つくづく「ポテチは美味しい」ということを再確認させられた。購入は全国のコンビニやスーパーなどの量販店、ネットショップなどで。

リニューアルを記念したキャンペーンを実施中!

なお、今回の「湖池屋プライドポテト」シリーズ誕生を記念して、「湖池屋プライドポテト 神のり塩」と「湖池屋プライドポテト 芋まるごと 食塩不使用」を2袋ずつ、「湖池屋プライドポテト 感激うす塩味」と「湖池屋プライドポテト 衝撃のコンソメ」を1袋ずつ計6袋をセットにして250名にプレゼントする「NEW湖池屋プライドポテトキャンペーン」を実施中。応募はTwitterのコイケヤ公式アカウント(@koikeya_cp)をフォローし、キャンペーンツイートをリツイートする。応募したら、当落の結果が自動(リプライ)で届くので、気軽にチャレンジしてみよう! 応募締切は2020年3月3日の9:59まで。

 

あわせて読みたい:スーパー「ライフ」限定の金色の贅沢ポテチ!『ライフプレミアム ポテトチップストリュフ塩味』を実食!

あわせて読みたい:見えないのりの味がする…! 『海苔がないのに海苔の味がするのり塩味ポテチ』なら歯につかないから思い切り笑える!

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

タック二階堂

タック二階堂

40代男性。東京都出身。本業である取材ライターの傍ら“ボカロP”としても活動。著書に『「ボカロP」になる本』(工学社)がある。

この記者の記事一覧

トラックバック