ハンドメイド好きさん必見! 『スタンプ工房』でオリジナルのスタンプを作ろう!

30-8
届いた封書を開けてみると、ラバー印面と取り付け方の書いた紙が1枚。
30-9
そして、台木に貼るシールも入っていた。この時点で、ラバースタンプのクオリティに感動! 細かな部分も潰れることなく、しっかりとスタンプになっているのが分かる。
30-10
取り付け方は簡単。購入してある台木にラバー印面を貼り付ける。反対側にシールを貼り、オリジナルスタンプの完成! シールを貼る時はスタンプの向きに気をつけよう。
30-11
付属のカラーシールインキ(アイボリー)でスタンプしてみよう! 白い色がどのように表現されるだろうか!?
細かな絵柄などの場合、スタンプをインクにつけるのではなく、シールインキの方を印面にポンポンとつけていくと、綺麗にインクがつく。

イラストは細かく描いてみたのだが、きちんと再現されておりそのクオリティに大満足! さすがシヤチハタの製品である。絵柄も潰れることなく、細いラインもちゃんと押すことが出来た。スタンプ印面についたカラーインキは、完全に乾く前ならウェットティッシュなどで綺麗に拭き取れる。

30-12
次にブラウン。こちらももちろん綺麗に押すことが出来る。ブラウンとアイボリーと色が違うだけで雰囲気も変わり面白い。スタンプした絵に色鉛筆で色をつけても表情が変わる。

30-15

付属の「カラーシールインキ」は、紙はもちろんのこと、布・木・和紙・革などにスタンプが出来る優れもの。アイボリーとブラウンの2色ははじめからセットされているが、インキの種類は全部で12色ある。

30-18
『スタンプ工房 ラバースタンプキット』の価格は1,500円(税抜)。
この中に印面作成費、発送料が含まれているので、追加料金を取られることはない。

 

 

 

絵は自分で描かなければならないが、原稿をそのまま印面に出来るというのが素晴らしい。これまでオリジナルのスタンプを作る際には、何度も相談したり、指定の形式で画像を準備したりと手間がかかったものだが「スタンプ工房」ならそういった煩わしさがない。

作りたい絵柄を1,500円でスタンプにしてくれるのなら、価格も良心的である。またラバー印面の質も申し分なく、色々なオリジナルスタンプを作りたくなった。
30-19
届くまでに多少日にちはかかるが、急ぎでなければそれほど気にならない。
印面が届けば、カラーインキがあるのですぐにスタンプできるのもいいところ。
30-16

ハロウィン、クリスマス、年賀状などのオリジナルのスタンプを作ったり、結婚式(ウェディングシーン)に2人の名前や日付を入れたスタンプを作っても良い。オリジナルのロゴであれば作成することが出来るので、個人のお店やハンドメイド品などのスタンプを作るのもいいだろう。アイデア次第で素敵な作品を作る事が出来るのでオススメである。

公式サイトはこちら

記者

蘭 よう子

デザイン/マーケティング専攻。商品開発やレシピ開発に携わる。雑誌やWebメディアでの執筆・連載多数。調理、アートワーク制作から撮影まで、すべてをこなすマルチクリエーター。文具やアートの分野にて講師経験あり。

この記者の記事一覧

トラックバック