レストランのようなチーズ料理がおうちで楽しめる『ラクレット&フォンデュメーカー グランメルト』で食卓が華やかに!

熱々、とろ~り!たまらない美味しさ!

 

おうちでもレストランのようなチーズ料理を楽しみたい人に朗報!『ラクレット&フォンデュメーカー グランメルト』なら憧れのラクレットやチーズフォンデュが自宅で楽しめる。その上ピザも焼ける!シンプルながらも様々な料理に使える1台は、パーティにも活躍、そしてチーズ好きの夢も叶えてくれること間違いなし!

 

チーズ料理をおうちでみんなと一緒に楽しもう!

ウィナーズ株式会社(東京都渋谷区)が展開する、調理家電ブランド「récolte(レコルト)」は今年でブランド誕生10周年を迎える。コンパクトでカラフル、そしてシンプルでスタイリッシュな調理家電シリーズで、自宅のテーブルを華やかにしてくれ、それでいて大きすぎないちょうどいいサイズ感が魅力。

「récolte」とは、フランス語で「収集」「収穫」という意味。

チーズフォンデュをはじめ、溶けたチーズを野菜やソーセージにとろ~とかけて頂くラクレットなど、チーズブームが続いている。2019年9月末に発売となる『ラクレット&フォンデュメーカー グランメルト』(レッド・希望小売価格 税抜7,500円)は、熱々のチーズ料理を自宅で楽しめるキッチン家電。みんなと一緒に目の前で楽しめるから、おうちパーティにもおすすめだ。2018年に発売した「ラクレット&フォンデュメーカー メルト」のラージサイズ版で、「大人数でも使いたい」「大きめの食材もグリルしたい」などのニーズに応えてくれる。

プレートは、表裏でフラット面と凹凸面になっている。

ヒーターで上下を同時に加熱。食材を焼くグリルプレートは約20㎝×20㎝。従来品の約2倍の大きさになり、広く使えるようになった。

オシャレなココットが2つ付いている

可愛らしい黄色いのココットが2つ付属しているので、グリルプレートの上でチーズやチョコのフォンデュを楽しむときに活躍しそう。またオーブンにも使えるので、日常の料理にも活用できる。ココットの底はフラットになっているので、熱が均等に伝わりやすい。

使い勝手の良いミニパンはアレンジ自在

ミニパンも4つ付属しているので、人数が多くても待ち時間短くチーズが溶かせる。ラクレットのほかシュレッドチーズなどお手軽なチーズで種類を変えて楽しんだり、ミニパンにチーズと一緒にナッツやフルーツも添えて温めてアレンジを。また、フォンデュをしながら更にチーズをかけて“追いチーズ”を楽しんでみたり。

使い方もとても簡単。つまみを回して、火加減を調節するだけのシンプル設計。

 

チーズのとろける美味しさは格別!おうちでラクレットを楽しもう!

レストランなどでラクレットを楽しむ時は、チーズの切り口を温め、とろっと溶けたところを削ぎ、じゃがいもなどにかけて食べたりする。おうちで楽しむ時はスライスタイプのものが売っているので、それを使えば簡単!

ミニパンにスライスされたラクレットチーズをのせて、温めていく。ミニパンは両サイドから使うことが出来るので、食卓を囲むようなシーンにも、カウンターなどで楽しみたいスタイルの時にも。どんなシーンでも使いやすい。

その間に、プレートではじゃがいもや厚切りベーコンを焼いておこう。

下段のチーズが溶けてきたら、食べごろの合図!

溶けたチーズをスライドさせるように、じゃがいもや厚切りベーコンにのせる。

ミニパンに加工が施されているので、スルッと綺麗にチーズをのせることが出来る。

あたためたことで風味が増したラクレットチーズがとろ~り!

おうちでレストランのような美味しさ!チーズ好きにはこれはたまらないはず。

 

チーズフォンデュを楽しんだり、楽しみ方はいろいろ!

ココットでミックスチーズを溶かして、好きな具材をプレートで焼けば、チーズフォンデュも楽しめる。おうちでゆっくりお酒を飲む時や、パーティーなど、みんなとの会話もより弾むはず。チョコを溶かせば、チョコフォンデュも。おうちでの女子会や子供達に喜ばれそう。

オプション(別売)の『ピザプレート』(希望小売価格 税抜2,000円・ハンドル付き・2019年10月発売予定)を使えば20センチまでのピザも焼ける。下段にピザをセットし、上段では野菜やお肉などをグリルしてワインを用意すれば、そこはもうおうちピッツェリア!

『ラクレット&フォンデュメーカー グランメルト』があれば、おうちでのチーズ料理がもっと身近になるはず。お店で気になっていたあのチーズを買って、今夜はみんなでチーズパーティーをしてみない!?

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子, official images

トラックバック