運命の美白ケア! 皮膚の専門家の他にない独自処方で、シミの元に集中アプローチ。15年支持されるスキンケアを試してみた

美容のプロ、芸能人らも絶賛するスキンケアを体験してみた!

美白やシミケアをうたう化粧品って怪しいものも多いし、ドクターズコスメは効果重視で香りやテクスチャーは二の次で、美白アイテムは乾燥するなんて話もきく。

そんななかでアンプルール ラグジュアリーホワイトは、シミの元にまでアプローチしながらも低刺激にこだわった高性能と使用感とを両立させた美白(※1)化粧品として15年以上も支持されているブランド

なんでも皮膚の専門家が、皮膚科で処方されているあの成分を新型として開発した独自処方が支持されているよう。

美魔女、スポーツ選手、美容のプロ、芸能人らも絶賛するスキンケアを、記者も体験してみた!

※ 1 美白……メラニンの生成を抑えシミ・そばかすを防ぐ

 

ドクターズコスメだけど刺激が少なく、使用感が優しい…。 新安定型ハイドロキノン配合コスメティック『アンプルール』で肌に輝く未来を!

株式会社ハイサイド・コーポレーション(東京都目黒区)のアンプルール ラグジュアリーホワイトは、皮膚の専門家である高瀬聡子が、その経験と知識と感性を活かして開発したスキンケアシリーズ。

気になるシミをコンシーラーやファンデーションで隠すのではなくシミの元にまできちんとアプローチして、輝く肌に導いてくれる。

『アンプルール』ブランドの中でも、美白にこだわったラインが『ラグジュアリーホワイト』。

なかでも新安定型ハイドロキノンが高配合された高濃度スポット美容液『コンセントレートHQ110』はシリーズの中核アイテム。

気になるシミの元にピタッと密着しシミの元にアプロ-チする

ハイドロキノンって、”シミ・そばかす”に悩んでいる人なら一度は聞いたことがあるはず。皮膚科やクリニックで処方されている成分だ。

刺激が気になるところだが、皮膚の専門家が開発した新安定型ハイドロキノンが高配合されており、安心と共に期待感も膨らむ。

 

新安定型ハイドロキノンは、従来の弱点を克服した、肌想いな成分!

本来、ハイドロキノンは熱や光によわい成分だが、BCDACという物質で包み込むことによって弱点を克服したのが『アンプルール』独自の、新安定型ハイドロキノン

ハイドロキノンを安定化&低刺激化させたのが『アンプルール』独自の理論であり、選ばれる理由!

さらにマイクロカプセル化することによって、刺激の強いハイドロキノンを一気に肌に触れさせない工夫もされている。

これによって肌に刺激を与えることなく肌に浸透(※2)させることができるのだ。

特に先述の高濃度スポット美容液『コンセントレートHQ110』は高配合で、夜寝ている間にシミの元に集中アプローチしてくれる。

気になるシミの元にピタッと密着、絶え間なく集中ケアしてくれる。

公式サイトには“気になるシミの元に集中アプローチ”と記載あり、頼もしいことこの上ない(笑) こういった独自の理論が、数ある製品の中から『アンプルール』が選ばれる理由になっている!

※2 角層まで

皮膚の専門家由来の独自処方に美意識の高い有名人たちも支持!

元モーニング娘。の後藤真希さん、有名美魔女の水谷雅子さんなどいつまでも若々しさを保つ有名人が愛用しており、その実力がうかがえる。

水谷雅子さん(右上)はなんと現在49歳で、5年前から『アンプルール』を愛用しているようだ。

また元タカラジェンヌの透水さらささんも、インスタグラムで「猛烈ダッシュで買いに走りました」と投稿しており、その愛用ぶりがうかがえる。

ここまで美意識の高い有名人が使っていると、安心感と説得力がある。

さっそく、基本の4ステップケアを実際に試してみよう!

それでは実際に使ってみよう。7日間で自分の肌との相性がわかる『アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット(6点セット)』をお取り寄せ。隠すのにうんざりしているシミ・そばかすの悩みにどのようにアプローチしてくれるのか? 期待が膨らむ。

パッケージも素敵な、トライアルキット(6点セット)。

用法・用量にはドクターズコスメならではのこだわりがあり、説明をよく読んでからチャレンジしよう。

リッチに試せる! なお撮影には製品版のボトルを使用しました。

記者は届いたその日の夜からスタートした。摩擦なくメイクを落とせる「クレンジングミルクN(化粧落とし)」と、クリーミーな泡立ちでやさしく洗える「ウォッシングフォームN(洗顔料)」を使用。スキンケアの効果を最大限高めるためには肌の汚れをしっかり落とすことが大切。

 

STEP① スポット集中美容液「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」〈3ml〉

洗顔後はすぐにシリーズの中核アイテムであるスポット集中美容液を使うのが『アンプルール』のこだわり。この美容液には新安定型ハイドロキノンが、シリーズの中でも最高濃度で配合されているので期待大!

米粒大を指先にとって・・・

シミの気になる部分に米粒大を馴染ませるタイプの美容液。粘度があり密着感のある半透明のテクスチャー。ライトな軟膏のような使用感。懐かしく爽やかな香りがほんのり。

「このシミが消えますように・・・!」

トントンと叩くように馴染ませる。

使用は“夜のみ”と限定されている。気になる部分にピタッと密着し、夜通しピンポイントで集中ケアしてくれるのだ。

 

STEP② 化粧水「ラグジュアリーホワイト ローションAO Ⅱ」〈20ml〉

キホンの化粧水「ラグジュアリーホワイト ローションAO Ⅱ」。

とろりとしたテクスチャーの化粧水。べたつきはなく、潤いがすーっと染み込んでような感覚。

500円玉が、めやす。

500円硬貨大ほどの量を手に取り、両手で温めた後、顔全体になじませていく。

両手で軽くあたためて・・・

手のひらで包み込むようにハンドプッシュ。

ハンドプッシュ。こすらないで!

先ほどの「ラグジュアリーホワイト コンセントレートHQ110」の上にこの「ラグジュアリーホワイト ローションAO Ⅱ」をつけると、相乗効果がすごい! 肌がすかさず柔らかくなったように感じた。それでいて、さらっとした触感。

 

もちろんこれにも新安定型ハイドロキノンを中心に、トリプルセラミドなどの美容成分がたっぷり配合されている。

 

 

STEP③ 薬用美白(※1)美容液「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラ Ⅱ」〈8ml〉

Medicated(薬用)の表記が誇らしい!

つづいて、薬用美白美容液。メラニンの生成を抑制しながら紫外線・乾燥によるダメージもケアするもので、シミ・くすみの予防にもおすすめだそう。

シミ・くすみの予防にもおすすめ。

ハイドロキノン誘導体を含むことで、肌の奥に発生するシミの下(※3)にまでアプローチしてくれるという。モンドセレクション金賞を3年連続で受賞。

顔の中心から外側へ、やさしくのばして。

直径1.5cmが使用目安で、ポンプ2、3プッシュくらい。瑞々しさに溢れたテクスチャーで、塗った後清涼感を感じた。そして顔の中心から外側へ優しくのばしていくと潤うベールをまとったよう。爽やかな香りもまた素敵。

※3……シミの原因であるメラニン

 

STEP④ 美容乳液ゲル「ラグジュアリーホワイト エマルジョンゲルEX」〈10g〉

仕上げは乳液ゲル。

クリーミーなテクスチャーのゲルタイプ。

ベタつきは少ない。

のびが良く、ベタつきも少ないのが使いやすい。

パール粒大をスクープで手に取って、伸ばして。

これは大きめのパール粒が使用目安で、全体に優しくのばしていくと水分量がみるみる増えていくような。潤う肌は気持ちがいい。いつまでも触っていたくなる。

 

 

記者の肌にはピッタリだった! あなたもまずは『トライアルキット 』をためしてみて!

翌朝・・・肌はすこぶる快調! ふだん使っているアイテムとまったく違うことに、驚いてしまった。朝は①を除いた②③④のケアをしてお出掛け。なるほど、『アンプルール』が多くの有名人に支持されている理由がよくわかった。

充実の1週間を過ごしました。費用対効果よすぎ。

7日分の『トライアルキット』で、とても充実した1週間を過ごすことができた。どうやら記者の肌と『アンプルール』の相性はバッチリだった模様。一般的に、シミ・美白のケアをして効果を実感するには、正しい使い方で長期間(早くても1~2ヶ月)のケアが必要などと言われるが、『アンプルール』のリッチな使い心地は、よろこんで使い続けたいと思えるものだった。

絶対におすすめ。まずはためしてみて!

読者の皆さんにも、まずは7日分の『アンプルール ラグジュアリーホワイト トライアルキット 』をおすすめしたい。しっかり試せる6,500円相当のセットが、初回限定特別価格1,890円(税込)で入手できる! あきらめずに使い続ければ・・・驚くような未来が、待っているかもしれない!

 

購入は『アンプルール』公式サイトから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメ度:(絶対におすすめ)
公式サイトはこちら

記者

大前田みゆ

30代主婦。美容グッズと生活雑貨に興味アリ。都内在住。

この記者の記事一覧

photo by 尹 哲郎

トラックバック