老舗フルーツメーカーこだわりのジャム!ダルボ『ダブルフルーツ ローズアプリコット』ジャムと美味しいレシピをご紹介!

 

オーストリアの老舗フルーツメーカー「ダルボ社」。ダルボブランドの製品は品質が高く、世界の高級ホテルにも採用されている。もちろん日本にも上陸していて、発売しているジャムは、果実感たっぷりのこだわりのダブルフルーツジャム。その種類は全部で8種類。今回はその中から『ローズアプリコット』ジャムと、それを使ったオシャレなレシピをご紹介する。

 

独自の製法で生産されるダルボ社のジャム

1879年創業のダルボ社はジャム、ハチミツ、フルーツシロップを製造するオーストリア最大手の食品加工業者。ダルボブランドに必ず付される“NATURREIN”の語句は、すべて天然素材を使用という意味。フルーツ本来の味・香り・色を最良の物として表現するために開発された、独自の製法で生産されたジャムは期待を裏切らない。

 

実はジャムの限界まで高めた果肉含有率!

果実含有率は70%。いわゆる“ジャム”として認められる限界まで果肉含有率を高めているのがポイント。平均糖度も41度と低く、フルーツの甘味と酸味の絶妙な味わいが楽しめる逸品。

ダルボ『ダブルフルーツ ローズアプリコットジャム』(税別520円・200g)

上品な甘い香りのローズアプリコット種を贅沢に使用している。

とろりとしており、果肉がしっかりと溶け込んでいるジャムはとても甘酸っぱく上品な味わいだ。アプリコットの酸味がしっかりとあるので、お食事系のフルーツソースのように使うのもおススメ。

 

インスタ映え間違いなし!サラダクレープのローズアプリコットソースがけ

ダルボ『ダブルフルーツ ローズアプリコットジャム』の甘酸っぱさを生かして。野菜がメインのサラダクレープのソースとして使ってみよう。

レシピは記者オリジナル。

材料

  • ダブルフルーツ ローズアプリコットジャム 大さじ2
  • ワインビネガー 小さじ1
  • オレンジ果汁 大さじ1
  • オリーブオイル 小さじ1
  • 塩 ひとつまみ

これらの材料を混ぜ合わせて、ソースは完成。

クレープ生地に、ベビーリーフ、スプラウト、サラダチキン、モッツァレラチーズ、オレンジ、ミニトマトをのせて包む。

ローズアプリコットのソースを添えて出来上がり!

サラダのフレッシュな美味しさに、爽やかなローズアプリコットのソース。オレンジやミニトマトの酸味も加わり、さっぱりと頂けるお食事感覚のサラダクレープ。

ローズアプリコットジャムの色合いも良く見た目も華やか。

ジャムの瓶も可愛らしいので、一緒に撮影すればインスタ映えも間違いなし。

種類豊富なダルボ社のジャム

左から、フォレストベリー、スイートオレンジマーマレード、チロリアンブルーベリー、ローズアプリコット、ワイルドリンゴンベリー、サワーチェリー、ラズベリー、ガーデンストロベリー。

ダルボのダブルフルーツジャムには他にも7種類のジャムがある。価格はすべて税別520円。

 

ラズベリー・ブラックベリー・ブルーベリー・ワイルドストロベリーをミックスした贅沢な「フォレストベリージャム」。お子様でも食べやすいよう苦味をおさえた「スイートオレンジマーマレードジャム」。甘さ控えめでブルーベリー本来の香りと酸味が堪能できる「チロリアンブルーベリージャム」。フルーティーな酸味が特徴のリンゴンベリー(こけもも)の「ワイルドリンゴンベリージャム」。果実がそのまま入っていて、良質なチェリーの甘酸っぱい爽やかな香りが楽しめる「サワーチェリージャム」。独自の製法によりラズベリーのもつ独特の爽やかな香りと甘酸っぱい風味をぎっしりつめこんだ「ラズベリージャム」。厳選したイチゴを丁寧かつシンプルな製法で仕上げた「ガーデンストロベリージャム」。

どれも果実の美味しさを楽しめるものばかり。そのままパンにつけて食べたり、パンケーキやアイスクリームにトッピングしたり。お菓子作りや普段の料理にも。輸入食品取扱店、インターネット販売を中心に発売中。

あわせて読みたい:
保存料不使用!70%果肉使用の圧倒的な果実感     ダルボ『ダブルフルーツ サワーチェリージャム』

 

 

公式サイトはこちら

この記事が気に入ったら いいね!しよう

おためし新商品ナビから情報をお届けします

記者

蘭 よう子

デザイン専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。ライター歴14年。カメラマンも兼任。記事内の料理やアートワークの制作もすべて担当している。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

photo by 蘭よう子

トラックバック